投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


SONY AC-110 アダプター

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月18日(土)21時09分57秒
  首記アダプターで電圧が出ないので 分解して調べてみました。
4隅を鋸で切って 無理やり ドライバーを差し込み 壊して 分解しました、結構大変でした。
途中で断線しているとのの予想でしたが、全く違いました。
どこかでショートしているのです。
非常に珍しいです。
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月18日(土)20時31分10秒
  今晩は

トラッキングはうまく取れているようですね。
当方のものは 簡単にはトラッキングが取れず 苦労しました。
なかなか見事ですね。


なお6BE6の電圧が元の回路だと高すぎる感じなので、下げる工夫はしました。
ただ 自分のものなら そこまでする必要は無いかも知れません。
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:  投稿日:2019年 5月18日(土)18時26分31秒
  こんにちは。

画像の通り各電圧を測りました。

また、コイルに5円玉は入らないので、画像の真鍮ネジとフェライト棒を入れて確認しました。

MWは600KHzで試したところ、どちらも電圧が高くなるので問題無さそうです。
SWは4MHzにて試したところフェライト棒を入れると若干電圧が低くくなります。(真鍮ネジの方は電圧が高くなります。)

JA1MDNさん、アドバイスありがとうございます。
画像の様なバリコンですが、試してまた報告させて頂きます。
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月18日(土)09時15分46秒
  ja1mdnさんアドバイスありがとうございます

時間がある時にでも調整したいと思うのですが、実用的に問題ないのと飼い猫が飛び降りて後ろに落としてしまうので
写真の黄色部分の2台の足を強力両面テープで固定していて、剥すのが面倒で躊躇してしまいます(先日は電圧測定で
無理にSR-100の足の所をはがしてみましたが)
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2019年 5月18日(土)08時22分9秒
  大分追い込んでいますね!
下(5~15%)と上(85~95%)の位置が決まったら、
真ん中(45~55)の所はバリコンのローター(回転部)の1番外側を、
広げたり・狭めることで、調整すると良いです。
昔の大型バリコンは、ミゾが切って有り(3ヶ所位)ましたので、大分楽でした。

http://amp8.com/

 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月18日(土)08時20分2秒
  原さん、おはようございます

原さんのSR-100は目盛と周波数が合っていますね、私の物は最も後期型なのでパネル目盛とバリコンの変化曲線が
合っていないのかもしれません
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:  投稿日:2019年 5月18日(土)08時06分41秒
  こちらはSWです。  

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:  投稿日:2019年 5月18日(土)08時05分40秒
  おはようございます。

昨日の画像を編集して再度アップします。
こちらはMWです。

コアに調整棒を入れてどうなるか今晩時間があれば試してみようかと思いますので、またご報告させて頂きます。
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月18日(土)07時09分10秒
  みなさん、おはようございます

私もBC帯だけ測定してみました。ダイアルの下限と上限は大体合っていますが中間は、かなりずれています
この状態は昔合わせたままですが、中間を無理に合せると下限がかなりずれたと思います、これを正確に
合わせようとしましたが発振コイルの調整ねじをいじりすぎてドライバーを刺すマイナス部分を壊してし
まいました。

それよりも最近は周辺ノイズに悩まされています、同調を外れた所でも写真1枚目の様にSメーターがかなり振れる位の
ノイズを受信しています、これでは強力な放送を受信してもノイズを含んだ音になってしまっています、この状態は
バーアンテナで受信している自作の4球ラジオではノイズが少ないのですが初期変動で目覚ましに使えません、昔と
違い周りにはパソコンやら常に電源が入っているスイッチング式ACアダプターが転がっているのであきらめています
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月17日(金)17時06分43秒
  原さん

情報有難うございます。
残念ながら 画像が小さくて 判別が難しいです。

どうも個体差が酷いようで、個別に対応するしかないですね。
目盛りをあわせた後 トラッキング調整はうまく行きましたか?。
今回は 磁気コアの破片をコイルの中に入れないと駄目でしたね。

先ほども記載しましたが、6BA6のKの電圧をアナログテスターの3Vレンジで
測定すると 微妙な調整ができます。
もっともその前に調整棒を入れて 観察しますが。
調整棒とは
下記をご覧ください。
http://radiokobo.sakura.ne.jp/R/w/memo.html#memo18

