投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


21世紀の真空管

 投稿者:岩渕  投稿日:2018年 6月28日(木)18時32分28秒
  電子工作紹介ページの掲示板でコルグと言うメーカーがキット専門新ブランドをスタートしたとの事で見てきました。

そこで紹介されていたキットは、ヘッドホンアンプとオーバードライブと言うオーディオアンプでしたが、使われている
デバイスに「Nutube」と言う真空管が使われていました。今までの真空管と違い蛍光表示管の様な真空管ですが機能的には
3極管として動作する様です、真空管は昭和の遺物かと思いましたが平成の時代(来年で最後ですが)新しい世紀の真空管
として面白そうです
 

Re: ICF-5900 内部発振

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月28日(木)08時16分1秒
  お早うございます。

確かに当方の怪しい5900も同じ部分の調整で他の5900と少し違う動きがあるのです。
VRだけの問題では無さそうなのでいやらしい。
(回路全体の問題 別の部品)

VRの不良なら47KΩの半固定抵抗を探して交換したらよいでしょう。
原理的にこの部分が壊れているとイメージが出やすいかと思われます。
場所的に同じ形でなくても充分使える。
ぜひ挑戦すべきです。
 

Re: ICF-5900 内部発振

 投稿者:安藤  投稿日:2018年 6月27日(水)22時04分7秒
  こんばんは。
やはり僕の場合、どこか調整が
うまくいってないのでしょうね。
ウチのは、サービスガイドにある
「SW第1周波数混合調整」用のVR4にガリがあって、
そのせいで設定がキチンとできていない様な
気がするのですが
電気回路に疎いので、ここが原因かどうかは、
サッパリわかりません。
交換してしまえば気分的にもスッキリするのですが
同型の半固定抵抗は、現在市販されていない様なので
ちょっと悩み中です。
 

Re: ICF-5900 内部発振

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月27日(水)17時35分48秒
  今晩は

改行はこの程度入れてあれば 充分読めます。
なお 12MHz少し上の信号ですが、
よく調整するとほとんど邪魔にならない程度のレベルになるようです。

今回は3台確認しましたが、2台目の信号が大きく出るものは、
どうも不具合箇所が残っているようです。
1台目 調整済み品
2台目 ほとんど調整済みなるもなんとなく違和感あり。
  この違和感を解消するか悩ましい。経験上 このような現象は珍しい。
3台目 調整済品
 

Re: ICF-5900 内部発振

 投稿者:安藤  投稿日:2018年 6月26日(火)23時55分37秒
  先ほどの投稿、
きちんと改行できていない部分があり
すみませんでした。
削除してくださって結構です。
 

Re: ICF-5900 内部発振

 投稿者:安藤  投稿日:2018年 6月26日(火)23時14分18秒
  内尾様
こんばんは。
周波数範囲や読み取り精度はバッチリで
感度も申し分ないです。
なんとなくノイジーかなという気はしますが、
なにぶん5900は初めてなので・・・。
さて、調整方法ですが、
実は素人趣味の範疇ということもあり
僕は高価なジェネレーターなどは持ち合わせておりません。
中華製のデジタル表示DSPオールバンドラジオと、
手持ちの他の短波ラジオ(RF-1150、ICF-5800など)を組み合わせ、ジェネレーター代りにしています。
目的の周波数に合わせたDSPラジオに
5800等の局発を同調させて信号を出すといった具合です。
サブダイヤルは、回しきった状態ですとピークの確認がしづらいので、プラス、マイナスともダイヤル目盛りの140の位置で10600KHz、10880KHzで合わせ、
マーカーはサブダイヤル0の位置で5MHzの時報局を受信し、ゼロビートを取りました。
こんな方法でも意外とうまく調整できるもので
ラジオNIKKEIは75mバンド、49mバンドとも
ピッタリ合ってますよ。

また、455KHzのIFなどはセラミック発振子を使った自作の発振器で調整しています。

L21の調整はサービスガイドの指示通り、コアがパターン側に抜けた方(コイル単品で見ると、コアが沈んだ方)に合わせたつもりなのですが・・・。

別の個体で弱いながらも信号が出ているものがあるのですね。違いはなんでしょうね。
 

KenWood L03t KT8300 ワイドFM対応試見

 投稿者:JA1MDNメール  投稿日:2018年 6月26日(火)13時45分28秒
  受信最低周波数を76MHZにして、92MHzまで伸ばして見ました。
kt8300でセンター周波数73MHzに目盛板を合わすと、上下で100kHz位ズレます。
L-03tでは、最ずれます。
?

http://amp8.com/

 

