投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re:ナショナル R-45の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 9月 2日(日)21時46分32秒
  情報有難うございます。

製造時期が近いので 確かに半固定バイアスの可能性がありますね。
今回は出力管のヒーター巻線が独立していたので 普通のバイアスにしました。
ただB電圧が高いので 平滑抵抗は大きな値にして有ります。
だいぶ素人が弄り回してあるので オリジナルの状態は想像が難しいです。
このラジオも感度調整VRは中点がアースされる方式で使い難いです。
スイッチ部分も駄目で再使用は無理でした。
 

Re:マツダラジオのブーン音

 投稿者:加藤(川崎市)  投稿日:2018年 9月 1日(土)23時19分3秒
  JA9QEGさん
解決おめでとうございます。

>出力トランスは7KΩにしましたが、よろしいのでしょうか?

これまでの書き込みではラジオの型番も出力管の型番も特定されていないようですが、
マツダの6UA-16については
回路図( http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/circuits/6UA-16.html )から出力管は42で、
「実用真空管ハンドブック」によれば、42(シングル)のプレート負荷は7kΩです。
 

RE:ナショナル R-45の修理

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 9月 1日(土)22時26分39秒
  8月16日の写真を見るとコイルボビン本体の下にコイルボビンの内径に合わせたコイルボビンを支える
円筒が有って、それに長孔を貫通する鍋ビスが映ってるのですけど、よく見るとその円筒の中にビスに支
えられた金属様のパイプらしきものが見えるのですが。

これってひょっとしてネジを緩めて上下にスライドさせてインダクタンスの調整ができるような構造に見
えるのですが。それともただのコイル固定用のビスですか?
 

Re:ナショナル R-45の修理

 投稿者:倉島  投稿日:2018年 9月 1日(土)20時37分45秒
  内尾さん、今晩は。

この機種も半固定バイアスのようです。また、2連のチョークですが、プレート負荷ではなく、
単純に電源チョークが2連になっているようです。
 

Re:ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 9月 1日(土)18時41分10秒
  徳永様

この度は適切なるご助言有難うございました。お陰様でこの度のトラブルと言うよりは疑問を
解消することができました。

>回路図によると高域減衰型のトーンコントロールがついているようですが、これと併用す
ることを想定していたのかもしれませんね。

私もそれを感じました。当時のラジオは色々な場所や大勢で聞く機会が多く、より明瞭度の
高さを求められたのかなと。で、うるさい時はトンコンで高域カットすればよいとメーカが
考えたのではないかと勝手に想像しました(笑) 実際修理中、至近距離で聞くと些かうるさ
さを感じたものです。

また何かありました時はよろしくお願いいたします。
 

Re:ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:徳永メール  投稿日:2018年 9月 1日(土)18時06分49秒
  原因がはっきりしてよかったですね。
メーカーが明瞭度を上げるために意図的にピークを作ったのでは? という加藤様の
考えですが、なるほど。確かにそうかもしれませんね。
私はこの機種にさわったことはありませんが、回路図によると高域減衰型のトーンコントロール
がついているようですが、これと併用することを想定していたのかもしれませんね。
 

マツダラジオのブーン音

 投稿者:JA9QEGメール  投稿日:2018年 9月 1日(土)09時31分3秒
  皆さん、ご意見ありがとうございます。
今回、試した事を報告させていただきます。
暑い日が続いてサボっていましたので遅くなりました。

出力トランスを外すのが困難でしたので新品交換しました。
東栄変成器の低価格の物を選びました。1・5Wタイプです。
スピーカーの構造も考えられるのでこれもコイズミ無線の16Cmタイプを購入しました。
取り付けは加工無しでピッタリでした。
これでブーン音は出なくなりました。
低音が良く出るようになりました。

出力トランスは7KΩにしましたが、よろしいのでしょうか?
今後は電源トランスの交換も試してみたいと思っています。
皆さん、お世話になりました。
 

ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 8月31日(金)22時32分19秒
  何かと雑用が有って7S-4に手が掛けられないでいましたが、やっと時間が取れましたの
で作業を再開しました。

今回、NFBにこだわったのは音質ではなくラジオでは珍しいNFBが掛かっているのにも関わら
ず可聴帯域内にピークができていることでした。普通オーディオアンプではNFを掛ければF特
はフラットになりますよね。メーカーが意図的に音作りしたのでしょう。恐らく明瞭度を上
げるためではないでしょうか。

