投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re:ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月16日(木)22時23分27秒
  6ZDH3Aのような真空管に 大真面目にNFBをかけるのはいかがと思います。
心持 音がよくなる程度で満足すべきでは。

本格的にやるなら 検波部分をダイオード検波にして、
純粋の3極管扱いにするとかしたほうがよいのでは。

小生は毎度言うようにおまじない程度と考えています。
 

Re:ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 8月16日(木)21時51分19秒
  徳永様

私も回路を見ていて6ZDH3Aのカソードバイアスが怪しいと感じました。C、Rを外すとNFが
掛けられなくなると思いますので、一旦Cを外したり、10~20マイクロ位のケミコン
に交換してみようと思います。現状ではNFを外しましたがアップした周波数特性のグラフ
で見る限り全くピークは出ないので、OPTの所為かと思ったりしています。トランスは交
換していて、春日のOUT-54B57と言う安価なトランスです(^_^;)

一度テストしてまたご報告いたします。有難うございました。
 

ナショナルER-241

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月16日(木)17時48分48秒
  何方かこの機種の修理経験ある方いませんか?。

実は 先のR-48以外に もう1台修理を頼まれているのですが、
どうも様子が変なのです。
音がおかしいので見てくれとは言われたのですが、通電すると音が全く出ません。
整備済で購入したらしいですが、配線が無茶苦茶です。
それに出力管のバイアスが全くかかりません。
ヒーターの中点がアースされてるようです。

この状態から考えると半固定バイアスだったのではと思われますが、確証がありません。
ご存知の方 いたら教えてください。
 

Re:ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:徳永メール  投稿日:2018年 8月16日(木)17時38分42秒
  加藤様、

高域のピークですが、回路を見ると6ZDH3Aのカソードに抵抗300Ωと0.2μがパラに入っていますね。
このコンデンサ(C12)が原因ではないでしょうか、一度外して特性を取ってみてはいかがですか?
またNFBはかけてなくても、電流帰還になるのでピークができるものと思います。
 

Re:ナショナル R-45の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月16日(木)17時25分47秒
  一応 配線して 大まかな確認をしようとしたのですが、
どうも様子がおかしいのです。
DIPメーターを持ち出して 測定してみるとRF部分と検波コイルの同調周波数が大幅に違います。
LCメーターで測定すると検波回路の方が60%くらい(約110μH)くらいしかありません。
やむを得ず シールドケースを外してみました。
インダクタンスが低下するような現象が見つけられないのです。

あまりの嫌らしさに 一度中断することにしました。
 

ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 8月15日(水)22時16分29秒
  スキャナーで取り込んだ半対数グラフが大きすぎてアップロードできないと言われたので、
デジカメで映しなおした写真をアップします。
 

Re:ナショナル R-45の修理

 投稿者:倉島  投稿日:2018年 8月15日(水)20時42分59秒
  なるほど。1つは出力管のプレート負荷ですか。コストは安くなるでしょうが、
流石、松下電器かと思います。記録の完成を楽しみにしています。
 

Re:マツダラジオのブーン音

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月15日(水)20時37分8秒
  スピーカーを箱から外して、どれだけ離すとブーン音が消えるか確認すると良いでしょう。

できれば 出力トランスを外して
トランスの位置や方向でブーン音が消えるか確認するのが望ましい。
ただ東芝のトランスは外しにくい構造だと思うので、別のトランスがあればそれで試したほうが楽。
電源トランスと出力トランスの電磁結合以外の原因かも これで切り分けられる。
トランスを離せば雑音が出ないならば出力トランスだけ 別の場所に置けば。
 

Re:ナショナル R-45の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月15日(水)20時28分37秒
  島倉さん

確かにチョークです。
低周波トランスを使うはずがないので、不思議に思ったのですが。
1個は平滑用 もう一つは48Bのプレート回路に入れるもの
(コンデンサーでDCをきってスピーカーへ)と思います。
ペーパーコンデンサーは小さなものが組み込まれていました。
昭和13年頃の製品ですから ケミコンは一般的ではないので、
このようにしたのでしょうね。
配線は無茶苦茶で 事前の確認はできませんでした。

真空管が1個壊れていて 修理途中ですが、1時間かけてもうまくゆかず、
とりあえず 諦めました。

その後大問題がまた見つかりました、凄く悩ましいです。
これは写真を準備して 後日報告。

 

ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 8月15日(水)19時32分53秒
  休みと言っても暑くて外へ出る気にもならないので7S-4の周波数特性を改めてグラフ化
してみました。これを見るとNFB掛けると周波数帯域は広がりますが変なピークが出来てむ
しろ音質的には悪化しています。普通5dB程度で悪化するのはあり得ないのでOPTが良くない
かも知れません。

NON-NFBの方が素直な波形ですので、NFBは外すことにしました。逆相かもと思い、逆接続に
したらさらに悪化したので接続間違いはないようです。
 

Re:ナショナル R-45の修理

 投稿者:倉島  投稿日:2018年 8月15日(水)19時11分15秒
  内尾さん

今晩は。珍しいトランスだと思って調べると、2連のチョークコイルのようです。
配線はその様になっていないでしょうか?大きい容量のコンデンサが難しためではないかと
思います。
 

マツダラジオのブーン音

 投稿者:JA9QEGメール  投稿日:2018年 8月15日(水)11時28分48秒
  正面からの写真をアップしました。
同じ型のラジオを複数台集めました。
実は、この型のラジオは子供の頃に我が家で使っていたのですが、中学生の頃に興味本位でバラバラにしてしまいました。
その後、後悔して同じのを入手しました。
当時は夕方になると「まぼろし探偵」や「赤胴鈴の助」などの放送を楽しんでいました。

いろいろと試してみます。
回路と部品構成はマツダ 6UA-16 と似ていると思います。
効果があった場合、報告させていただきます。
 

Re:マツダラジオのブーン音

 投稿者:星野  投稿日:2018年 8月15日(水)09時19分25秒
  この位置に移動されては如何ですか?  