Re: ICF-5900 内部発振  追伸

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月26日(火)09時43分56秒
編集済
  今回の5900の画像です(先ほど撮影)。
周波数は先ほど書き込んだ数値とほぼ同じです。

12MHz付近のキャリアーは当然ありません。

ただ別の5900で確認したところ 確かに10760+455+910に相当する信号が確認できました。
22MHzの信号より髄分弱いです。
 

Re: ICF-5900 部発振

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月26日(火)08時26分57秒
  お早うございます。
調整の仕方が間違っているのかもしれませんね。
当方の5900は中心点は10760KHzに調整しています。
したがってSW3でのイメージは22.43MHz付近に出ます。
(サブダイアルの+-で、入力信号は10610から10910で調整)

ところで どのように調整していますか、
サブダイアルの+-の両端で正確に300KHz幅になっていますか?。
小生の予想では多分 この部分にも違いがある(300と異なる数値)のではと思います。
原因は調整方法の間違いと思います。
マニュアルどおり調整したと思ってもビートがあちこちあるので間違いやすい。
 

Re: ICF-5900 内部発振

 投稿者:安藤  投稿日:2018年 6月26日(火)00時03分19秒
  内尾様
こんばんは。
検証してくださったようで、
ありがとうございます。
うちのは22MHzもしっかり出ていて
さらに12MHzにも出ているのです。
10.74Mhz+455KHz+910KHzといった
感じなんですよね。
で、よく観察すると
23MHzあたりにも出ている。
(22MHz+910KHz?)
謎です(苦笑)
 

Re: ICF-5900 内部発振

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月25日(月)20時38分48秒
  今晩は

安藤さん
我が家の5900で確認したら 12MHz付近の大きなイメージ信号は確認できませんでした。
22MHz少し上(第2IFOSCの高調波)はばっちり確認できます。
したがって12MHz付近の大きな信号はどこか怪しいのかも。
 

Re:シャープ SSB/MWラジオ

 投稿者:北野  投稿日:2018年 6月25日(月)09時34分41秒
  服部様
御教示ありがとうございます。
日本の業務用受信機の本に掲載されているのですか。
という事は、内尾様が仰ったように結構需要はあったのですね。

実際に使用してみると、操作は実に簡単で、良くできているラジオだと思いました。
漁業無線を家庭で、誰でも簡単に傍受できるラジオとして、重宝されたのではないかと思います。

漁業無線(海岸局)は現在でも、気象情報・漁の状況や魚の市況、自衛隊の海上での訓練区域
などを放送しているようです。
また、色々と教えてください。 ありがとうございました。
 

Re:シャープ SSB/MWラジオ

 投稿者:服部@茨城  投稿日:2018年 6月24日(日)21時58分58秒
  北野さま
このラジオ何処かで観たなあと思っていたら、受信機マニアのバイブル(?)
金道英雄 著「日本の業務用受信機 16版」に全く同じのが掲載されていました。
この本によると同じ目的と思われるラジオに他にもソニーラジオの改造機も紹介さ
れています。今では船乗りと家族の間には色々な通信方法があるかと思いますが
昔こういうラジオがあったのは漁業無線局から発せられる船舶の情報から船乗り
の安否を心配する家族の思いがあったのでしょうね。
 

Re: 高1?5球スーパー?

 投稿者:倉島  投稿日:2018年 6月24日(日)18時24分56秒
  内尾さん、今晩は。

真空管は5球スーパーで、IFTも2個あるのですが、私も配置が不思議でした。
戦前の5球スーパーの内部は見たことがないので、こういう配置も有りなのでしょうか?
ラジオ自体は作りかけのようなのですが。
 

Re: ICF-5900 内部発振

 投稿者:安藤  投稿日:2018年 6月24日(日)17時56分42秒
  内尾様
はじめまして。
早々にお返事くださり、ありがとうございます。
おっしゃる通り、経年変化でフィルターの特性が
変動しておりましたので
IF周波数は10740KHzに設定しました。
しかし、何れにしても
12MHz付近にキャリアーが出てしまうのは
調整がうまくいってないのでしょうね。
ご指南ありがとうございました。
もう少し色々調べてみます。
 

Re: ICF-5900 内部発振

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月24日(日)17時10分24秒
  22MHz少し上のキャリアーはどの5900でも出ます。
出るほうが正常です。
ただこのラジオの特性として第2OSCの周波数は、
個別に少し違いますので全く同じではありません。
また12MHz以下は受信できないか、妨害があると考えたほうが良いでしょう。
これは10.7MHz付近をIFに使っているためです。

