投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


re:清き1票を

 投稿者:梅田  投稿日:2018年11月27日(火)15時23分15秒
  岩淵さん
ありがとうございます。
あのフォームで結構です。
メールアドレスのほかに各項目に
チェックをいれなければなりませんが、
わたしは適当にチェックをいれておきました

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

re:清き1票を

 投稿者:梅田  投稿日:2018年11月27日(火)15時17分44秒
  内尾さん
ありがとうございます。
他の項目は適当にチェックしておきました
本当はそれぞれアクセスして中を見るのが
よいのでしょうが……

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

Re:清き1票を

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月27日(火)14時26分12秒
  梅田さん

素晴らしいですね、投票しようとしたのですが、
他の項目も記入しないと駄目のようですね。
どうするか悩んでいるのですが ヒント有りませんか?。
 

Re:清き1票を

 投稿者:岩渕  投稿日:2018年11月27日(火)13時19分6秒
  梅田さん、こんにちは

梅田さんの資料には何時もお世話になっています、ご依頼のページ此方でよろしいでしょうか?
私も1票入れさせていただきました。
 

清き1票を

 投稿者:梅田  投稿日:2018年11月27日(火)12時33分10秒
  10年以上前からやっています「ラジオ温故知新」とは別に
同じ頃から、科学(人文科学・社会科学・自然科学など)の
古典を読みやすい形でインターネット上で提供する
「科学図書館」http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/science/scilib.html
というものもやっていますが、このたびこの「科学図書館」が
「電子出版アワード2018」http://www.jepa.or.jp/pressrelease/20181126/
の「スーパー・コンテンツ賞」にノミネートされました。
つきましては、ノミネートされた「科学図書館」に皆様の投票を
御願いいたしたく思います。締め切りは12月7日(金)23:00です。
投票は
https://docs.google.com/forms/d/1s2d4iLN6P0hxt2dTs5aXR-inwbtrF9HSVUsBD_JGUzY/viewform?edit_requested=true
のサイトを開き、科学図書館にチェックをしていただくだけです。
よろしく御願いいたします


http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

Re:脅迫メールにご注意

 投稿者:岩渕  投稿日:2018年11月26日(月)15時37分27秒
  内尾さん、こんにちは

掲題の記事、私も読みました。かなり数のメールが配信されていたようですね、被害額も大きいですが一つ心に思ったのは
被害にあった方々が送金してしまう程の経験があったと言う事でしょうか?

内尾さんの様に経験や記憶が無い方は笑い話や嘘のメールと判断するのでしょうが、その手のサイトはネット上に充満して
いて見た事の無い男性は数少ないと言う事だと思います、その気が無くても、それに近いバナーが貼ってあって男性の気を
引きます、それを悪用する事はオレオレ詐欺に近い犯罪で許されないと思います、記事にも書いてありますが「成功すると
分かった手法は何度も繰り返される。手口を知り、だまされないようにすることが対策になる」と言う事で此の手のメールが
来たらもう一度冷静になってみる事だと思います(ただしオレオレ詐欺と違って誰にも相談できない弱点がありますね)

 

Re:脅迫メールにご注意

 投稿者:星野  投稿日:2018年11月26日(月)15時29分14秒
  "仮想通貨をだまし取る詐欺被害" ですか。
私はゲンナマ主義なので、脅されても払えません。
仮想通貨サイトからメアドを盗んだのでしょうか?
 

脅迫メールにご注意

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月26日(月)13時17分0秒
  我が家にも何通かきました。
皆さんご注意ください。
相当被害が出ているようです。
何しろ自分のメールアドレスで送られてくるので気味悪いです。
当方は自作パソコンでカメラが無いので 脅しと直ぐ判明するのですが困ったことです。

XXXXXX

産経の記事
「アダルトサイト閲覧姿を録画」で脅迫
翻訳ソフトを使ったのか、不自然な日本語が並ぶ(トレンドマイクロ提供、
画像の一部を加工しています)
10月26日に確認された偽メールの文面。翻訳ソフトを使ったのか、
不自然な日本語が並ぶ
 「アダルトサイトを閲覧している姿を録画した」
などと偽メールを送りつけて仮想通貨をだまし取る詐欺被害が相次いでいる問題で、
10月中に国内で約1千万円相当の被害が発生したことが25日、分かった。

以下省略
 

Re:hallicrafters S-38Cの修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月25日(日)15時07分42秒
  秋場さん

