投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re:半田鏝

 投稿者:井澤  投稿日:2018年 8月 9日(木)23時30分32秒
  みなさん、ありがとうございます。

昔の真空管用の半田ごては内尾さんご教示のこてさきなんですね。新しく買うとしたら、内尾さん
おすすめのものがよさそうです。

そういえば、病院の工作室あさったら、昔の木のグリップで、袋うちコードの真空管用と
通常用の半田ごてが出てきましたが、使えますか?ヒーターが断線してなければとこてさき
磨くか変えるかすれば使えるかな?
 

Re: FMクリスタルコンバータ

 投稿者:服部@茨城  投稿日:2018年 8月 9日(木)21時32分51秒
  FM補完中継が始まった時点でカーラジオ用に車載のコンバーターが出るのかなあと
思ってましたが国内では皆無ですね。秋月あたりでキットでもいいから出して欲しい
と思うのは私だけ?
 

Re: FMクリスタルコンバータ

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月 9日(木)20時27分38秒
  こんな方法もあるのですね、原理的には当たり前ですが、実用的に使用するとは思いませんでした。
参考になります。
 

FMクリスタルコンバータ2

 投稿者:設楽  投稿日:2018年 8月 9日(木)18時24分0秒
  本文中のツェナーダイオード電圧に間違いがありました。
正しくは、回路図の通り6.75Vです。
たいへん申し訳ありません。
 

FMクリスタルコンバータ

 投稿者:設楽  投稿日:2018年 8月 9日(木)18時01分0秒
    昔のCDラジオでFM補完放送を聴きたくて、カーラジオ用のクリスタルコンバー
ターを購入し改造してみました。自作も検討したのですが、コイルの調達と
シールドケース作製が面倒なので中華系のネットショップから直接購入しました。

改造と言ってもオリジナルのクリスタル、16、18、20MHzをそれぞれ
8、10、12MHzに交換しただけです。あとは、Fコネクタを取り付けたくらいです。
電源は4.5Vから動作するので単三4本の6Vとしました。

車用なので12Vとなっていますが7.5Vのツェナーダイオードで簡易安定化
されています。当初9Vで駆動していたら、ツェナーダイオードでICと同程度
電流消費され全体で5mAほどでした。
6Vにした結果、データシート記載の2.4mA程度になりました。

基板から回路を起こしてみました。
表面実装型のチップコンデンサの値は不明です。必要最小限の部品で
構成されています。帯域フィルターはありません。
ダウンコンバータにもアップコンバーターにもなります。
10MHzのクリスタルで、TBSが80.5MHzで受信できます。
BayFMが88.0MHzで受信できてしまいます。
既存のFM局もそのままの周波数で受信できます。
出力側のケーブルはできるだけ短くしアンテナ入力端子の直下にしています。
 

Re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:石山/JA3TZZ  投稿日:2018年 8月 8日(水)23時14分58秒
  連投すみません。¥100ショップで販売されている LED電球 ナツメ球です。E12口金
これは、コンデンサーでAC100V を減圧、両波整流してLED を点灯しています。
現物を分解、作成した回路図等です。皮相電力が大きい回路構成です。

http://www.asahi-net.or.jp/~hp6y-isym/

 

Re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:石山/JA3TZZ  投稿日:2018年 8月 8日(水)23時03分38秒
  こんばんは。ご無沙汰致しております。
LED 電球、以前分解した写真です。AC⇒DC スイッチングして電解コンデンサーで平滑化しています。
このスイッチングの時にノイズが発生、電源側フィルターが十分でないとノイズが電源ラインに
重畳されます。初期、某メーカの街頭LED照明、ノイズが酷く交換されたニュースを覚えています。
電気用品安全法で電源ノイズは規定されています。
写真で左上は、アルミダイキャストで放熱の役目をしています。
大きいLED電球、何れも口金に接している部分はアルミダイキャストです。

http://www.asahi-net.or.jp/~hp6y-isym/

 