なおIFの周波数はセラミックフイルターの経年変化も考慮して調整する必要があります。
(マニュアル通りの調整では駄目)
 

ICF-5900 内部発振

 投稿者:安藤  投稿日:2018年 6月24日(日)12時54分49秒
  いつも楽しく拝見させていただいております。
今回初めて投稿させていただきます。
最近某オークションでジャンク品に近いICF-5900を入手し
ラジオ工房さんや、他の諸先輩方のHP、
サービスガイドを頼りに部品の交換、調整を行い
直読機として実用になるまでに、なんとか仕上げたのですが
一つ腑に落ちない現象があるので
質問させていただきました。
5900は、10.7MHz+455KHzで
内部発振しているとのことで
うちの5900もSW3の22.3MHzあたりに
第二高調波が現れるのですが
もう一つ、SW2の12Mhzの少し上あたりにも
内部発振らしき電波が結構強力に出ているのです。
どうやら10.7Mhz+455KHz+910KHz=12065KHz
といった具合でイメージ波 (?) が
出てしまっている様なのです。
初めて手に入れた5900ですので、
これが正常なのかどうかもわかりません。
どなたかご教授していただけましたら幸いです。
 

Re:法事

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月24日(日)08時55分11秒
  服部さん

コメント有難うございます。
叔母は若いころから我が家にいましたので、子供はいませんが、
父亡き後 我が家の兄弟でお世話してきました。
小生が東京 弟が横浜 妹が明石なので 遠距離介護です。
2か月に1度くらいしか帰れません。
ただ中津駅のすぐ近くの(200m?)施設なので 便利でした。
自分が長男なので 全部仕切りました、これから残務整理があります。

実家の家屋も壁が壊れたので修理しました、これも大変でした。
また7月末には帰省します。
 

Re: 高1?5球スーパー?

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月24日(日)08時42分5秒
  これは面白いですね。
確かに戦前のスーパーの残骸のようです。
ただ配置がなんとなく理解しづらい感じはします。
コイルのシールドケースを流用したようなIFTは見た記憶が有りません。
2つの穴が調整用のものらしいですね。
部品としての価値は充分ありそうです。
真空管もアメリカなら容易に入手できそうだし。
興味のある方は挑戦したら。
 

高1?5球スーパー?

 投稿者:倉島  投稿日:2018年 6月23日(土)21時51分44秒
  皆さん、今晩は。

オークションで面白いというか、不思議な自作ラジオと思われるものがありました。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/303924510

質問欄で、高1だとか戦前の5球スーパーだとか議論されています。部品取りで入札されていればよいですが。
 

re:法事

 投稿者:服部@茨城  投稿日:2018年 6月23日(土)21時42分30秒
  内尾さま
お疲れさまでした。私も一昨年同居していた義父が突然亡くなってしまい大変でした。
婿でしかないのに(養子ではない)喪主までやりました。こういうのはやらないのに
越したことはないですがこれも勉強の一環と思い引き受けましたが茨城の風習がよく
分からず(私は北海道の出身)苦労しました。義父は突然亡くなるまで現役の漁師で
あり農民だったので未だ家は混乱状態な感があります。私は別に仕事持ってますが米
作りは以前から義父から教わっていたので作付面積を変えずに何とか引き継いでいる
状況です。・・・ラジオを聴くくらいしか楽しみが無い・・・
 

Re:シャープ SSB/MWラジオ

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月23日(土)16時17分25秒
  北野さん

報告有難うございます。
素晴らしいですね、ここまで復元するのは大変だったでしょう。
現在の自分では諦めるレベルです。
歳をとると ここまで根気が続きません。

再度 素晴らしい。
 

法事

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 6月23日(土)16時12分21秒
  叔母(父の妹)の葬儀で中津に帰っていました。

家族葬でやりました、市の設備なので良かったです。
中津は葬儀はある意味恵まれているかも。

急に亡くなったので 菩提寺との交渉など凄く大変でした。
実家(叔母の)菩提寺との連絡が急なことで取れず、
我が家の菩提寺に無理やり頼むことにしました。
このように急に亡くなるとは想像が尽きませんでした、反省事項です。
先月末にも逢ったばかりで元気だったのに。


