teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


慶んだり、別のこともあったり…

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年10月22日(火)21時03分37秒
  即位礼正殿の儀。
万歳。万々歳。

なのですが…
その一方で…

吾妻ひでお先生死去。
ご冥福をお祈りいたします。

初めて吾妻先生の作品を読んだのは、多分「その名は海賊大決戦」。
『まんが王』のふろくだったかもしれないね。
それか『二日酔いダンディー』だろう。
「いじきたないパセリまで食う気なの」って、カキフライのパセリ食べちゃだめなのかよって、ショック受けた。

「スクラップ学園」と「ぶらっとバニー」が好きだった。
「ふたりと5人」と「チョッキン」は嫌いだった。
「ちびママちゃん」は少し好き。

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 
 

出土品調査報告

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年 9月29日(日)01時10分40秒
  部屋片付けてて発掘wした本:
・佐藤淳一『はじめてのヘブライ語』(ミルトス)#とっつきやすく手軽なのだが、キリスト聖書塾(「幕屋」、原始福音、の人たちの本屋)の『ヘブライ語入門』に較べると文法項目の導入がバラバラなので見通しがよくない。
・ジョシュ・グロス『アリ対猪木』(亜紀書房)#何でまたこの版元から…。まだ主婦の友社の方がわかる。
・柳澤健『1964年のジャイアント馬場』(双葉社)#あれ、文藝春秋じゃなかったのか。
・ウィルキー・コリンズ『月長石』(創元推理文庫)#重複買いしてたw
                 ◆
ドラマ「天 赤木しげる葬式編」(テレビ東京系)が年末に放映、だそうだが、テレビ東京系じゃ、秋田では猿馬見れんだろ大会…。
                 ◆
今読んでる本。
中村明蔵『隼人の古代史』(吉川弘文館)#中断してたやつの再開。

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 

ざんしょにっき

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年 9月 1日(日)18時08分22秒
  最近買った本(秋田大学生協2F)。
鈴木哲雄:『酒天童子絵巻の謎 「大江山絵詞」と坂東武士』(岩波書店)
※岩波を儲けさせるのは不本意なんだけど、ま、許してくれ。

フウセンカズラは熟して種ができてきてる・
ツリガネニンジンは花が盛りで、早いのは実になってきてる。
それよりも問題なのは、我が家のどんぐりの木が今年なぜか豊作なこと。
熊が押し寄せたらチト困るw
                 ◆
この夏、母が「咽頭腫瘍」で入院して手術したんで、それにかかりっきりであんまり他のことはできなかった。
社会学系やってる大学生の娘にはデュルケームの本とか買ってやれたけど。

富山大学蔵本『臥遊奇談』(1782)巻二「琵琶秘曲泣幽霊」の文字起こし、ほぼ完了。

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 

天空の城の巻(何十回目だこれ観るの)

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年 8月30日(金)22時37分38秒
  (その1)
「ムスカ大佐についてインターネットのヤホーで検索してきました」
「ヤフーね」
「まずイタリアで教職に就き」
「ジョバンニ・モスカだと思う。多分だけど」
「続いてオリンピック柔道オランダ代表として活躍」
「ウィレム・ルスカねそれは」
「アントニオ猪木との異種格闘技戦も戦い」
「それもルスカね」
「最後は失明してしまいました」
「それはムスカで合ってると思う」
「以上ヤホーで私が得た情報です」
「ヤフーね」
(その2)
「この間、海賊と軍隊の両方から追われてる男がいたんですよ」
「ぬぁに~!?やっちまったな!!」
「男は黙って」
「バルス」
「男は黙って」
「バルス」
「全部終わりますよねぇ~」

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 

つゆあけにっき

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年 8月 4日(日)17時59分6秒
  ツリガネニンジン、白っぽいつぼみがついてきたのもある。
ホオズキはだんだん色づき始めてる。

こないだ秋田市外旭川のインド料理店で、オマケに出してもらったのが、カボチャの蔓の和え物。
ちょっとしなしなのブロッコリみたいな感じだった。

東映動画の超大昔の映画『森は生きている』を台湾製DVDで観る。
一月の精の声は役所広司、ヒロインのアーニャ(俺が読んだアルメニア語版では「マーシャ」)は大竹しのぶ。