IFTの修理は面倒でもやった方が良いですよ。
端子の半田付けを外すのが大変ですが、
IFTそのものは画像の固定金具(色違いの部分)
を―ドライバーで外側に外せば簡単です。
 

BCLラジオのAFC

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月25日(日)09時29分44秒
  ICF-5600のヌルランプの話題が出ていましたが、
FMラジオでは殆どAFCが付いています。
これは受信中に局発がずれて受信できなくなるのを防ぐためです。
普通はAFC ON OFFのスイッチが付いています。
以前5800の修理をした時
このスイッチを ON OFFしても変わらないことがありました。
AFCがおかしいと思い 調べたのですがAFCそのものは大丈夫です。
基板の端子で測定し スイッチも正常です。
悩んだのですが、メイン基板だとスイッチ不良と判断、
結果的にサブ基板の半田付け不良でした。
リード線が引っ張ると簡単に抜けたのです。
(サブ基板側は何も変化が無いが、配線は簡単に抜ける)
普通は使わないことが多いので気がつきませんが、注意が必要です。

5800の修理例は
http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/bclradio-repair/5800.html

57357
 

Re:hallicrafters S-38Cの修理

 投稿者:秋場  投稿日:2018年11月24日(土)21時25分39秒
  こんばんは

コンデンサー挟みこみ型のIFT不良はイヤらしいですね。
私も雑音の原因がIFTとわかっているもののカシメてある為
そのまま放置しているRCAのトランスレスラジオがあります。
結合コンデンサー内臓の複合部品をディスクリートに置き換えて
音がでるのようにはなりましたが、たまに周波数が飛びます。
直すのに手間がかかるのでIFTは放置状態です。

別件のトランスドライブの真空管として
C3gを考えています。
三結時の内部抵抗が2.3kΩでμがなんと40もあり
価格も2本で3000円でした。
ドイツの郵政省の放出品ですが、メタルで人気がないのか比較的安価です。
面白いものができそうです。
 

ICF-5600のヌルランプが、短波で点灯

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月24日(土)13時38分8秒
編集済
  今日は 朝から何時ものように秋葉原に出かけていました。
帰って見たら 怪しげな名前での書き込みがあり吃驚。
削除しました。

この掲示板は 表題に記載のように実名でお願いしています。
これは怪しげな書き込みを防止する為です、どうぞ当方のルールに準拠して書き込んでください。

なお名前は不真面目ですが、質問は真面目ですので 一言。

ランプの点灯はAFC電圧(と共通の)を利用しています。
検波回路が正常に調整されていないと正確には動作しません。
さらにランプ点灯回路の不良もありますので、注意を。

またランプをLED化する人がいますが、ランプと同じ動作は期待できません。
質問には書いてありませんが、LED化すると、異常な点灯もします。
これで困った実例があります。
BCLラジオを大量に販売している お掃除名人の作品です。
hehexxxさん
下記です。
結果的に壊されていた5600(2017年10月1日)
http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/bclradio-repair/5600.html
11114
 

すいませんルール違反でした。

 投稿者:ゆきだるまメール  投稿日:2018年11月24日(土)10時10分27秒
  すいません。投稿者名は実名という規則をよく確認しないで、ハンドルネームで投稿してしまいました。申し訳ありませんでした。

先の投稿は、削除してください。

申し訳ありませんでした。
 

hallicrafters S-38Cの修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月24日(土)08時51分38秒
  日立製作所の同期入社の友人から頼まれて 首記ラジオの修理をしました。
通電しても 微かに雑音(かり かりと断続的に)がする程度でした、
出力管のグリッドをアースするなど調べてゆくと、最終的に検波段のIFTが怪しそうと判明。
オシロスコープを接続してみると 雑音波形が見えます。
このような時はオシロスコープは本当に役立ちます。

詳細は下記

http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/ham/hallicrafters-s-38c.html
(21)
 

5900のFM受信不良

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月22日(木)18時59分36秒
  急にFMが受信できなくなったという5900の修理です。

まず FMのチューナー回路のTRを疑い まず交換しました。
ところが 一向に解決しません。
関連する回路の半田を外して 部品を個別に確認して行きました。
やっと見つけたのがダイオードの不良でした。
半田を外してみると ガラスが割れていました(破片 半分紛失)。
常識的には 割れるような場所では無いのですが、不思議です。

なお5900の修理例は下記に(今回分の記載はありません)

http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/bclradio-repair/5900.html

 