Re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年 8月 8日(水)18時43分59秒
  修理ついでに、調べました。
LEDへの供給電圧は、48VDC以下に成っています。
日本の規定を守っている様です。
但し、電解コンデンサーの容量が無く、完全なDCに成っていません。
AC-DCコンバーターなのですが、肝心の一次側(AC100V)にフイルターが使用されていません。
入っていたのは、コンデンサー1個です、パソコンノAC-DCとは異なります。
これでは、AC100VラインがANTに成ります。
場所はあるので、フイルターを入れる事は出来ます。

倉庫の30W×2個をLED化しました。
グローの所を使用しLED電球を付けました。
これのAC-DCインバーターも同じ作りでした。

http://amp8.com/

 

Re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月 8日(水)16時08分49秒
  わが家で使っているのはこのタイプです。
リンクは品名だけでは検索できないので 表題のところに掲載しておきました。
ただ他のものでも雑音が出ないのかは確認していません。
この蛍光灯は普通の20W 2灯分の明るさがあります。
明るさが不必要なら 割高です、ご注意ください。
 

re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:梅田  投稿日:2018年 8月 8日(水)13時38分2秒
  内尾さん、
電球式は雑音が多いのですか。
LED蛍光灯ならば大丈夫ということなので、今度蛍光灯
が切れたらLED蛍光灯にしようと思います。
そういえば、温水便座も雑音原だと云われていますね。
我が家も温水便座ですが、外部のアンテナと7,8メートル
離れているせいか、あまり雑音を感じません。

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

Re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月 8日(水)11時58分23秒
  我が家の工作室の机上の照明にLED蛍光灯をつけました。
雑音を心配して 雑音防止をうたった製品にしました。
(電球式は雑音がものすごいので)
たしか普通のものより2倍以上値段がしましたが、非常に快適です。
その代わり 明るさも2倍あります。
従来は20W蛍光灯2灯をつけていたのですが 1つで間に合います。
サークル式のものは経験ありません。
 

re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:梅田  投稿日:2018年 8月 8日(水)11時19分2秒
  LED電球は、電灯線電圧100VをLED用に変換する
トランスから雑音が出るといわれたりしていますが、
その点は大丈夫でしょうか。

LEDのメーカーによるのかもしれませんが

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年 8月 8日(水)09時02分0秒
  画像が行きませんでした?

http://amp8.com/

 

LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年 8月 8日(水)09時00分19秒
  LED蛍光灯が幾つか部分的に不良(不点灯)になったので、
修理を兼ねて、蛍光灯から全面交換しました。

LEDが不点灯な所修理。
 LEDが1個オープンンに成っているので、交換でOKです。
 プラスチックケースが上下に分解出来ます。
 LEDが1個点灯しないところは、交換します。

蛍光灯からの交換。
 安定器(トランス)は全て取り除きます。
 下向きグローの所はLED電球を取り付ける事が出来ます(物理的にOKの場合)
 改造には電気工事士の資格が必要です。

http://amp8.com/

 

Re:ゼネラル 7S-4 単一調整

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月 7日(火)20時09分7秒
  今晩は

なお負帰還の件ですが、正帰還の場合でも発振はしません(ほとんどの場合)。
また 音が小さくしか変化しないのも正常と思います。
要は 負帰還の量が小さくしてあるのです。
自分は音痴ですからどれだけ効果的かはわかりません。
音が良くなるという お呪いくらいにしか思っていません。
ただ逆に接続すると変な音になることは確かです。

数年前 どうも様子がおかしいということで 再修理を依頼されたことがあります。
数百台以上の修理経験のある(もしかして1000台くらい) 有名な方の修理品でしたが、
この負帰還の扱いが間違っていたのが原因でした。
逆に言うと それだけの経験者でも気がつかないと言う現象です。
http://radio.eucaly.net/a/R/national-BX-210.html
ご参考まで。
 

Re2:半田鏝

 投稿者:岩渕  投稿日:2018年 8月 7日(火)17時51分18秒
  皆さんこんにちは、今日は西日本では真夏日でしたが、当地東北では秋の様な肌寒い1日でした。

今日、アマゾンのメールをみたら前から買ってみたいと思っていたヒートガンがタイムセールで少し安くなっていたので
思わず購入してみました。

ヒートガン自体は会社でSMD部品のSOPやQFPを取り外す時に使っていました。自分でも欲しいと常々思って
いましたがガンタイプの加熱するだけのHAKKOの物でも高価で手が出ませんでしたが、最近中華製の物が割合安く
販売されているので機会があればと考えていました。中華製ガンは製品的に出力ワット数が異常に大きいなど心配な
点がありますが、個人使用で注意して使えば使い物になるかな?と思っています

