都市鳥情報掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


359件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。


[305] Re: 橋の下でのカワガラスの営巣

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 3月17日(土)02時08分11秒   通報   返信・引用 > No.302[元記事へ]

朝比奈邦路様、渡部良樹様

橋の下で営巣するカワガラスの観察例の情報、ありがとうございます。
堰堤裏の繁殖例しか知りませんでした。
橋の下で営巣しているカワガラスの巣は、カラスや人の影響も心配ですが、これから増加していく可能性もありますね。
今のところあまり人通りの多くない場所で繁殖していますが、今後の展開が面白そうですね。




[304] 千葉県印西市イソヒヨドリ

投稿者: 渡部良樹 投稿日:2018年 3月16日(金)23時20分54秒   通報   返信・引用

仕事でたまたま訪れた千葉県印西市の千葉ニュータウン中央駅の近くのビルで,イソヒヨドリ雄1羽が囀っているのをたまたま見つけました.雌は確認していません.2017年2月25-28日です.今後も仕事で時々行くことになるので,注意したいと思います.



[303] 橋の下のカワガラス営巣事例(2016年)

投稿者: 渡部良樹 投稿日:2018年 3月16日(金)22時52分46秒   通報   返信・引用

朝比奈さんの投稿を見て,類似事例を思い出したので,報告いたします.

2016年3月9日に青梅市内での仕事中にたまたま見つけたもので,多摩川水系です.測定していませんが,橋の高さはだいたい1.2m程度ではないかと思います.カワガラスが巣に魚を運び込んでいたので,雛は孵化したいたものと思います.橋の上は人も自動車も通れます.その後の状況は不明です.



[302] 橋の下でのカワガラスの営巣

投稿者: 朝比奈邦路 投稿日:2018年 3月16日(金)21時12分14秒   通報   返信・引用

通常、砂防堰堤などの水流の裏側に造られるカワガラスの巣ですが、ここ数年観察していた八王子市内のカワガラスが、今シーズンは例年の堰堤裏ではなく、橋の下で営巣していました。橋の下で営巣しているカワガラスの巣を見たのは、これが2例目で、多摩川水系で確認したのは初めてです。抱卵中の親鳥を刺激しないように、ビデオカメラを設置したところ、昨日(15日)に雛がふ化した様で、親鳥が卵の殻を捨てに出るところが記録されていました。通常、水流の裏側で観察出来ないカワガラスの行動が、ここでは興味深く観察出来るのですが、カラスの捕食圧が強いのと、4月1日に釣りが解禁になり、巣のそばに釣り人が近づくのがちょっと心配です。
 写真1.2はビデオからの切り取りです。
(写真1)雛がふ化した巣に餌を運ぶ親鳥(写真2)巣から卵の殻を捨てに出る親鳥(写真3)餌をくわえて橋の下に来た親鳥



[301] ヒヨドリの葉食

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 3月14日(水)01時19分37秒   通報   返信・引用

2~3月上旬までの頃、寒さで食料が無くなってくるとヒヨドリはいろいろな葉を食べ始めます。畑の葉物もよく食べます。写真は畑のブロッコリー(船橋市2018.02.13)
畑のキャベツ(船橋市2018.03.06)
都市公園の植え込みのシロツメクサ(千葉市2018.03.12)
の葉を食べるヒヨドリです。ブロッコリー、キャベツは40羽以上の大群で食べていました。



[300] Re: ワカケホンセイインコが桜花の盗蜜

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 3月10日(土)01時44分30秒   通報   返信・引用 > No.298[元記事へ]

松丸 様
ワカケホンセイインコの盗蜜、すごいですね。
これだけの数が一斉に来ると、かなりの花が被害に合っていると考えられますね。
サクラにとっては、ワカケホンセイインコの盗蜜は困りもんですね。



[299] Re: カルガモ×マガモの交雑個体(マルガモ)

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 3月10日(土)01時35分30秒   通報   返信・引用