Re:段間トランスについて

 投稿者:津田  投稿日:2018年11月21日(水)20時19分34秒
  内尾さん、記事の掲載、ありがとうございます。当時は腕もなく、資金もなしで眺めていただけでした。私も昔を思って「STAR高1付き3バンドコイルを用いた電蓄」をつくりました。ここにのせてあります。http://www.geocities.jp/mjseisaku3t/  

Re:段間トランスについて

 投稿者:秋場  投稿日:2018年11月18日(日)23時30分52秒
  こんばんは、秋場です。

内尾さん
記事のフルアップ有難うございます。
今日は秋葉原に行っていました。
東栄変成器さんにお願いしていたトランスの引き取りと
池ノ谷ラジオさんのところで少々お買い物をしてきました。

実際にトランス屋さんに聞いてみましたが、
やはり1:3のトランスでも真面目につくると相当難しいようです。
自作には巻き線機を自作する必要があると考えています。
それも0.1mmクラスの線を綺麗に送る線送り機構が必要で
今のところ、壊れたLDプレーヤーのピックアップレンズの
移動機構を流用できるのではないかと思案中です。
ギアによって、単一1.5Vの電圧でゆっくりと移動する構造です。
あとはゆっくり線を切らないテンションでの巻取りができれば
数千回巻くのも無理ではないかなと思います。

池ノ谷ラジオではミズホ通信の高田OMの話が出ました。
電話や手紙で親切にアマチュアの質問に答えられていたと
お客さん同士での話になりました。

本題の段間トランスのラジオについては
低周波段と電源部の構成を考えてみます。
しばらく、アンプづくりにのめりこんでいた関係で
長真弓さんの真空管アンプ設計製作自在という本を参考書にしていました。
ラジオの本ではないですが、現在でも比較的容易に手に入ることや
計算方法がよく載っているので何時も使っていました。
 

Re:段間トランスについて

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月18日(日)08時53分10秒
  お早うございます。
秋場さんの思い了解です。
低周波部分に重きを置いて復元されることを希望します。

皆さんの議論のためにも、
記事の原文を紹介したほうがよさそうなので、下記に追記しておきました。
参考にしてください。
6ページ分あります。
http://radio.eucaly.net/siryou/kiji/RO-1950-11-2A3PP.html
 

いわゆる「カンマツ」ですね

 投稿者:梅田  投稿日:2018年11月17日(土)23時45分43秒
  内尾さんの書かれている

>23年は6WC5や6ZDH3が売り出された時期で、戦前の残り物の真空
>管と(今から見たら粗悪)部品で組み立てたものです

と云うのハ、秋葉原で売られていたマツダのスタンプを
押したいわゆる「カンマツ」のことですね。

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

Re:段間トランスについて

 投稿者:秋場  投稿日:2018年11月17日(土)13時38分12秒
  みなさま、こんにちは
秋場です。
具体的にうまくいったトランスメーカー・部品名などの経験情報や
巻き方のアドバイスなど大変参考になりました。
材料はたっぷりあるので、自作については更に研究してみたいと思います。

内尾さんの仰る通り、あまり精巧な復元は考えていません。
僕があくまでトランスのドライブに拘るのには色々な事情があります。

①自分でやったことがない・やってみたい。(趣味の範囲で)
②死蔵部品の活用(3連VC・RFスーパーコイル・多球ラジオ用シャーシ等)
③トランス設計・製作の大変さ(OPTを正相の手巻きで巻いています。)
④近年のトランス屋さんの廃業の多さ(ISO・ノグチなど)
⑤努力する事の大切さ

特に③、④はトランスに限った話ではなく、
アナログ回路設計全体の衰退を私自身が会社で感じた為です。
トランジスタをマイコンのポートのスイッチとしてしか使えない
若手後輩エンジニアを見るうちに"本質的な増幅の探究など"に
改めて自身の視点を向けたくなりました。

秋葉原の部品屋さんの閉店が増えていることも関係しています。
小学生時代に6石スーパーからゲルマという変則順でラジオを作りましたが
今、こうして電気に関わる仕事についたのは、
秋葉原で代々、営業してきたお店の人たちのお陰だと思っています。
「PA-63Rっていうバーアンテナありますか?」と聞いたときに
塩谷無線のおじさんは
「あ~あるよ。260pFのバリコンはそこにあるだろう。笑」と
優しく教えてくれた事を今でも覚えています。
他のお店でも、色々な思い出があります。
ある意味"育ててもらった"と今は感じています。
いまの大学の講義で得られるものは技術のさわりやホンの一部です。