これで先日修理したタイマーの様に基板に付いたスイッチなど足の多い部品などを取り外すのに楽になるかと思っています
 

Re:ゼネラル 7S-4 単一調整

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 8月 7日(火)17時44分50秒
  内尾様

お陰様で懸案の単一調整を終えることができ有難うございました。
直前で測ったAVC電圧は-3.5V程度でしたが、終了後は-7V以上となり成功だとおもいます。

NFBについては妙なことが有りました。一旦NFB配線を外しておいて電源を入れて音声が出る
のを確認してからジャンパ線で8Ωと0Ωに仮接続したのですが、正相、逆相共に発振しま
せん。正接続と思われるとき、ほんのわずか音量が下がるのでそれかとは思われるのですが。
念のためRNFの断線かと思い、測定しましたが回路図通り5KΩ有りました。不思議です。

ボリュームの接点ですが実際PHONO回路は使いませんのでこのままでも構いませんが、本機を
手放すことが有るときはVRを交換してスナップSWを増設するのが一番良い方法ですね。
それならPHONO接続でもVRが使えて便利ですから。PHONO端子に接続するには後ろ前にしな
ければならないので、その時切り替えればいいですし。

お世話になりました。何かわからないときはまた質問させていただきますので宜しくお願い
致します。有難うございました。
 

半田鏝

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 7日(火)17時00分42秒
  皆様こんにちは 内田さんが使用されています半田鏝は、保護パイプを購入される事を
お勧めいたします、使用しておりますとこて先が、焼き付きを起こして外れなくなります。
 

Re:半田鏝

 投稿者:岩渕  投稿日:2018年 8月 7日(火)08時17分44秒
  おはようございます

みなさん立派な半田鏝をお使いですね、内尾さんがお使いの鏝と同じタイプの物を若い時に使っていました。
電源を入れてスイッチを押すと10数える位で使用可能になります、長い期間使っていたのですが流石に使い過ぎて
鏝先も交換できないくらい腐食して使えなくなりました。

もう一度購入しようとしましたがその頃は今より高価だったので購入をあきらめ今の鏝をホムセンから購入しました。
最近中華製の温度調節ができる鏝を購入してみましたが鏝先の造りが良くないので使うのをためらっています(5種類も
交換用が付属してるがどれも使いにくそうです)あと、写真右下に写っている鏝先は40Wタイプの物でアマゾンで
送料無料にするために追加で買っている98円の物で国産で加工精度は良いのですが錫63%の半田を使うと見る見る
うちに減っていきます

処でみなさん半田は何をお使いですか?昔は鉛入りが当たり前ですが鉛フリーの時代になって鉛入りが購入しにくく
なった気がします、私はハムショップを閉店する友人から頂いた鉛50%の物を真空管ラジオ等に使ってプリント基板の
アンプやラジオ用に鉛37%に物を使っています、いずれ鉛の半田は入手不可能になっていくのでしょうね
 

Re:半田鏝

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月 5日(日)14時37分39秒
  追伸

先日推薦した 半田鏝を購入する場合は鏝先も同時に注文してください。
既製品についているものは先が細くて真空管用には向きません。
(トランジスター用としてはこの方が良いが)
型名は980-T-Dです。
https://www.yodobashi.com/product/100000001001987091/

なおja1mdnさん愛用のものは高額なのでアマチュアー用としては勿体無い感じです。
どうせ真空管ラジオは鉛入り半田しか使いませんし。
 

Re:ゼネラル 7S-4 単一調整

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月 5日(日)14時23分18秒
  調整終了ですか、良かったですね。

なお出力トランスを交換する時は注意が必要です。
負帰還がかけてありますので(7S-2と同じとすると)、気をつけないと異常なことが起きます。
確認方法はトランスのPB端子(出力端子でも同じ)を入れ替えてみて音が小さくなる方が正常です。
この確認をしないと正帰還になって音が異常になります。
端子の出し方がその時そのときで異なることがある。

