投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


re:山水SM-11Bについて

 投稿者:梅田  投稿日:2019年 1月25日(金)19時08分38秒
  >NHKが2つの電波を使ってステレオ放送を実験したらしいものです

NHKが第一放送と第二放送の電波を使って立体放送をしていました
その時のラジオだと思われます。
なお、この立体放送に付いては、

「立体放送は如何に聞くべきか」
http://fomalhautpsa.sakura.ne.jp/Radio/MJ/1953-2/rittai-hoso.pdf

という記事が、「ラジオ温故知新」にアップしてあります。

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

Re:山水SM-11Bについて

 投稿者:田中/8  投稿日:2019年 1月25日(金)13時34分35秒
   こんにちは、皆さんありがとうございます。
SM-11Bは50年くらい前の山水のAMレシーバです。NHKが2つの電波を使ってステレオ放送を
実験したらしいものです。

現在、ワンコインで買ったFMチューナーをつないで時々聞いています。中身はAMチューナーが
2個と、6BQ5シングルのステレオアンプが入ったものです。
在庫を確認しないとわかりませんが、添付のものは手に入るようです。買って取り替えて見ます。
内尾さん、岩渕さん ありがとうございました。岩渕さんの写真のものは私も見ました。
部品が手に入りづらくなって困ることが多くなりました。市内で良く調達に行っていた店も
2年ほど前に閉店。相談すると何故か奥から出てくることがあった店なのですが。
 

Re:山水SM-11Bについて

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 1月25日(金)12時33分8秒
  すみません、追加です

小型のVRは、音量を絞った位置でギャングエラー(左右の抵抗値が違う)が大きいもが多いので音量を絞った位置で
使うことが多い場合は、高級な物を検討した方が良いと思います、私の使っているアンプもその傾向があり音源に
パソコンからのDACを使っていますのでアンプはVR2時方向で固定してパソコン側で音量を絞っています
 

Re:山水SM-11Bについて

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 1月25日(金)12時00分30秒
  田中さん、みなさんこんにちは

田中さんオーディオのVRでしたらこの様な物もあります、抵抗値の種類を見ると今回使われている物は販売してないようですが
オークション等を検索すると扱っている所もあると思います、私も使ってみようと思ったことが有るのですが私が持っている
アンプには高級すぎるのでやめました。
 

Re:エネループの中味

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 1月25日(金)09時09分32秒
  写真を見ると ここまでして偽物を作ることは無いと思います。
しかし本当に 意外な結果でしたね、北野さんの探究心には敬意を払います。
有難うございました。

なおエネループですが 規定回数充電できない感じがしています。
最近充電できないものが 沢山たまっています。
どうもおかしい。
充電器に問題あるのでは。
 

Re:山水 SM-11Bについて

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 1月25日(金)09時03分58秒
  山水 SM-11Bとは何者かは良くわかりませんが、真空管アンプであれば
音量VRは多分500KΩのAかDでしょうね。
回路にもよりますが グリッド電流程度しか流れないのなら16mmでも問題ないと思います。
ただ最近のものは品質が悪そうですね
 

山水 SM-11Bについて

 投稿者:田中/8  投稿日:2019年 1月25日(金)08時13分34秒
   おはようございます。

誤解を生じさせたようで、申し訳ありません。別途ご存知の方、教えていただけないで
しょうか。

 以前、メンテして問題なく動作するようになった 山水のSM-11Bですが
ボリュームもガリがあったので少々接点クリーナーを使用してメンテしておいたのですが
最近、久しぶりに使ってみると以前ほどではないですがやはりガリが気になります。
思い切って取り換えようかと部品を探していますが、現在手に入るのは小型の16サイズ
の物しかないようです。レシーバーに使われているのは500kΩA型の二連です。