自分が喪主を勤めました。
入居していた老人ホームの後片付けなどもありましたが、
参列者が少人数なので、父のときに比べれば随分楽でした。
何とか無事終了です。
 

Re:シャープ SSB/MWラジオ

 投稿者:北野  投稿日:2018年 6月23日(土)15時41分10秒
  内尾様
皆様、こんにちは。

過日、投稿し御教示いただきましたラジオの修理が終わりましたので報告致します。
基板の部品面は、CR複合部品(PRC303・331太陽誘電製?)が使用されていて、すっきり
していましたが、パターン面は配線が意外に多かったです。 シールド線が多用されており
網線側が緑青のため所々、断線していました。ケミコンは、全て不良でしたので交換しました。
また、バンド切り替えSWとVRは接触不良でしたので分解清掃しました。

基板にある二つの穴とケース底部の穴は、バリコンのトリマを調整するためのもので
長柄の調整棒を使って調整しました。
水晶発振部の周波数偏差は、調整前でOSC・BFO共に、数Hz程度で大変良好でした。
MW帯は感度良く受信しましたが、SSBは測定器上では大変良好ですが、到来電波がないので
実際の受信はしていません。 MWとSSBの切り替えは大変スムーズです。

漁業無線の現在の指定周波数は、ハイウェイラジオ(道路交通情報1620kHz)に近い
1644kHzからあるようです。 このラジオの周波数は、残念ながら現在は使われて
いないようです。いずれにしましても、シャープが漁業無線傍受用のラジオまで販売していた
のには、びっくりしました。 今までに見たことがない、珍しい機種なのでこのままで保管
しようと思います。 ありがとうございました。
 

告知端末機からのノイズ発生対策

 投稿者:JA9QEGメール  投稿日:2018年 6月20日(水)07時40分35秒
  岩淵様 内尾様 星野様 大平様 アドバイスありがとうございました。
これからも真空管ラジオを末永く楽しんでいきたいと思います。
家中のノイズバスターズに頑張ります。
 

Re:クーガ2200 ワイドFM対応

 投稿者:岩渕  投稿日:2018年 6月20日(水)06時08分2秒
  おはようございます

地元局が多い地域はいいですね、此方では地元局が少ないのでRadikoで聞く事が出来るのはNHKを含めたご覧の8局のみです
Radikoプレミアムに加入すると全国の放送を聞く事が出来るのですが其処までして聞こうと思いません、やはりラジオは
ダイヤルを回して選局しフェージングで聞こえたり聞こえなくなったりするのが良いです(ネットではこの感じは、味わう
事が出来ません)
 

Re:クーガ2200 ワイドFM対応

 投稿者:JR1XWYメール  投稿日:2018年 6月20日(水)04時23分1秒
  正木@鶴ヶ島さま
Radikoについて訂正していただき、ありがとうございました。
Radiko開始初期にはラジオ日本が入っていなかったので、
実施していないと思い込んでいました。
スマホ画面をスクロールしたら、9番目にラジオ日本がありま
した。普段、画面を見ているはずですが、無いと思い込んでい
ると目に入らないのですね。
 

Re:クーガ2200 ワイドFM対応

 投稿者:正木@鶴ヶ島  投稿日:2018年 6月20日(水)02時17分45秒
  もう大分前ですが、この掲示板で計測器に関して教えていただいた事があります。
あれから、時々拝見しています。

ラジオ日本ですが、現在radiko.jpで聴けます。
ただ当地(埼玉県西部)では、時間帯によってはニッポン放送の1242KHzより受信
状態が良いので、直接電波(1422KHz)で聴いています。

また、茨城放送(1458KHz)が昼間、ラジオ日本と同程度の受信状態です。
ワイドFMのi-fm茨城放送水戸局(94.6MHz)はノイズ混じりですが、放送内容が
在京局のそれとは雰囲気が違い、結構楽しんで聴いています。

ワイドFMとコミュニティーFMの開局によって、ラジオを聴く楽しみは確実に
増えています。
 

Re:クーガ2200 ワイドFM対応

 投稿者:JR1XWYメール  投稿日:2018年 6月19日(火)23時07分54秒
  服部@茨城さま
私は勝手に東京のワイドFMが最初と思っていましたが、
違うんですね。
関東のRFラジオ日本はRadikoにも参加していません。
1422KHzのためラジオが受信しずらく、スポンサーが
少く経営的に苦しいのかもしれませんね。  
 

Re:クーガ2200 ワイドFM対応

 投稿者:服部@茨城  投稿日:2018年 6月19日(火)21時43分14秒
  JR1XWYさま
ワイドFMは関東地方では茨城放送が最初に始めたのは茨城県民としては驚くことです。
筑波山近くの加波山からの送信なので中波よりも遠方まで届いているみたいです。
同じ関東でもRFラジオ日本が未だ初めてないのが不思議。昔「ジェイオーロックフレンズ」
なんて言っていた局なのに・・・
 

/372