松丸様、マルガモの情報をありがとうございます。
マルガモはマガモに近い個体からカルガモに近い個体まで様々で、都市公園などで見られる
マガモは特に気をつけたほうがよさそうですね。



[298] ワカケホンセイインコが桜花の盗蜜

投稿者: 松丸一郎 投稿日:2018年 3月 8日(木)22時57分35秒   通報   返信・引用

東京近郊の市街地では、カワヅザクラなど早咲きの品種のサクラが咲いているところに、ワカケホンセイインコが就塒前にやって来て盗蜜をする光景を見かけるようになってきました。



[297] Re: カルガモ×マガモの交雑個体(マルガモ)

投稿者: 松丸一郎 投稿日:2018年 3月 8日(木)22時51分16秒   通報   返信・引用 > No.296[元記事へ]

越川様、マルガモは東京都区内の2カ所、また千葉県柏市内の1カ所の池でも見かけています。



[296] カルガモ×マガモの交雑個体(マルガモ)

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 2月28日(水)03時00分6秒   通報   返信・引用

2018.2.23に千葉市の公園でカルガモ×マガモの交雑個体(マルガモ)と思われる2羽を見つけました。近年、カルガモ×マガモの交雑個体は都市公園などでよく見られるので注意が必要です。
最近のミトコンドリアDNAの 解析によるとマガモとカルガモの遺伝的差異は、0%で、配列がまったく同じであること分かったので、両者の交雑は他種のカモよりも起こりやすいと考えてよいでしょう。



[295] Re: 都心を流れる隅田川のイソヒヨドリ

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 2月19日(月)02時05分41秒   通報   返信・引用 > No.294[元記事へ]

松丸 様

隅田川のイソヒヨドリ情報、ありがとうございました。

都市への進出の第一歩は、河川、湖、ダムなどの水辺とビルや石造りの建造物のセットが
重要な要因になっているのではないでしょうか。



[294] 都心を流れる隅田川のイソヒヨドリ

投稿者: 松丸一郎 投稿日:2018年 2月18日(日)21時44分16秒   通報   返信・引用

東京都心を流れる隅田川では、毎年のようにイソヒヨドリを見かけます。今年も2月15日にメスを見かけました。



[293] Urban Birds vol.34が発行されました

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 2月17日(土)02時09分50秒   通報   返信・引用

Urban Birds vol.34が発行されました。
アーバンバーズ目次 2017
●巻頭言                             沼里和幸   1

●都市環境に増加したムクドリの集団ねぐらとねぐら形成要因の分析
-ビル壁の存在が重要な条件だった-             越川重治    2~14
●東京23区内の3つの緑地〔新宿御苑・六義園・清澄庭園〕における繁殖期のシジュウカラの
個体数調査                     川内 博・川内桂子    15~22

●京都府巨椋池干拓地におけるスズメ個体数の比較 -38年前と同じ道を冬の半日たどってみた-
有田一郎     23~28

●総目次 通巻第50号~通巻第75号                      29~37
●会記                                    38~40
●会計報告                                    41



[292] Re: 千葉県でのイソヒヨドリ観察地点

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 2月16日(金)02時37分35秒   通報   返信・引用 > No.291[元記事へ]

村田 和洋 様

八千代市のフルルガーデン八千代でのイソヒヨドリの情報、ありがとうございました。
1年中見かけるとのことなので、繁殖している可能性が高いですね。

イソヒヨドリは、その構造状の特徴からなのか大型スーパー等のショッピングセンターが
とても好きなようです。面白いですね。

その後変化があれば、掲示板にまた投稿してください。
貴重な情報、ありがとうございました。




[291] Re: 千葉県でのイソヒヨドリ観察地点

投稿者: 村田 和洋 投稿日:2018年 2月15日(木)23時45分22秒   通報   返信・引用

八千代市のショッピングセンター、フルルガーデン八千代でよく見かける、鮮やかな青色の鳥は何なのか、調べていたらこの記事に行き着きました。

先日ベンチ座っていたら、足元まで寄ってきたので、慌ててスマホで撮影しました。

上手くは写せなかったのですが、どういう場所によく来ているのかは、わかるかと思います。

1年じゅう見かけるので、近くで暮らしていると思います。




> 日本鳥学会で発表した千葉県におけるイソヒヨドリの内陸部・都市部での観察地点です。千葉県では繁殖場所が2017年までで北西部に4ヶ所見つかっていますが、まだ見つかっていない繁殖場所もありそうです。
> 観察場所は北西部に片寄っており房総半島では少なくなっています。これは、観察者が少ないこともありますが、房総半島は岩壁が多くイソヒヨドリは内陸部・都市部に進出する必要がいまのところないからとも考えられます。