小型の物を使って問題あるかどうかご存知の方教えていただけないでしょうか。
寿命が短くなるのなら複数個持っていれば良いかとも思っています。
 

Re:エネループの中味

 投稿者:磯田  投稿日:2019年 1月25日(金)07時38分38秒
  北野様 おはようございます。
大手販売店で購入されたものであれば本物であると思います。
やたら安い通販や海外製品を主に扱う店で格安の物には
よく見られるそうです。

中国の電池屋さんにはネット注文でオリジナルの
パッケージデザイン電池を製作してくれる所があるので
記念の配り物や販促には便利なのですが、
当然、大手メーカーのロゴを入れることすらも頼まれれば
平気でやっちゃうので偽物が絶えないみたいです。
 

Re:エネループの中味

 投稿者:北野  投稿日:2019年 1月24日(木)21時27分52秒
  磯田さん、こんばんは。
すみません。見落としました。
エネループの偽物があるのですか。
私は、いつも当地の大手家電品店から購入していますので、偽物ではないと思いますが
念のためじっくりと観察してみました。
単1、単2ともプラスチック及び金属の質・タブの質、形状・スポット溶接の仕方
絶縁物・固定のための充填剤等、細部に亘って調べましたが全て同一でしたので間違いないと
思います。
 

Re:エネループの中味

 投稿者:北野  投稿日:2019年 1月24日(木)20時14分30秒
  皆さん、こんばんは。

開けてびっくりの結果でした。
やはり、長年の経年変化で単セルのバランスが崩れてくるのでしょうね。
メリット、デメリットいろいろありそうです。
今のところ、はじかれたのは単2の1本だけですが、その内、また出てきそうです。
ついでに分解した単1は、問題はなかったので、ちょっと勿体なかったのですが
ショートしないように絶縁して、単3として、何かに使用しようと思います。
充電器はパナのBQ-CC25を2台使用しています。

最近は、色々な電池変換スペーサーが販売されていますが、単1用として単3を
2~3本並列にするものもあります。 持っているだけで、まだ使用したことは
ありませんが近いうちに試してみようと思います。

写真の充電池は15年以上前のものですが、先に紹介した電池容量試験機で
容量計測したものです。 1000mAh以下になったものは処分しました。
18年経っても、まだ十分使えるものもあります。

田中/8 さんの御質問は、私にはわかりませんので、どなたかお願い致します。
 

Re:エネループの中味

 投稿者:磯田  投稿日:2019年 1月24日(木)19時33分0秒
  パナソニックのエネループ単二は本当にこういう造りなのか疑問に思いますが、実際のとこどうなんでしょうか。
というのは、エネループ 偽物 で検索すると結構あるようなので、そう思った次第です。
 

Re:エネループの中味

 投稿者:秋場  投稿日:2019年 1月24日(木)17時32分41秒
  こんばんは

ニッケル水素電池の並列接続ですが、
あくまで同じ製造ロットの容量特性の選別がされた上で
成り立つ話だと思います。安易に真似するのはお勧めしません。

並列接続することで単セルで製造するより
内部抵抗も下がりそうですね。
特に大電流放電では有利になりそうですね。
ただ、故障率は??

並列接続では-⊿V電圧検出での充電停止は理論的にできないので、
充電器のタイムアウトとサーミスタの組み合わせで
制御していると考えられます。
 

Re:エネループの中味

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 1月24日(木)16時30分9秒
  今日は

情報有難うございます。
合理的に作っているのですね、知りませんでした。
微妙な電位差があるので 並列は駄目と思い込んでいたのですが、これは便利ですね。
以前も報告したのですが、我が家の掃除機 この方法で修理して 今日まで無事使えています。

我が家では
念のため ブレーカーまで組み込んであるのですが、これでは不要でしたね。
画像の下側 黒い塊がブレーカーです。
電池はコードレス電話用の3.6V 電池です。
@100円×4個
 