調整後の感度は普通の5球スーパーと同じ程度の高感度になりました。

原さんのものはいかがですか。


 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:  投稿日:2019年 5月17日(金)13時13分21秒
  連続投稿ですみません。
こちらはSwの画像です。
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:  投稿日:2019年 5月17日(金)13時10分31秒
  内尾さん、岩淵さん、こんにちは。
こちらでは岩淵さんにSR-100Kの取説を送付してもらった時以来の書き込みです。

昨晩、私が持っているもう1台のSR-100Kを久々に通電し、再度トラッキング調整してみましたのでご報告します。

このSR-100K標準回路のままで定数は変更してません。MWは600KHzと1400KHz、SWは4MHzと9MHzで調整を行いました。
(右下の小さな箱は自作のSGもどきですが、最近のアンリツ製SGで校正してます)

バリコンの容量カーブと目盛りにズレがあるのでしょうか?(個体値のバラつきや、組立方なども要因してるかもしれません)
MW、SW共にダイヤル指示で30度あたりから60度付近まで少しズレがあります。
バリコンのANT側とOSC側の結線を入れ替えたら多少変わるかもしれませんが、標準的な5球スーパーラジオと同じような回路のキットですので、ダイヤル表示はこんなものかなと思っております。

各電圧については時間がある時にチェックして、機会があればまたご報告させて頂きます。
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月17日(金)08時51分0秒
  お早うございます。
このラジオは3台目ですが、その都度様子が違うのです。
バリコンの容量カーブも違うのかも知れません。
今回はパディングの容量は回路図どおり500PFにしました。
コイルとバリコンの容量から推定すると430PFが正解なのでしょうが、
うまくゆきませんでした。
それに普通のセラミックコンデンサーが使われていたので 温度補償品に置き換えました。

まず目盛りあわせを終わらせましたが、高い周波数はトリマだけでは合わせられず、
固定コンデンサーを追加しました。
18PF以下は ほぼ1から2PF毎に温度補償コンデンサーの在庫があるので、
何度か挑戦して 最適解を見つけます。
目盛りが合ったあと、RFコイルのトラッキングですが、
磁気コアの破片をコイルに入れて 調整しました。
磁気コアを入れないととても感度が悪いです。
周波数の高いほうも 同じように調整です。

なお 調整は6BA6のカソード電圧をアナログテスターの3Vレンジで読んで行います。
この方法でないと微妙なピークがわかりません。

http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/trx/SR-100.html
 

Re3:スター SR-100の修理

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月16日(木)21時23分15秒
  内尾さん、こんばんは

レスありがとうございます、SR-100の局発が変動しない様に見えるのはIFTも関係するのですね
そう言えば4球ラジオの方は、簡易型ではありますが15KHz幅のメカフィルを入れたので変動が
判りやすいのかもしれません、そうだとすれば別な方法で局発を安定に発振できる回路を考えて
見たいと思います

それから私もSR-100の電圧を測定してみました。電源トランスのB電圧と整流後の電圧は内尾さん
の測定より低いですが平滑後の電圧はあまり変わり無いようです、私のSR-100は製作当時のCQ誌で
改造記事が掲載されていてアンテナトリマーをコイルの上に乗せたのとSメーターを付けました。
Sメーターの回路は一般的なIF増幅のカソード電圧を読むタイプです

内尾さんが言われるように此のSR-100の設計は確かにいい加減ですね、製作当時に作ったTRディップ
メーターと周波数カウンターを使って目盛合わせを何回も行ってみましたが、どうしても合わずに
中波は通常使う1,000KHz辺りと短波は7MHz辺りで合わせて妥協してしまいました。
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月16日(木)19時53分24秒
  岩淵さん

局発が浮動しませんか、気がつきませんでした。
そのまま受信できるのは IFTが比較的広いせいかも知れませんね。
率直に言って このラジオ相当いい加減なラジオです。
安定化の細工がしてあるとはとても思えません。
実は先日報告した 回路で 各部の電圧が異常なので、改良をしていました。
6BE6や6BA6のG2電圧が異常に高いのです。
回路を改造して 常識的な電圧になるよう改良しました。
添付配線図参照ください。

特に6BE6(G2と4)にはドロップ抵抗8.2KΩを追加しました。
平滑回路の抵抗は表示は2KΩでしたが4.7Kくらいに変化していました。
これは5.1Kの抵抗に交換しました。
6BA6のGとPの供給回路は2Kから8.2Kに変更しました。
 

Re2:スター SR-100の修理

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月16日(木)07時23分40秒
  内尾さん、おはようございます