なおVRの不良は新品に交換し、2点スイッチがどうしても必要なら リレーを使うと良いでしょう。
必要なら我が家にもあるはずなので探してみても良いですよ。
単純にはシャーシの裏側にスナップスイッチを組み込んで、
ここで切り替えるのも良いかも。
 

Re:半田鏝

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年 8月 5日(日)08時58分7秒
  半田コテは酷使する工具の筆頭です。
色々使いましたが、今は「温調式HAKKO FX-951=70W Max」2台です。
コテ先(温度感知部込み)は消耗品で1500円前後です。
意外にコテ先の消耗が少なく、1年は楽に持ちます。
温度は350~390度Cの設定です。
1つはコテ先の細い物、他はコテ先が平で接触面積が広く熱容量が大きい物。

その次に酷使するのが、半田吸い取り器です。
スルホール基板や、厚い基板銅箔が厚い場合)の場合は、吸い取り線やスポイトでは、基板の損傷が起きる。
コテ先に銅製(1個7000円)を使用しますので、溶込みが激しく、半年の寿命です。
半田に溶け込み、内側から無くなる。
フイルター等の消耗も激しいです。
これをケチルとポンプが故障します。
?

http://amp8.com/

 

抵抗体がすり減ったVRの修理方法。

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年 8月 5日(日)08時15分21秒
  1.軽度の場合はB~2Bの鉛筆で抵抗体の上を塗る(書く)。
    この時、鉛筆の芯を接点復活材で湿らせると、良いです。

2.抵抗体が完全に切れている場合は、鉛筆の芯を細かく砕いて、
  導電性接着剤と練って、貼り付ける。
  この時、盛り上がらない様に、丁寧に・平に塗る。

3.電源SW以外の特殊なSWがある場合、小型信号リレーを使用する。
  6.3Vのヒーターを整流して、DC5Vリレーを使う。
  2C回路が普通なので、これを超える場合は、数個使用。

4.電源SW付きはリレーに置き換え。
  接点復活材を多用すると、絶縁が悪くなり、使用に耐えない時は、
  内部に小型トランス(AC12~24V/0.1A位)を付け、これでリレーを動作。
?

http://amp8.com/

 

配線の色分け

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月 4日(土)21時46分41秒
  今晩は

小生は赤色と青色のチューブを大量に持っているので(ドラム巻き)、
B電圧がかかるところは赤色、
アース電位に近いほうは青色のチューブ(厳密にはエンパイヤーでは無い)を使います。
さらに
平型の多芯ケーブルを適当に分割しても使いますが、暖色系はB電圧に近いほうに、
寒色系はアースに近いほうに使うことが多いです。

部位によって使い分ける方法も雑誌には紹介されていましたが、
面倒なので 使いません。
メーカーでも使っていないので 自分で作った範囲しか利用価値がありません。
それよりしっかり配線することです。
なお 配線と配置は良く考えてしてください。
添付画像のものは非常に悪い配線例です。

電気的に接続することも大事ですが、できるだけ配線間の干渉に無いように、
短い距離で配線すべきです。
長さ無制限に配線すると収拾がつかなくなります。
 

Re:半田鏝

 投稿者:井澤  投稿日:2018年 8月 4日(土)20時30分32秒
  内尾さん、ありがとうございます。
パソコン壊れて修理にだしたので、
スマホからなので、挨拶のみ。
 

ゼネラル 7S-4 単一調整

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 8月 4日(土)16時46分13秒
  久しぶりに書きこみさせていただきます。

こちらのHPの修理記事を読んでいましたら、ゼネラル7S-2の修理記事を目にしました。実
は同じゼネラル7S-4を修理したのですが、高1スーパーのトラッキング調整の仕方が今一解
らず、IFT調整のみでそのままになっていました。回路は全く同じですので参考にさせて
いただき、早速修理を再開し、ついでに断線していると思い交換したOPTが断線していないよ
うなので元に戻し三極管結合にしてあった42を五極管結合に戻しトラッキング調整を実施
しました。お陰様でテストオシレータと周波数カウンターを使って無事終了することができ
ました。その際にはダイアルゲージを紙に写し取って正確に600K,1000K,1400KHzを合わせる
事ができるようなアイデアが書かれていたのでとても助かりました。