RE:エネループの中味

 投稿者:田中/8  投稿日:2019年 1月24日(木)15時15分59秒
  こんにちは 北野さん、電池の中身興味深く拝見しました。
成程、とも思いますが、繰り返しの充電回数少ないでしょうね。1本不良になると全体が
ダメになってしまうと思います。充電ドライバーの電池などもダメになった物は分解してみると
1本が不良だったことが多いです。だから、電動ドライバーは100V仕様を使っています。
電池の物は捨てました。定電圧電源に接続すれば使えたのですが。

 それと、昔、子供が小さい時、電池のおもちゃの電池を充電電池にして、コスト削減を
もくろみましたが、すぐにダメにされました。首をひねりつつ、不良電池を見ていると
マイナス側の電極が少し凹んでいることに気づきました。何かのはずみで「ドン」と
衝撃を与えられ電極が凹み、中でショートみたいになってダメになったみたいです。

 ところで、ついでに私の質問も書いてしまいますが、
山水のSM-11Bを時々使っていますが、前回整備してある程度使えるのですが
補修した500kΩ2連A型のボリュームの雑音が気になります。一時接点を洗浄して
見たのですが、取り換えを考えています。16ミリの物なら手に入りますが取り換えて
問題があるでしょうか。現在ついているものはオリジナルで24ミリの密閉型です。
手持ちには100Kの物なら同じ大きさの物はあるのですが、アドバイス宜しくお願いします。
 

エネループの中味

 投稿者:北野  投稿日:2019年 1月24日(木)12時23分45秒
  皆さん、こんにちは。

私の所有するラジオは、Tr式のホームラジオが多いので単1・単2のエネループを
かなり前から多用していますが最近、充電器側で、はじかれるものが出てきました。
新規購入する予定ですが、試しに、はじかれた単2形のエネループを分解してみると
なんと、単4サイズのものがスポット溶接で4本パラ接続されていました。
ついでに単1形も分解したら、こちらは単3サイズのものが3本でした。
共に外装はプラスチックです。

見た感じ、通常のスタンダードタイプのものが封入してあるようです。
単2形は  750mAh×4本 3000mAh
単1形は 1900mAh×3本 5700mAh
容量的にも一致するようです。

パラ接続による影響かどうかわかりませんが、くりかえし充電可能回数は
スタンダードタイプ単体に比べて、半分以下の約1000回となっています。
体感的には、この数分の1のような気がします。

別件ですが、電池の容量を放電して測定するものとしてアマゾンで
「HiLetgo® 2個セット ZB2L3 電池容量試験機」が販売されていますが
安価(880円)で、実用的なものです。興味のある方はいかかがでしょうか。
 

Re:ラジオ作りの動画

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 1月21日(月)21時50分19秒
  秋場さん、こんばんは

秋場さんの3R-STD画像UPして頂いてありがとうございます、内部配線は記憶から無くなりましたがフロントパネルは
うっすらと覚えています、バーニアも本格的な物を使っていましたね、私のは「ラジオ少年」で領布している物です
私などそれに加えて科学教材社の0-V-2をまねてスプレッドコンまで付けてしまい秋場さんに再生用バリコンと間違われ
ましたね

>短波を聞けるような改造ができると面白いのでしょうが

私は、この2球ラジオのアンテナコイルに0-V-2の短波用コイルを並列につないで、しばらく短波を聞いていました。
AF段が1段ですので0-V-2より受信音は弱かったですが結構上手く再生もかかり7MHzのSSBも聞けました。その時の
投稿写真は昔の此の掲示板にあると思います(私自身のファイルには残っていませんでした)
 

Re:ラジオ作りの動画

 投稿者:秋場  投稿日:2019年 1月21日(月)21時27分37秒
  こんばんは

10年程前に製作した3R-STD改の画像をアップします。
6AV6を5MΩのグリッドリーク抵抗でバイアスをきかせている点と
6AK6のグリッド抵抗をVRとする改造をしています。
電源トランスの一次側には0.01uFの
電源ライン用セラミックコンデンサを入れて
短いアンテナでも受信できるようにしていますが、
このラジオはあまり選択度は良くないです。
その為、バーニアをつけていますが少々勿体ない気もします。