[290] ヒヨドリのブロッコリーの葉食

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 2月14日(水)03時15分39秒   通報   返信・引用   編集済

厳冬期になり、餌不足が深刻になってきたのかヒヨドリがブロッコリー畑に降りて葉を食べる姿が目立ってきました。ブロッコリーは、この時期になると茎や葉が甘くなるので、ヒヨドリが大群で押し寄せて食料とします。
写真は2月13日、船橋市北部のブロッコリー畑で採餌するヒヨドリです。
それに対して餌台に来るヒヨドリは、いつも1~2羽です。
つくば市で個体識別をした結果からは,1年中調査地に生息する個体と冬の期間のみ生息する個体の両方が確認され、留鳥,通過,冬鳥の3タイプのヒヨドリが存在することがわかっています。



[289] 都市鳥化するオオバン

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 2月 1日(木)02時05分48秒   通報   返信・引用

 27年前にロンドンへ行った時にオオバンが人馴れして、その近さに驚いたのですが、日本でも最近のオオバンは、ロンドン並になってきたように思えます。湖沼だけでなく、都市公園や漁港などでも普通にみられるその適応力によって個体数が増加しているのでしょう。写真は、ドバトといっしょに草を食べているオオバン(船橋市の長津川緑地)とアオサを食べていた富津漁港のオオバンです。



[288] 何を食べているのでしょうか?

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 1月20日(土)03時13分46秒   通報   返信・引用

1月16日、千葉市の公園でツグミと一緒に芝生でシジュウカラが何かを食べていました。何を食べていたのでしょうか。
良く見ているとシジュウカラは何かをくわえていました。シジュウカラが採餌しているその上にはヤマモモの枝がおおっていました。
シジュウカラは、ヤマモモの核をくわえていたのです。ヤマモモの果実は核果でくわえていたのは、内果皮にあたる核の部分で、これを啄いて中の種子(脂肪を蓄えている)を食べていました。
厳冬期になると利用出来るものは、何でも利用するのですね。



[287] オオバンのスケート?

投稿者: 越川重治 投稿日:2018年 1月 8日(月)01時57分58秒   通報   返信・引用

今年もよろしくお願いします。
2018年1月5日の冷え込んだ朝、野田市でオオバンが凍った運河を移動していた。人が近づいてきたのでアイススケートをしているようであった。



[286] カラスザンショウの種子を食べるメジロ

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年12月30日(土)03時03分59秒   通報   返信・引用

2017年12月28日、千葉県南房総市千倉町でカラスザンショウの種子を食べるメジロを観察しました。メジロはカラスザンショウの種子散布者として一番有力な鳥と考えられています。メジロが食べるのは、果実(さく果)の部分ではなく、種子の部分です。メジロが排出する糞中のカラスザンショウの種子は、種皮のない種子が多くみつかります。種皮には油分が含まれており、これを目当てにメジロはカラスザンショウの種子を食べているのです。



[285] カキの果実に集まる都市鳥

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年12月16日(土)03時29分47秒   通報   返信・引用

厳しい寒さの中、餌が不足しているのか残ったカキの果実に多くの都市鳥が集まっています。スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロなどが集まっています。写真は、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラスです。



[284] コゲラのねぐら用の穴掘り

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年12月 2日(土)02時50分21秒   通報   返信・引用

11月27日、船橋運動公園でコゲラがおそらく、ねぐらに使う穴掘りをしていました。この季節なので繁殖用の巣穴掘りではないと思います。ソメイヨシノの枯れた幹を啄いて、短時間にかなり掘り進めました。



[283] Re: ハシボソガラスの遊び?

