スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5831/11133 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

KIT-2050つくりました(その2)

 投稿者:鈴木@東広島  投稿日:2013年 2月 5日(火)11時11分46秒
  通報
  低周波段が上手くいったので気をよくして,つづいて高周波段を組み立てました.


1.TR-1の局発ですが,キットそのままの回路で問題なく発振しました.
発振強度も適切です.

一部,「発振が不安定」という報告がありましたが,私のラジオも,突然
発振停止になったりしましたが,回路がおかしいと言うよりも,バリコン
に接触不良があるようです.バリコンの品位も悪そうなので,これは
騙し騙し使っていく(発振停止したら,バリコンダイヤルを軽く揺する)
で対応するしかありません.部品の質をみると,部品取りにも不適切な
キットですね.


2.TR-2,TR-3の中間周波増幅段ですが,これは,有り体に言って,
ラジオ少年さんの改良案も,間違っています.あのまま組み立てたら,
Icが流れすぎて,まず間違いなく発振します.

私は,TR-3の方は,まず独立した固定バイアス(Vccから330kΩ)にな
おして,約0.7mAとしました.これで発振無く安定して動作します.

次に,TR-2の方ですが,ここはAGCが必要なので,元の回路(並びに
ラジオ少年さんの改良案)同様に,TR-4の検波段からのバイアス電圧
を拾ってきます.ただし,ラジオ少年さんの改良案(エミッタを直接接地)
では,Icがドッカンと流れてしまうので,私はエミッタとアースの間に,
820Ω(キットで余った2.2nFのキャパシタがパラ)を挟んで,Icを
約0.4mAに調整しました.これで,高周波段を異常発振無く,
安定して動作させることが出来ました.

OSCコイルと,IFTは,それぞれ問題ない物が使われているようです.

つづく.
 
》記事一覧表示

新着順:5831/11133 《前のページ | 次のページ》
/11133