短波を聞けるような改造ができると面白いのでしょうが
付属のバリコン(並列使用)はどうも怪しいです。
 

ラジオの音量について

 投稿者:中村メール  投稿日:2019年 1月21日(月)20時19分5秒
  内尾様今晩は、色々と教えて頂き有難うございました早速やってみます
又6L5の件有難うございますこれを色々と使用して見たいと思います
これからも宜しくお願いします。有難うございました。

http://www.2.i-yume.ne.jp

 

Re:ラジオの音量について

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 1月20日(日)21時27分37秒
  ラジオの音量が絞れないのは おそらくVRの不良と思います。

VRを0の位置(反時計回りで回しきった)でシャーシと中点の抵抗を測定すると区別できます。
多分数KΩ以上あるでしょう。
その場合 交換するとよいでしょう。


真空管の互換性は使われている回路にもよりますが、
単独で使われていて、さらにトランスつきの6.3V回路なら 差し替えて多分大丈夫と思います。
ただPPアンプの場合やヒーター電流が違うので(ヒーター直列での使用)
そのような使用の場合は注意が必要でしょう。
 

ラジオの音量について

 投稿者:中村メール  投稿日:2019年 1月20日(日)20時56分50秒
  内尾様、皆様、今晩は早速ですがナナオラ、ラジオNR-7M-61型の音量を完全にしぼっても                                                 かなりの音が出るのはどこが原因でしょうか、色々コンデンサーなど交換したですが
効果が無いですがどこが悪いでしょうか、教えて頂けないでしょうか宜しくお願いします。
又真空管の6L5の玉を6J5と差し替え出来るでしようか。教えて頂けないでしょうか宜しく
お願いします。
 

http://www.2.i-yume.ne.jp

 

卓上CDラジオの構成

 投稿者:設楽  投稿日:2019年 1月20日(日)19時04分26秒
   リサイクル店のジャンク品コーナーで見つけて購入したTEAC MC-DX32i の本体です。
電源とパワーアンプはサブウーハーに内臓されているので当然 動作未確認です。裏側の銘板を
見るとすべて英語表示なので海外向けの仕様であることが分かります。
気に入ったデザインなので、何とかラジオだけでも音を出せないかといじってみることにしました。

 幸いにもWebで回路図を見つけることができました。回路図と基板を見比べながらサブウーハーに
繋がる 9P DIN コネクタのピンアサインの特定をしました。その結果、電源は5Vと12Vが必要です。
PCの外付けHDDの電源が5V、12Vなので、これを使うことにしました。(後にトランス式に変更)
リード線にスズメッキ線をピン代わりにハンダ付けし、DIN コネクタに差し込みました。
電源プラグを差し込んだところ、液晶が時計表示になり、電源ボタンを押すとセンターボタンの
リング枠が青色に点燈し、液晶が iPodモードの表示になり、各ボタンの機能も正常に動作しました。

 AM/FMアンテナ、ヘッドホン出力にミニスピーカーを接続し、CD再生、iPod再生、ラジオ聴取が
可能であることを確認しました。ただ、AMの選局が10kHzステップになっているのには驚きました。
国際的な取り決めで全世界が9kHzステップだと思っていました。これでは、国内のAM放送の選局が
できません。回路図を参考に基板上のダイオードジャンパー設定を2本追加して解決できました。

 とりあえず、卓上CDラジオとして使えるようになりましたがリモコンも使いたいので学習リモコンに
TEACの番号をセットして試しました。二つのボタンぐらいしか反応がなく使い物になりません。
しかし、この機種のリモコンのメーカーカスタムコードが分かりましたので、反応があった近くの
データコードを総当りしiPod操作時のMenu、Selectボタンを除いてすべて解析できました。
各ボタンの機能を学習させ快適に使えるようになりました。