⑥の努力する事の大切さ
いま本当の意味で、最後のアナログ回路設計者も
製作記事等から同じような道で人生を歩んできたのでは無いでしょうか?
「ラジオを作った事の無い自分の後輩達にラジオを作ってみないか?」と
誘いをかけた事があります。
自動運転技術やAI等の先端技術のエンジニアが
自分では"ゲルマラジオ"すら作れない。
この事の危機感をふとした瞬間に感じたのです。

時代は"便利"になりました、しかし"不自由"になったとも言えます。
「どうやったらできるのか?」を自分自身や有志で追いかける事を
今一度見つめ直したいのです。
 

段間トランスについて

 投稿者:三好  投稿日:2018年11月16日(金)14時08分16秒
  皆様、今日は、涼しさも通り越し寒い日々となりました。
さて、秋葉様、珪素鋼板についてご勉強になったとの事ですが、電気用珪素鋼板につきましては
戦後、暫くした頃、時の八幡製鉄が開発したのではなかったでしょうか。とにかく製法は当時
門外不出で特許も取らず、見学者も制限していたということを読んだか聞いたことがあります。

また、アモルファスにつきましても、私の勤めていた所に、数千キロのトランスを納入した時
立ち合いで来られていた変圧器メーカーの技術屋さんは「あれは難しい」と言っていたのが印象に残っています。

古い記憶なので間違いもあるかと存じますが鉄芯の話題が出ていたので、ここに書かせていただきました。
 

Re:段間トランスについて

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年11月15日(木)08時37分50秒
  折角自作するのですから、良い物を作りましょう!
巻き線比が1:1×2なので、下記提案。
1.3本を同時に巻いていく。
  但し、巻き線間に「プレート電圧+バイアス電圧+交流信号」の電圧が掛かるので、
  キズ付けない様に丁寧に揃えて巻く。
2.これで、McIntoshに負けない製品になる?
  MC275、 MC240、 MC60

http://amp8.com/

 

Re:段間トランスについて

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月14日(水)22時50分57秒
  三好さんの意見のように 結構再現は難しいと思います。
特に固定バイアスは とりあえずは 止めたほうがよさそう。
動作に自信がついてから改造したほうが無難。
(カソードバイアスの方が出力は多少 小さいが 回路的には安心できる)

戦後 物不足が激しい時代 ラジオ用品が少し出回り始めた時期のラジオです。
23年は6WC5や6ZDH3が売り出された時期で、戦前の残り物の真空管と、
(今から見たら粗悪)部品で組み立てたものです。
当然 トランスは自作していたようです。

あまり 真剣に回路図どおりの復元を計画されない方が無難と思いますが・・・。
 

段間トランスについて

 投稿者:三好  投稿日:2018年11月14日(水)21時06分3秒
  皆様今晩は、段間トランスについて皆様方のご意見を興味深く読ませて頂きました。
今回は趣旨から外れた製作記ですが私も2A3のプッシュプルを組み立てた際、
段間トランスについては色々と苦労さされました。
特にドライバー管は2A3とのルックスを考え76、1本でドライブする事とし
製作記事を参考に段間トランスを探しかけたのですが、その頃は既に入手困難で
先ず、誠文堂新光社の3極管アンプの製作、62ページ「2A3PPトランス結合アンプ」を
参考にLUXの3656Pを使って作って見ましたが思うような成績も出ず、原因はやはり
ドライブ不足と考え、適合すると思しきトランスは、ソルダーソンのT-9004や
UTCのHA-106が適合ではないかと考え、無線と実験の「売り、買い」欄で捜した結果
HA-106が入手できました。早速載せて試験の結果、非常に出力も上がりコーラルの
12インチスピーカーを朗々と鳴らす事ができました。
余談ですが固定バイアスも試して見ましたが,最初に使った2A3は真空度が
低下していたのかバイアスも確認し、用心深くスイッチを入れましたが、
その瞬間、物凄い音がして球の中は溢れんばかりのグローでした。
もう一台、807のPPを持っていますが、これは固定バイアスです。
しかし、やはり怖くあまり良い気持ちが致しません。

 

(無題)

 投稿者:JA4FHB  投稿日:2018年11月14日(水)17時06分13秒
  内尾様のUPされた回路図を拝見すると「2A3」をドライブしている段間トランスは
ドライバー管「76」のプレートからコンデンサーで直流カットで接続されているおり
トランス巻き線に直流は流れず磁気飽和は起きないですね。