SR-100、調整も終わった様でお疲れ様です

SR-100に付いて一つ質問があるのですが、それは電源投入初期の周波数変動に付いてですが
此のラジオを目覚ましラジオに使っているのは電源が入った後の周波数変動が殆ど無い為です
初め前に作った4球ラジオを使ってみましたがタイマーがONした後、4球ラジオでは数分後に
同調が外れて受信できなくなります、局発コイルにTR用コイルを使っているのが原因かと思い
No88コイルを使ってみましたが変わりませんでした。

他に考えたのはSR-100と4球ラジオの違いと言うと動作電圧です、4球ラジオは6BE6を210Vで
動作させていますがSR-100は100V位です、この辺りも初期変動に関係するのでしょうか?
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月15日(水)21時55分53秒
  今晩は

調整も済ませて 最終的に電圧を測定してみました。
どうも少し電圧が高すぎる感じです、修正すべきか悩んでいます。
(スクリーングリッドの電圧)

なお 2枚目の画像は調整用に使った温度補償型の小容量コンデンサーです。

http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/trx/SR-100.html
 

Re:スター SR-100の修理

 投稿者:岩渕  投稿日:2019年 5月14日(火)20時54分28秒
  内尾さん、こんばんは

SR-100の修理お疲れ様でした。ハム音が酷かったとの事、了解です

SR-100は、此方の掲示板でも時々「VRが絞れない」で登場する私の常用目覚ましラジオです
確かにダイアル目盛は合いません、パッティングコンデンサーが固定のため程々であきらめ
ています、先日は10年近く前に此方の掲示板に投稿されて組み立て説明書を送った方と
鈴木さんの「みんなのラジオ掲示板」でSR-100のお話しをしたばかりです、その方はシャー
シーを再メッキされてレストアーされていました。

掲載写真はその時に投稿した物をDLしてきました。実は先日、私の製作写真を保存していた
HDDを誤ってボリューム開放してしまい全て無くしてしまいました。皆さんも保存HDDの取り
扱いにはご注意ください
 

スター SR-100の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月14日(火)16時31分34秒
  こんなものの修理を始めました。

元々コイルメーカーの製品なのですが、目盛りあわせに苦労しています。
今まで 2台修理したことがあるのですが、想像以上に嫌らしいですね。
同じ機種を修理した人いませんかせんか?。

過去の修理経験は下記。
http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/trx/SR-100.html
 

お薦めの無料ホームページ

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2019年 5月13日(月)19時15分11秒
  大手が、撤退傾向にあるので、大容量の個人のHPは大変ですね?
まず、第1に容量無制限+転送量制限無
これで捜すと、
1.TOK2です。
広告は勿論でます。
http://tok2.com/

月200円を払うと、広告が消えます。
下記に、残骸が残っています。
http://prosv2.tok2.com/~ja1mdn/index.htm

2.ブットビネット
広告は勿論でます。
http://www.buttobi.net/
下記に残骸が残っています。
http://amp8.run.buttobi.net/

ちなみに、現在の当方のHP。
A.ドメインは「amp8.com、amp8.net、amp8.org、amp8.jp」取得。
  取得はVALUE-DOMAIN。https://www.value-domain.com/
  実行はenom。https://www.enom.com/
B.固定IP購入咲。
  27.96.32.5....=(株)IPQ
  61.192.160.235...(株)クラスト DiX
C.NTT東日本 フレッツ 光ネクスト2回線使用。
D.この他に、ぷららの動的IPによる運用。 http://amp8.plala.jp/
E.当方のHP(amp8.com/)の現状(2019/5/10現在)
  大きさ=61.5 GB
  ファイル数=155,017個
  フォルダー数=937個

  1TBのSSDが約2年で死にました。
  今月、2TBのSSDに交換して運用中。
?

http://amp8.com/

 

Re:パナソニックRF-U06の修理

 投稿者:田中/8  投稿日:2019年 5月11日(土)05時58分42秒
   おはようございます。
RF-U06の件ですが、星野さんが書かれているように一度蓋を開けて確認されては
いかがでしょうか。同じ機種ではないですが、筐体の同じラジオを持っています。
FMは付いていないのでRF関係は判りませんが、スピーカーが板バネで接触する
タイプで、ガサガサと言う雑音で音切れもあり自分で修理しました。
 ネットで拾える修理例は板バネを強く修正し接触面を清掃していますが、
自分の機種は筐体を握ったときにガサガサ音が気になりましたのでジャンパー線で
はんだ付けをしました。当然その後の不具合はありません。ご参考までに。
 