 ワットメーターによる消費電力は、電源オフ時1W、ラジオ聴取時 4W、CD再生時 6Wでした。

 今後、更に安全に使えるよう、電源ケース、9P DIN プラグの調達、12V電源がスタンバイオンに
なるようにリレー回路の追加などを行う予定です。
 

Re:ラジオ作りの動画

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 1月20日(日)11時15分50秒
  秋場さん、こんにちは

秋場さんが作られた3R-STDの写真も当時保管していたのですが、何処にしまったか見つけられませんでした。
同じころ久々に作った真空管ラジオ1R-STD(2R-STD相当)はスピーカーが日に焼けましたが
現在でも同じ姿を保っています

>製作されずにキットを取っておられるようでしたら付属のケミコンは捨てた方が良いですよ。

ご心配ありがとうございます、機会をみてキットを発掘し確認してみます、今の処、同時期に作った1R-STDとNEW AMP-1に
使われている電解コンは問題なく動作しています、特にNEW AMP-1は、今でもほぼ毎日4,5時間動作させていますが
音量音質に異常なく良い音を出してくれています、そのため予備機に購入した後継機のAMP-1DXは組み立てる機会が無く
これもお蔵入りのままです
 

Re:ラジオ作りの動画

 投稿者:秋場  投稿日:2019年 1月20日(日)00時22分18秒
  こんばんは

岩渕さん
よく覚えていらっしゃいますね。脱帽です。
チョークコイルにねじが通らない、シャーシのシャープエッジ、
グロメットが付属していないなど、多岐に亘る不備を説明しきれず、
説明書は完成させられていませんね、その点は正直、申し訳無いです。

3R-STDはかなり大幅な改造をして完成させましたが、
同時に出版された「真空管ラジオ製作ガイド」には
間違いや設計上の無理があり、殆ど役に立ちません。

私が製作した際に気付いたのは書籍の500kΩボリウムのシールドアースが
実態配線図がから欠落しており、そのまま製作しても完成しないことです。

オリジナルの回路図は6AV6のカソードに2kΩのバイアス抵抗がありますが、
この回路は低周波のゲインが高すぎて、殆どボリウムコントロールが
効かないという欠陥(不便)があります。
6AV6のカソードは直接アースし、
初速度電流によるグリッドリークバイアスで十分です。
大学生だった自分は勉強不足で
それをゼロバイアスと表現していましたが、間違いです。
このあたりは情熱の真空管アンプのぺるけさんのページに記載があります。

また、6AK6のグリッド抵抗を500kΩとすることで
音量調整を容易にするという改造を行いました。

追伸
製作されずにキットを取っておられるようでしたら
付属のケミコンは捨てた方が良いですよ。
国産の物に比べ、事前の漏洩電流測定で
数値が悪かったことを覚えています。
またプレート負荷の240kΩもワッテージの小さなものが
付属していました。この点は内尾さんも指摘されていたかと思います。
バーニアダイヤルとアルミパネルをつけた完成品は残っているので、
明後日以降に内部配線と回路図をアップしようかと思います。

明日は、修理の依頼で秋葉原に出向く為、対応が難しいです。

1/26は芝浦工業大学大宮キャンパスでの
「ラジオとオーディオの歴史 ~真空管や蓄音機の科学・技術~」に
参加の予定です。

今、こうしてラジオや測定機に目を向けて入られるのは
エレクトロニクスエンジニアの仕事を辞めたからです。
幸い、秋葉原のお店の方々に支えられ、
色々な"頼みごと"や"私にできる事"をお手伝いさせて頂いています。

自動運転、AI、社会の発展は大いに結構です。
しかし、秋葉原、東京ラジオデパートに行かれる方は気付かれているでしょう。
電子立国、日本の衰退を、

今まで当たり前に入手できると思っていた
単連Aカーブの東京コスモスのボリウムは実は受注生産品で
秋葉原の小売店(閉店した山王電子や三栄電波)は苦労して
販売してくれていました。
今まで買うだけの立場だった私は、
日本のエレクトロニクス産業とやらにホトホト呆れ果てました。
カラーコードも読めない園児ニアが先端技術です。

私は失われていく技術を守る立場の方が大事だと感じています。

https://extension-programs.shibaura-it.ac.jp/otc/716.php

 

Re:ラジオ作りの動画

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 1月19日(土)16時05分25秒
  >もう、10年近く前では無いでしょうか?