昨日は風があってよかったが、今日は凪というのか、それで暑くて気持ち悪かった。

今読んでる本。
近藤喜博『稲荷信仰』(はなわ新書)
辰巳浜子『料理歳時記』(中公文庫)

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 

つゆにっき

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年 7月13日(土)15時25分8秒
  今読んでる本。
ウィルキー・コリンズ『月長石』(創元推理文庫)
※ムチャクチャに長いのだが全然飽きない。
                 ◆
学校の玄関前のフウセンカズラは蔓が伸び始めているんだが、自宅のはまだ。
日当たりが悪いのか、土のせいなのかわからん。
                 ◆
秋田で「棒アナゴ」と呼ぶヌタウナギ、これを船川港で唯一売ってた魚屋が廃業しちゃったみたいで、
これからどしたらいいんかと困っておる。
そんな気味の悪いものをなぜ食うのだと言うなかれ。
焼くと身はブキブキして、皮はパリッとして、旨いのだ。大根おろしが合う。

韓国人はこれの皮を剥いじゃって焼くが、はてな、皮は彼らのお気に召さなかったのかな。
                 ◆
こないだコリアンダーチャツネというものを初めてもらって食べた。不思議な味。ナンに付けて食べる。
                 ◆
毎度引用してる句だが…

賞与得てしばらく富みぬ巴旦杏  草間時彦(だったと思う)

「しばらく」でしかないのよなw泣けるw

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 

つゆいりにっき

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年 6月20日(木)00時13分38秒
  このところ集中してやってるのが、『臥遊奇談』(1782)巻二より、「琵琶秘曲泣幽霊」の文字起こし。
これは小泉八雲の「耳なし芳一」の原話。
私の見てるpdfファイルは富山大学蔵本で、元々ハーンの蔵書だったもののようだ。
                 ◆
マツヨイグサ咲き始めた。
ホオズキに実が付きだした。
フウセンカズラはまだなかなか伸びてこない。

イトトンボを見かけるようになった。夏になってきたってことだろう。
                 ◆
今週末東京に出張。一橋大学で日本言語学会。

前に行った時には小泉純一郎ブームの時で、駅前に田中眞紀子が応援演説に来てた。と思う。
あの時田中眞紀子に*手を振らなかった*ことが、今俺のかけがえのない政治的資産となっているw
                 ◆
去年の学会の時に入手したのが、
切替英雄編著:『アイヌ神謡集辞典 テキスト・文法解説付き』(大学書林)
だ。これは知里幸恵『アイヌ神謡集』(1923)[岩波文庫に入っている]のテキストを今の表記法で書き直し、分析し、語彙を抽出して解説を付けたもの。
大変な労作だ、これは。重宝きわまりない。
                 ◆
山形県沖の地震、秋田でもけっこう大きく揺れた。
皆さんのところは大丈夫でしたか。
                 ◆
青梅シロップかなり抽出されてきた。氷砂糖まだ溶けきってない。

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 

にちようにっき

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年 6月 9日(日)15時11分55秒
  青梅シロップ仕込む。群馬県産の梅。南高梅だと値段が倍するから。
焼酎で洗った瓶に、2時間水に漬けてアクを抜いた梅を、爪楊枝でヘタを取ってタオルで水気を拭き取って入れる。
梅、氷砂糖、梅、氷砂糖と交互に入れる。
最後に腐らないように酢を少し注ぐ。
液が浸み出してきたらこまめに揺すり、常に梅の実がぬれているようにする。
シロップは毎朝水で割って、出勤前に飲む。
飲みきったら改めてホワイトリカーを入れて梅酒にする。
                 ◆
濃い紫色のホタルブクロが咲き出した。
ホオズキも白い花を付け始めた。
アジサイはまだ先。
ハマナスとハマヒルガオは咲いてるが、マツヨイグサはまだ。
ニセアカシアは盛り。
                 ◆
栗の枝で60センチ程の棒を作ってみた。
フィリピン棒術(カリ、またはアーニス)の棒(目の詰まった竹)より重い。
                 ◆
二年前に読み始めて中断していた、
高田衛編・校注『江戸怪談集(上)』(岩波文庫)
再開。まーしかし、岩波を儲けさせるのはいかがなものかとは思うけどw

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 

何かを隠して初めて言える?