Re:パナソニックRF-U06の修理

 投稿者:星野  投稿日:2019年 5月10日(金)19時30分26秒
  木村俊司さん、こんにちわ。
”パナソニックRF-U06”でググルと修理された方が何人もいるようです。
チップ部品の修理は大変ですが、アンテナと本体が固定でなく接触だけのようです。
2本のビスを取ると外れるようですから、接触部を磨いたら直らないでしょうか?
試す価値は有ると思います。
 

Re:パナソニックRF-U06の修理のご相談のこと

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月10日(金)08時09分41秒
  お早うございます。
残念ながら この種のラジオの修理は 当方では不可能です。
 

パナソニックRF-U06の修理のご相談のこと

 投稿者:木村俊司メール  投稿日:2019年 5月10日(金)00時39分53秒
  お世話様です。
掲題のとおり、パナソニックRF-U06というコンパクトラジオを所有しております。
最近、FMの音ですがボリュームを最大にしても小さいため聞きにくくなりました(AMは問題ありません)
永い付き合いのラジオのため、あまりご迷惑をお掛けせずに修理可能のようでしたら、治してやりたいと思いご相談のメールを致しました。

ご返事をお待ちしております。

北海道江別市
木村
 

5500の修理 その4

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月 7日(火)21時01分35秒
  今晩は

やっと修理できました。
最初は依頼品の基板を修理するつもりでした。

ただ 分解してみるとあまりに弄り回されていること、
それにバンド切替スイッチも分解されたことが判り、
諦めて基板交換方式で修理することにしました。
http://radio.eucaly.net/a/R/5500-ik.html

TRの交換 バンドスイッチの分解修理 基板の割れ修理
怪しげなメーター タイマーの破壊など
関連項目が多くて不良現象をつぶしてゆく元気がなくなりました。
 

5500の修理 その3

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月 5日(日)16時19分19秒
  正常なタイマーの 接点の動きです。
タイマーのつまみを回すと 接点が離れる構造です。
接点のアームは 軸につけられたカムで動作しています。
 

5500の修理 その2

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月 5日(日)14時35分25秒
  タイマーの動作を調べてみました。
つまみが硬いのですが 無理やりまわしても電源が切れません。
普通は動作中にタイマーをまわすと 電源段になるのですが、変化なしでした。

分解してみると タイマーが壊されていました。
修理しようと分解したのでしょうが 途中で諦めて組み込んだようです。
タイマーのつまみを回すと 同期してカムが回り接点が操作される仕掛けですが、
このあたりが全く壊されています。
画像参照ください。

なお中央部分の乳白色のものがカムです。

http://radio.eucaly.net/a/R/5500-ik.html
 

5500の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2019年 5月 4日(土)16時28分7秒
  悩ましい修理を引き受けてしまいました。

故障内容は

「・FM、SWが受信出来なくなった

AMは受信出来る

その他状況は次の通りです。

・10年ほど前にオークションで入手

・バンド切替SWの接触不良かと思い分解掃除実施

・トランジスタ交換

 C710:7個、C1364:1個

・基板パターン面から見て左上面割れ有り、はんだ付けで補修

・電源SW、VUメータのマイナス配線カシメ処理有り」

どうもトランジスターの交換+α 位に考えていたのですが、
どうもバンド切替スイッチも分解したのではと思われます。
一応受信できるMWでも基板に衝撃を与えると おかしくなるのです。

分解した基板の画像はこちらに
http://radio.eucaly.net/a/R/5500-ik.html
 

Re:ヒートシンク、大型電解コンデンサー等の基板への接着

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2019年 5月 3日(金)18時38分12秒
  下記は平成3年位の「2液式エポキシ接着剤です」。
これも、熱に強く、固いですね。
雑誌の影響で、2枚目の写真が、電解コンデンサーとフイルムコンデンサーを接着固定。
この電解コンデンサーとフイルムコンデンサーは前段の電源に挿入されている物で、
電流変化が少なく、固定の意味は少ない。
3枚目はAC100V電源線の接続ラグ板のハトメを固定。
目的・意味不明?
この修理はHMA-9500mkⅡ. 67台目
?

http://amp8.com/

 

Re:ヒートシンク、大型電解コンデンサー等の基板への接着

 投稿者:LTZ加藤  投稿日:2019年 5月 3日(金)08時53分45秒
  私のつまらない投稿が端を発し、いろいろ申し訳ございません。
私も自作品に結構接着剤を使っていました。
昔作ったAVR基板です。
初めは透明だったのですが、古くなると茶色になって見掛けが汚くなるのがイヤですね。
 

/391