そうですね、年月が過ぎるのは早いもので、此の放送が私を又ラジオ作りの世界に戻したきっかけになりました。
当時の放送はVHSテープに録画したはずですが録画テープは殆ど処分してしまったので残っていません
また作っていたキットと内尾さんのホームページを見てWebショップ「ラジオ少年」の存在を知りました。

ところで、この頃秋場さんも不完全な「ラジオ少年」キットの組み立て説明書を作っていましたよね、昔使っていた
WinMeのパソコンに入っていると思うのですが、リチュウム電池が切れたためか起動しなくなり取り出せません

この頃の「ラジオ少年」のキットは、殆ど購入して保管してあり3R-STDも箱詰めのままです、記録を見ますと
平成25年の1月に真空管アンプキットの購入が最後になっています
 

Re:ラジオ作りの動画

 投稿者:秋場  投稿日:2019年 1月19日(土)12時11分6秒
  こんにちは

これはサイエンス・チャンネルですね。
このシリーズに内尾さんはでていなかったと思います。

内尾さんが出ている秋葉原のブラタモリは録画してありますが、
HDDレコーダーに入っている為、パソコンにコピーするには
キャプチャーケーブルが必要で抜き出せていません。
タモリさんがラジオ少年の3R-STDを製作していましたが、
あのキットは中々、大変なキットでした。
OPTを同一寸法の東栄変成器のトランスに変えると
音質が劇的に変化しました。(コア組みのせい)
もう、10年近く前では無いでしょうか?
 

ラジオ作りの動画

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 1月18日(金)13時58分30秒
  みなさんこんにちは

今日は時間に余裕が出来たので動画鑑賞をしていました。内容は古い動画ですが、メイドさん役の2人がラジオを作ると言う
物です、今の秋葉原とは違うのでしょうが、私にとっては記憶にある秋葉原でした。シリーズものらしいのですが、検索で
全てを見る事が出来ませんでしたが内尾さんも出ていらしたのでしょうか?歯抜け鑑賞ですが作っていたのは真空管ラジオです
 

re: Edyの翻訳

 投稿者:斎藤  投稿日:2019年 1月16日(水)19時31分48秒
  ありがとうございます。
私もEdgeに翻訳プラグイン入れてますが、
グーグル翻訳より上手でないので、
利用率低めかもですねー
さくっと見たいとき、使用してます。
これのグーグル版があればとおもってます。
 

Edyの翻訳

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 1月16日(水)14時27分12秒
  書き忘れましたがEdyの翻訳はアドオンでアプリをダウンロードしなければなりません、拡張機能を選択すると翻訳の他
色々な便利アプリを表示しますので必要な物をダウンロードしてください、殆ど無料です
 

Re2:面白い商品の探し方

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 1月16日(水)14時21分21秒
  >無謀にも、タオバオみようとして、中国語なので挫折しました…

Webページの翻訳は、Edyの場合画面上部アドレス表示窓に拡張機能で付けられますよ、完全な翻訳ではありませんが
少しは理解できます、中国語以外に英語など色々設定できます、設定は上部右の...をクリックすると出てきます
 

Re:面白い商品の探し方

 投稿者:斎藤  投稿日:2019年 1月16日(水)14時13分6秒
  題名忘れてました。すいません。

)ちなみに電気関係なら写真2枚目の様に産業・研究
)開発用品になっている所が多いです、あと価格的に
そう、カテゴリがよくわかんなかったですねー…
ホビーなのか、家電なのか、開発系なのか。
無謀にも、タオバオみようとして、中国語なので
挫折しました…
 

/382