徳永様からもご指摘が有りました6ZDH3Aのカソードの.2μが原因と睨んで、先ず出力管の
42を三極管接続に改造していたのを5極管に戻しました。その時のF特がグラフの1です。
3.5KHzを中心に500HZに比べ3dB程のピークが見られます。

次に6ZDH3Aのカソードの.2μを外しました。ピークが取れました。グラフの2です。しかし
高域の減衰がかなり有ります。そこで再度3極管結合に戻しました。当然利得が減りますの
でNF量は低下しています。

42の三極管接続がグラフの3です。可聴域内フラットとは行きませんが25Hz~15KHzが-3dB
以内となり、AM放送では十分なF特だと思います。聞いた感じも幾分耳障りな高域が抑えら
れ、聞き疲れしなくなりました。幸い手持ちで1N60が有ったのでゲルダイ検波も試しまし
た。しかし2極管検波に比して音質はあまり変わらず、感度も僅かですが低下しましたので
2極管検波のままです。でもこの一台で高周波から低周波まで色々と勉強させてもらいまし
た。

内尾様、徳永様。有難うございました。
 

Re:ハムフェアに行ってきました

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月30日(木)20時24分57秒
  今晩は

倉島さん ハムフェアに行ったのですか、よかったですね。
小生はここ3年くらい行ってません、見ると欲しくなるので近寄りません。

放送局123号の修理をしていました。
整備済というのを購入したそうですが、酷いものですね。
回路の間違いは1箇所だけでしたが、古い部品がそのまま使われています。

ただ整備しても 昭和18年製で接触不良が多くて 大変です。
特に真空管のソケットが悪いです。
 

ハムフェアに行ってきました

 投稿者:倉島  投稿日:2018年 8月25日(土)23時09分21秒
  皆さん、今晩は。

本日、久しぶりにハムフェアに行ってきました。以前よりラジオ部品が増えてるような気がします。
ジャンク部品は安いですが、デッドストックなどは高くて簡単には購入できないですね。
マジックアイが少し安かったので、2本調達しておきました。
 

Re:真空管測定器AMPLITREX AT1000の情報教えて下さい

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月25日(土)20時48分44秒
  今晩は

なにか怪しげなものに興味があるのですね。
(言葉足らずで 申し訳ない)
どうも欲しいという気持ちになりませんが。
 

re:真空管測定器AMPLITREX AT1000の情報教えて下さい

 投稿者:梅田  投稿日:2018年 8月25日(土)18時46分21秒
  >プレート電圧等自由に設定出来るのでしょうか?
>例の日本の代理店の人に聴いたら、出来ないの返事でした?

ja1mdnさん
私は、別にこの機種について詳しいわけではありませんので
御答えできません。
どなたか詳しい方のお答えを待つか、
あるいは、紹介したサイトの英文をお読みになるか
でしょう。

ついでに、どうしてコールサインを小文字で表記
されるのでしょうか。
私がコールサインをとった頃は、JJ1KEJとすべて
大文字で表記したものですが、最近は小文字になったの
ですか?

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

re:真空管測定器AMPLITREX AT1000の情報教えて下さい

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年 8月25日(土)17時35分34秒
  梅田さん、有難う御座いました。
>AX1000をスタンドアローンで使う場合
プレート電圧等自由に設定出来るのでしょうか?
例の日本の代理店の人に聴いたら、出来ないの返事でした?

http://amp8.com/

 

re:真空管測定器AMPLITREX AT1000の情報教えて下さい

 投稿者:梅田  投稿日:2018年 8月25日(土)17時03分52秒
  先に投稿したアドレスのうち最初の

https://www.youtube.com/watch?v=RLOZIy95a88

はどうやら同じ名前のギターか何かを製造するサイトのようですね。

しかし、2番目の

http://www.emissionlabs.com/Club/Testing/index.htm

は、明らかに真空管関係のサイトで、AX1000をスタンドアローン
で使う場合と、コンピュータコントロールで使うばなどの事を
説明してあるようです。

しかし、せっかく時間を割いて調べた結果を書きこんだのに
それに対するレスポンスが何もないというのは、一体どういう
分けなのでしょうかね。
役に立った、役にたたなかったにかかわらず、とりあえず
何がしかの返答があるべきだと思いますが……