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年 6月 3日(月)21時33分57秒
  ★(北朝鮮が)「国営メディアを通じて」(安倍一味は図々しい、と言った、とNHKが報道…)

なぜ、「どの国営メディア」なのか言わずにNHKは繰り返し「国営メディア」とだけ言うのだろうか。

労働新聞ではなく例えば「平壌放送」ならば、それは国内向けではなく国外向けの謀略機関であって、労働党の公式見解ではない。

それなら要するに、日本側が慌ててもっと良い条件を持ってくるだろうと思って試してるだけかも知れないので、放っておいてもよい。

党の公式見解ならみんなが学習しなければならないのだから労働新聞に載るはずである。
それならNHKは「労働新聞で」と言ったはずである。
それがそうじゃないということは、…そういうことなのである。

何かを隠し続けることでようやく格好がつく言説とは何であるのか。
                 ◆
NHKも朝日も、視聴者や読者が判断するのに必要な情報を与えずに隠し、あらかじめ決めた結論だけを注入してくる。
必要な情報を初めから提示していたら、NHKや朝日が信じさせようとしていることを視聴者や読者が信じたかどうか疑わしいことが多い。
・例えば年間400回もスクランブルを強いてくるような隣国が望んでいる「友好」とは何であるのか?
・チベットで14歳の少女に不妊手術を施すような国家の人権感覚とは何であるのか?
(↑これ指摘したら、同僚の朝日読者は脊髄反射で「日本だってしてますよ!」と言った。
優生保護法のことらしい。しかし、「日本も昔していた」と同列に並べることが仮にできたとしても、だから今中国がやっていることが正当化できるわけではないだろう。
これは《都合の悪いことを言っている奴を取りあえず黙らせるために
「日本モー」と言ってみた》に過ぎない)

朝日の論説や社説で「模範解答」を一所懸命「お勉強」して覚えて人をやり込めたり黙らせようとしたりする人がうちの職場にはまだいる。

ひ弱なインテリ君だ、と思う。

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 

辿り着いたコタンの巻

 投稿者:桃李庵主人(管理人)  投稿日:2019年 6月 2日(日)15時09分45秒
  けさ町内一斉清掃してきた。側溝泥揚げは概ね人に任せたw
俺は「ひとォォーーつ!監~督の命令は絶ッッ対服従ァー!!」w
いや、嘘。トラックの荷台に泥を積むのはやった。

で、栗の木の切り払われた枝から、あとでノコギリで30センチ程の短棒を数本切り出して土産にした。
これは短棒術(鉄扇術/鼻捻じ術)の稽古に使う。
クリの木は堅く重く締まっていて、鉄扇の稽古に最適。
以前はサカキの枝を使ってたんだが、それよりズッシリしていてなかなかヨイ。
                 ◆
NHK高瀬アナ「”なぜ子どもたちを執拗に狙ったのか…”」

《弱くて襲いやすいから》に決まってると思うのだが、違うのか。

いい大学出ていながら、そういう常識的な想像力の無い奴がニュースの原稿書いてんのか。
まさしく、「トリ肉って何の肉」ってやつだな。

アナウンサーは業務命令で読むだけだから、どんなバカな(あるいは、恥ずかしい)原稿でもそのまま読むしかないわけで(すごいメンタルとプロ根性w)、まあ、仕方がない。
                 ◆
朝ドラ『なつぞら』ネタ。

(1)なつ「わたしをここで働かせてください。
《働かざる者食うべからず…わたしの尊敬するレーニンの言葉です》」
※戦争に負けたら世の中すっかり逆さまにw

(2)おんじ「お前は東京で働いてたのか」
なつ「はい」
おんじ「何してた」
なつ「《カッパライとマッチ売りです》」
※(柳原可奈子の声で)でしょうね。『昭和一代女』(未完)乙。

(3)爆笑太田「”角野卓造じゃねーよ!”」
爆笑田中「いや、あれは角野卓造だよ!」

http://green.ap.teacup.com/toriansyujin/

 

レンタル掲示板
/161