「2A3」のグリッド側はP-P接続なので例えグリッド電流が流れても相殺されて影響が
なさそう。


 

Re:段間トランスについて

 投稿者:秋場  投稿日:2018年11月14日(水)15時34分11秒
  内尾さん
まったく同じ回路図です。アップ頂き有難うございます。
原典は「ラジオと音響」昭和25年11月発行第四巻第十一号です。

今回、内尾さんの修理記録も参考になりました。
http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/repair/201atrf.html
西崎電気に巻き直し依頼をしたが、隙間だらけで2000回しか巻いていなかった
この記録で当時と現在のコア材差に違いがあるのは薄々感じていました。

学生時代、珪素鋼板については少し勉強しました。
ただ、10年前の大学の先生方も電力系の方が多かった為、
日立のファインメットのようなアモルファス系材料までは
自分で調べるよりなかった記憶があります。
そういえば、日立はレアメタルのネオジムに頼らずに
アモルファスとフェライト磁石によるアキシャルギャップモーターで
電気自動車のモーターを開発していますね。
成長産業だと思いますが、難点も多いようです。

断線している2A3用段間トランスでも入手して
実際の巻き線構造など調べてみるのがてっとりばやい気もします。
髪の毛よりも細い線がうんざりする程巻いてあるのでしょうが、、、
 

Re:段間トランスについて

 投稿者:内尾  投稿日:2018年11月14日(水)14時57分37秒
  回路図が無いと 議論しにくいでしょう。
この回路と思います。

なお専門的なことは判りませんが、当時のコアと最近のコアでは違いがあるようです。
当時のものに比べ 最近のコアはより 巻数も少なくてすむようです。
これが少し小型にできる秘密らしい。
 

RE:段間トランスについて

 投稿者:秋場  投稿日:2018年11月14日(水)14時35分40秒
  こんにちは
御回答有難うございます。

津田さん
御無沙汰しております。
改めて雑紙面を確認しました。
仰るように、固定バイアスのマイナス電源でした。
質問上の誤記、失礼しました。
12Fアノードからの供給でオイルコン使用の為
回路図にコンデンサの極性表記がなかった為、うっかり間違えました。
今ならダイオード1個で済むところですが、
C電源も大変な時代だったようですね。
低周波段でも6ZDH3Aではなく6B7が使われていました。
(まだ発売されてなかったのかもしれません。)

JA1MDNさん
御回答有難うございます。
実はトランス巻きの練習をしています。
断線したハモンド125Dのトランスコアを分解して
5球スーパーレベルの出力トランスを巻いています。

信じがたい事ですが、元のトランスを分解したところ、
シングル用のパッドジョイント(EIコア積重)でした。
シングルトランスをEI交互のラップジョイントとした場合は
聴感上、はっきり分かるほど音の悪さの問題がでますが、
(実際、ラジオ少年のキット付属の出力トランス使用等での経験です。)

プッシュプルでの使用が前提であれば、
相殺効果によりパッドジョイントでも問題ないのでしょうかね?
元々、このトランスはHi-Fi用ではなく、
周波数の帯域もかなり見劣りするものです。
http://www.hammondmfg.com/5caud.htm

この当時の、電畜等の製作記事を見ていて思うのですが、
段間トランスによる位相反転ドライブが必要なのはAB2級~B級増幅など
グリッドの正領域まで強力にドライブする必要がある場合や
グリッドリーク抵抗の大きさに制限の有る場合位ででは?と感じています。
間違いでしたら申し訳ありません。

後はこういった製作記事を何人が真似できたのかも疑問ですね。
今、現在2A3も高いですからラジオに使おうとは思いません。
手持ちのある46あたりで実験してみようと思います。

重ねてお礼申し上げます。
 

RE:段間トランスについて

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2018年11月14日(水)08時30分6秒
  オーディオトランスの直流重畳で使用するばあい、磁気飽和対策をする。
EIコアーの場合はEI型として、髪一重の隙間を作る。
但し、プシュプルで使用する場合は、相殺するので、対策不要。
自作するのでしたら、2次巻線は独立が良いです。
独立にすると、バイアスが独自に設定出来ます。

http://amp8.com/

 

RE:段間トランスについて

 投稿者:津田  投稿日:2018年11月14日(水)07時44分10秒
  「ただ、2次側はセンタータップに12Fと数段の抵抗・コンデンサによる
平滑回路を経て、+電圧が印加されています。」と書かれていますが、これは固定バイアスで-電圧と思います。
 

/376