投稿者: 柴田佳秀 投稿日:2017年11月27日(月)09時07分51秒   通報   返信・引用 > No.280[元記事へ]

> 三番瀬でハシボソガラスがクルミの実(核果)のようなものをくわえて、透明容器に入れたり出したりを繰り返していました。何の行動かわかりませんが、遊んでいるようでした。最後は近寄った人に驚き、くわえて飛んでいってしまいました。

これはビックリ行動ですね。



[282] カワセミの轢死体

投稿者: 越川 重治 投稿日:2017年11月27日(月)02時17分18秒   通報   返信・引用

 先日、船橋市大神保町でカワセミのメスが自動車に轢かれているのを発見しました。すぐ隣に小さな川があるので、そこから飛んで来た時に轢かれてしまったものと思われます。自動車の犠牲になってしまう鳥も意外に多いことに気づきます。たいへん残念です。



[281] ダイサギの標識個体

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年11月14日(火)02時42分34秒   通報   返信・引用

10月18日、11月12日に船橋市北部を流れる二重川の富ヶ沢橋近くで黄色のカラーリング11Fを装着しているダイサギを確認いたしました。
山階鳥類研究所鳥類標識センターに問い合わせると2017年6月17日に市川市行徳鳥獣保護区で繁殖した雛につけたものであることがわかりました。二重川ではザリガニ等を捕食しておりました。
別の同腹の雛(兄弟)は、多摩川中流、神奈川県川崎市多摩区宿河原堰下で観察されているそうです。これらの幼鳥は、あまり大きく移動していないことがわかりました。
番号付きのカラーリングやフラッグをつけた鳥を見つけた時は山階鳥類研究所鳥類標識センターに問い合わせてください。
  



[280] ハシボソガラスの遊び?

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年11月11日(土)02時20分43秒   通報   返信・引用

三番瀬でハシボソガラスがクルミの実(核果)のようなものをくわえて、透明容器に入れたり出したりを繰り返していました。何の行動かわかりませんが、遊んでいるようでした。最後は近寄った人に驚き、くわえて飛んでいってしまいました。



[279] ジョウビタキが来ました

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年11月 2日(木)03時02分50秒   通報   返信・引用

10月31日、三番瀬でジョウビタキのメスを確認しました。10月27日より来ているようです。また、オオバンの個体数も急に増えて120羽程いました。土手の塩ビ管から出る淡水を飲み、アオサを集団で食べていました。



[278] コブシの種子を食べるキジバト

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年10月24日(火)02時22分13秒   通報   返信・引用

10月12日、千葉市の公園でキジバトがコブシの木の下で採餌していた。よく見るとコブシの種子を食べていることに気づいた。他の鳥がオレンジの果肉部分を食べて下に落としたのか、果肉のついていない種子部分だけを食べていた。
キジバトは換羽中で頭の羽も抜けかわる途中であった。



[277] エゴノキの種子を食べるキジバト

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年10月 8日(日)02時58分48秒   通報   返信・引用

9月下旬に船橋市内で街路樹の樹上でエゴノキの種子を食べるキジバト5羽を観察した。果皮のついていない種子を食べていたが、果実もくわえているのを見た。果皮のついたままの果実を食べるところは、見なかった。



[276] 千葉県でのイソヒヨドリ観察地点

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年10月 4日(水)15時49分14秒   通報   返信・引用

日本鳥学会で発表した千葉県におけるイソヒヨドリの内陸部・都市部での観察地点です。千葉県では繁殖場所が2017年までで北西部に4ヶ所見つかっていますが、まだ見つかっていない繁殖場所もありそうです。
観察場所は北西部に片寄っており房総半島では少なくなっています。これは、観察者が少ないこともありますが、房総半島は岩壁が多くイソヒヨドリは内陸部・都市部に進出する必要がいまのところないからとも考えられます。


レンタル掲示板
359件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.