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

re:真空管測定器AMPLITREX AT1000の情報教えて下さい

 投稿者:梅田  投稿日:2018年 8月24日(金)12時27分57秒
  Googleで検索したら次のようなサイトが見つかりました。

https://www.youtube.com/watch?v=RLOZIy95a88

はyou tubeの動画です。

http://www.emissionlabs.com/Club/Testing/index.htm

は包括的なサイトでこの中の

How to use the AT1000 tube tester

には、マニュアルのアドレスが書いてあるようです
(確認はしていませんが)

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

真空管測定器AMPLITREX AT1000の情報教えて下さい

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年 8月24日(金)11時52分48秒
  真空管測定器AMPLITREX AT1000をお持ちの方、使用したことがある方、
情報教えて下さい

http://amp8.com/

 

トランス販売店

 投稿者:  投稿日:2018年 8月23日(木)13時22分56秒
  皆さんこんにちは
重複すると思いますが、ノグチトランス販売店が9月29日で閉店です。
段々と部品の販売店がなくなって行きますので寂しい限りです。
 

Re:ナショナル R-45の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月21日(火)20時17分8秒
  このラジオは非常に珍しい構造のマグネチックスピーカーが組み込まれています。
昭和14年以降になるともう少し構造が簡易になるのですが。

もっとも初期(昭和1桁の終わり頃)は更に複雑でした・・。
 

Re:ナショナル R-45の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月21日(火)08時46分43秒
  首記 ラジオの修理を再開しています。
コイルのインダクタンスを測定して 異常なので 取り外して調べてみました。
コイルを一旦解くなど散々でした。

コイルの中に板状の見慣れない部品があり、調べてみるとコンデンサーでした。
戦後のコイルには見かけませんが、戦前ではよく利用された方式です。
測定してみるとQが低いのです、製造後80年経過しているので 止むを得ないのかも。
これは500V耐圧のセラミックコンデンサーに置き換えました。

コイルの中のRFCは高周波増幅管のプレート負荷(検波コイルの1次コイル)。

詳細報告は下記に追記予定(現在 表題のみです、完成まで少し時間がかかります)。
http://radio.eucaly.net/a/R/national-R-45.html
 

照明のLED化終わりました。

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年 8月21日(火)07時42分28秒
  4年前の製品と比較すると、色々改良されています。
1.照度が上がり、2倍の物があり、更に調光リモコン付き、常夜灯内蔵等。
  只、その分、影が出来やすいです。
  徳に、蛍光灯が裸で出て入るのは、旧来の製品の方が、優しい光源です。
2.AC-DCユニットの出力電圧が高くなっています(80V近く)。


今までに使用したLED蛍光灯。

1.20W直管20本。2016/2購入。
  入力電圧100/200V
  消費電力9W

2. 40W直管10本。2016/2購入。
  入力電圧100/200V
  消費電力18W
  光束2500lm

3. 32W丸管20本。2016/2購入。
  昼光色(6000K~6500K)
  入力電圧:AC90~130V、50/60Hz
  消費電力:13W
  寿命(約):40000時間
  2018/8に6本が1部不点灯でLED素子を10個交換する

4. 40W丸管5本。2018/8購入。
  電圧:AC 85~265V、50Hz/60Hz
  消費電力:18W
  全光束:2000LM
  色温度:昼光色(6000K-6500K)
  カバー:透明カバー

5. 32W丸管4本。2018/8購入。
   電圧:AC 85~265V、50Hz/60Hz
  消費電力:13W
  全光束:1600LM
  色温度:昼光色(6000K-6500K)
  カバー:透明カバー

6. 30W丸管5本。2018/8購入。
  電圧:AC 85~265V、50Hz/60Hz
  全光束:1480LM
  色温度:5000K昼白色
  消費電力:13W

7. 40+32W調光付き丸管。2018/8購入。
  電圧:AC 100V、50Hz/60Hz
  消費電力:29W
  全光束:3200LM
  色温度:昼光色(6500K)
  調光:5段階
    常夜灯、リモコン付き

http://amp8.com

 

Re:ナショナルER-241

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月20日(月)21時02分26秒
  このラジオの修理が終わり 本日返送しました。
ホームページの完成は もう少し 時間がかかります。

なお思わず梃子摺ったのは感度調整用のVR(音量調整にもなる)でした。
この当時のVRには中点が軸につながりアースせざるを得ないものがあるのです。
つい 普通の接続にしていたら感度調整がほとんどできません。
VRを外して端子を見たら軸がアースされている方式でした。
このため 一見余分に見えた150KΩの抵抗が必要になりました。
http://radio.eucaly.net/a/R/national-ER-241.html
 