早速受信したところ妙に低域が持ち上がり高域も不足しています。その所為で今まで聞こえ
なかったハムが盛大にでます。またボリュームを絞り切っても音漏れがひどいです。前も音
漏れは有りましたが問題無いレベルだったのに。周波数測定をしてみようと思いましたが、
ファンクションジェネレーターやミリバルをひっぱりだすのも面倒だし、どうもオリジナル
のOPTが不良のようなので元に戻したところ、ハムは収まり音質も正常になりました。

音漏れのほうは、トラッキング調整で感度が上がり三極管から五極管に戻したことからトー
タルゲインが上昇し、今まで気にならなかった音漏れが大きく聞こえるようになったものと
思われます。そこで三極管結合に戻しました。カソード抵抗を500Ωから650Ωに戻し、トラ
ンスの一次側は7KΩのままで二次側は4.3Ωのスピーカーを8Ω端子に接続しました。これ
で見かけ上のRLは3.7KΩになって、42三結時のRL=4KΩにマッチングします。音も透明感
がまし音楽が良い感じです。五極管は高域は伸びますが低域はダンピングが甘く、昔はワン
ノートベースと言って同一音程でベースがボンボンと鳴ってるのをよく聞きました。半面出
力が.8Wに低下しましたが、家庭内では十分な音量がでます。

以上の結果、トータルゲインが低下して音漏れは気にならないまでに低下しました。今時2回
路2接点なんてボリュームなんて手に入りませんよね。ガリだけならともかく摺動面が変質し
て絞った位置が抵抗値を持ったボリュームは洗浄では治らないと思うのですが如何ですか?

長文になりましたが、内尾様のお陰で7S-4の修理を無事完了する事ができました。ここに
改めてお礼申し上げます。有難うございました。
 

Re:半田鏝

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月 4日(土)14時49分3秒
  自分はここで調達しました。
ヨドバシカメラ
https://www.yodobashi.com/product/100000001001987092/?gad1=&gad2=g&gad3=&gad4=56278881131&gad5=13065451280782467961&gad6=1o1&gclid=Cj0KCQjw-o_bBRCOARIsAM5NbIOrIbvbhWXChu1Qdk1aOoygVTiA3GfGHssARm_K6wCcBPlDuZlD8N4aAsmnEALw_wcB&xfr=pla
なお鏝先もここで調達しました。
送料込みなので安いです。
通常は20Wで使います、大物か熱量が必要な時 数秒ボタンをおして130Wにします。

シャーシ用はセラミックヒーターの40Wを使っていますが、ニクロムヒーターだと100Wが必要かも。
ただ偶にしか使わないので 安いものでも十分と思います。
 

Re:半田鏝

 投稿者:井澤  投稿日:2018年 8月 4日(土)14時25分30秒
  内尾さん、こんにちは。

よさそうなもののご紹介ありがとうございます。
20Wで瞬間的に130Wが出せるんですね。切り替え式と言ったらいいか、
便利なものがあるんですね。シャーシへのはんだ付けは常時100Wのこて
使わないと難しい感じですか?

標準でついてくる鏝先は、プリント基板用でしょうからね。なるほど。
 

Re:半田鏝

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月 4日(土)14時05分40秒
  真空管ラジオ用には白光の PRESTOのストレートタイプがお勧めです。
ボタンを押すと130Wで加熱されますので、95%は大丈夫です。
過熱はしないし使いよいですよ。
ただ シャーシへの半田付けは困難です。
http://www.hakko.com/japan/products/hakko_presto.html
ただ標準で付いてくる鏝先は使いにくいです。
これが5%くらいと評価。
画像のような大き目のものに交換して使っています。










 

Re:部品について

 投稿者:井澤  投稿日:2018年 8月 4日(土)12時30分31秒
  連投失礼します。

抵抗ですが、見てくれ優先なら1Wの炭素被膜抵抗を使うのがいいように思えてきました。
電流どれだけ流れるかですね。プレート電流が流れる場所にはセメント抵抗を使ったほうが
よいのですか?5Wあるいは10Wで足りますか?
 

/372