Re:ナショナルER-241

 投稿者:倉島  投稿日:2018年 8月19日(日)22時08分12秒
  今晩は。
参考になるようでしたら幸いです。
ナショナルのERシリーズは、絶対数が少ないせいか、ほとんど情報がありません。
内尾さんの修理記録も、今後の参考になるかと思います。
 

Re:ナショナルER-241

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月18日(土)19時58分20秒
  今晩は

倉島さん
情報有難うございます、非常に参考になりました。
やっと修理が終わりました。
下記に修理情報を追記予定です。
http://radio.eucaly.net/a/R/national-ER-241.html
 

Re:ナショナルER-241

 投稿者:倉島  投稿日:2018年 8月17日(金)23時54分59秒
  今晩は。

続けての投稿で失礼します。内尾さんの内部写真と同じものがヤフオクの履歴にありました。
それによると、整備済み品で、「作業終了後、通常環境における受信と外部入力テストを
行いました。コイル、バリコン等の傷みも無く感度良く受信できます。真空管・コンデンサー
などのすべてパーツを交換チェックしましたので安心してお使いいただけます、」との記載です。
もしも同じ商品だった場合は、落札後に故障したのか、或いは最初から故障していたのか
要注意かもしれません。
 

Re:ナショナルER-241

 投稿者:倉島  投稿日:2018年 8月17日(金)22時17分43秒
  内尾さん、今晩は。

同じかどうか不明ですが、同系統のER-142であれば、以前に修復したものがあります。
バイアスは半固定バイアスになっています。
http://www.geocities.jp/kurashima668/ER-142/nationalER142.html

真空管ラジオデータベースにもありますが、回路図までは出ていないですね。
 

Re:ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月16日(木)22時23分27秒
  6ZDH3Aのような真空管に 大真面目にNFBをかけるのはいかがと思います。
心持 音がよくなる程度で満足すべきでは。

本格的にやるなら 検波部分をダイオード検波にして、
純粋の3極管扱いにするとかしたほうがよいのでは。

小生は毎度言うようにおまじない程度と考えています。
 

Re:ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 8月16日(木)21時51分19秒
  徳永様

私も回路を見ていて6ZDH3Aのカソードバイアスが怪しいと感じました。C、Rを外すとNFが
掛けられなくなると思いますので、一旦Cを外したり、10~20マイクロ位のケミコン
に交換してみようと思います。現状ではNFを外しましたがアップした周波数特性のグラフ
で見る限り全くピークは出ないので、OPTの所為かと思ったりしています。トランスは交
換していて、春日のOUT-54B57と言う安価なトランスです(^_^;)

一度テストしてまたご報告いたします。有難うございました。
 

ナショナルER-241

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月16日(木)17時48分48秒
  何方かこの機種の修理経験ある方いませんか?。

実は 先のR-48以外に もう1台修理を頼まれているのですが、
どうも様子が変なのです。
音がおかしいので見てくれとは言われたのですが、通電すると音が全く出ません。
整備済で購入したらしいですが、配線が無茶苦茶です。
それに出力管のバイアスが全くかかりません。
ヒーターの中点がアースされてるようです。

この状態から考えると半固定バイアスだったのではと思われますが、確証がありません。
ご存知の方 いたら教えてください。
 

Re:ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:徳永メール  投稿日:2018年 8月16日(木)17時38分42秒
  加藤様、

高域のピークですが、回路を見ると6ZDH3Aのカソードに抵抗300Ωと0.2μがパラに入っていますね。
このコンデンサ(C12)が原因ではないでしょうか、一度外して特性を取ってみてはいかがですか?
またNFBはかけてなくても、電流帰還になるのでピークができるものと思います。
 

Re:ナショナル R-45の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月16日(木)17時25分47秒
  一応 配線して 大まかな確認をしようとしたのですが、
どうも様子がおかしいのです。
DIPメーターを持ち出して 測定してみるとRF部分と検波コイルの同調周波数が大幅に違います。
LCメーターで測定すると検波回路の方が60%くらい(約110μH)くらいしかありません。
やむを得ず シールドケースを外してみました。
インダクタンスが低下するような現象が見つけられないのです。

あまりの嫌らしさに 一度中断することにしました。
 

/376