Re:マツダラジオのブーン音

 投稿者:加藤(川崎市)  投稿日:2018年 8月14日(火)23時01分50秒
  こんばんは

電源トランスと出力トランスを離すのが最も直接的とは思いますが、
筐体内で位置を選べないなら、
○電源トランスと出力トランスの間になるべく大きく厚みのあるアルミ板を挿入して
 遮蔽を試みる
○スピーカーを出力トランスを持たない物に交換して、別途、出力トランスの設置位置を
 筐体内で大きく変えながら良い場所を探す
などはどうでしょうか。
 

ゼネラル7S-4のNFB

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 8月14日(火)21時56分26秒
  ゼネラル7S-4のNFBが気になったので、一寸調べてみました。
まずNF量を調べました。出力電圧は1Vです。現在出力管の42は3結して有るのでその状態
での事です。42の出力は.8Wしか出ないので1V=0.25W時の測定です。NFR=5KΩです。

裸利得  出力電圧=1V  入力電圧=178mV  増幅率=5.62倍 利得=15dB
NF後利得 出力電圧=1V  入力電圧=267mV  増幅率=4.46倍 利得=13dB
となりNF量は2dBと言う事が解りました。本当に微量のNFBです。ただ5結ではもう少し利得が
多いかもしれないので、NF量はもう少し多いかもしれません。ついでに周波数測定もしてみ
ました。

裸特性   減衰量-1dB以内で 89Hz~6.1KHz    減衰量-3dB以内では 45Hz~10KHzで
NFB=2dBでは 減衰量-1dB以内で 70Hz~10.2KHz   減衰量-3dB以内では  33Hz~13.8KHz
となってNFの効果は多少現れています。
そこでもう少しNF量を増やしてみることにしました。元のNFR=5Kに手持ちの5.1Kを2本パラ
って1.66KΩにしてみました。その結果は

NF後利得 出力電圧=1V  入力電圧=320mV  増幅率=3.12倍 利得=9.9dB となって
NFB量=5.1dBとなりました。周波数特性は

NFB量=5.1dB  減衰量-1dB以内で 30Hz~14.9KHz   減衰量-3dB以内で  21Hz~17.9KHz
と大分改善されました。しかし問題が有って、1KHzを中心に下側は21Hzに向かってだらだら
と減衰していき、高域は1KHzから8KHz辺りまで+3dBの平らな山ができてしまいます。それ
は裸特性でも全く同じ傾向なので面食らっています。

本機のトーンコントロールはOPTに並列に入るCの量を増減するタイプなのでその影響かな
などと思ったりしています。そのためか、聴感上ややハイ上がりに聞こえます。
しかしHiFiアンプでも無いし、久しぶりにアンプ測定ができたしNFBの効果も確認できたの
まー良いかと思っています。
 

ナショナル R-45の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月14日(火)20時06分14秒
  電源トランスの異常
B巻線で12Fのプレート電圧が出ない件。

B巻線の抵抗値を測定してみると 断線しているわけではありません。
これは不思議と考えているうち、偶然トランスを触ると熱くなっています。
あわてて通電を止めました。
どうもレヤーショート状態と判断しました。

いろいろ調べてゆくと AとBの線が接地されています。
Cは12Fのプレートの配線です。
全部取り外してみると BとCの間にB電圧(この場合ACですが)が出ます。
無負荷で250V近くで、多少高い感じはしますが。
ということはAB間でショートがあるということになります。
しかしテスターで測定してもA B間は数十KΩ以上あり、
ショート状態とはいえません。
どうもACを加えると導通状態になるらしい。

とりあえずAの部分を切り離して 組み立てることにしました。
(A部分を浮かせる形)
ただこのA端子は本来何に使われていたかは不明です。
巻線間のシールドとして使われていた可能性が考えられます。
後日 後遺症が出なければ良いのですが、他に対策がありません。
 

マツダラジオのブーン音

 投稿者:JA9QEGメール  投稿日:2018年 8月14日(火)19時21分53秒
  スピーカーの回転ですが、写真の場合は90度回転させて取り付けていますが効果はありませんでした。
電源トランスを伏せ型の両波整流トランスに交換したこともありますがあまり変化はなかったと思います。型はマツダの昭和29年ごろのタイプで正面からの写真をアップしてみます。
内部シャシ-は同じで箱が違うタイプの型が多いようです。
 

Re:マツダラジオのブーン音

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月14日(火)18時52分29秒
  型名がわかりませんか?。

それと出力トランスと電源トランスの結合の可能性があるので、
90度 反時計回りにスピーカーを回転させて見たら如何。
 

re:マツダラジオのブーン音

 投稿者:梅田  投稿日:2018年 8月14日(火)18時38分15秒
  「ラジオ温故知新」(urlは下記)に

「ハムに悩む方への福音書――ハム退治のトラの巻」

という『ラジオと音響』からの記事が掲載されています。
その中に

リーケージ・フラックスによるハムを取除く一
つの便法として,入力回路の一部に数十ターンの
ハム取りコイルを挿入してパワー・トランスのイ
ンダクション・ハムと逆位相のハムを発生させて
取除くこともある程度可能である。

ということが書いてあります。
ご参考までに

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/munehiro/radio/

 

マツダラジオのブーン音

 投稿者:JA9QEGメール  投稿日:2018年 8月14日(火)18時25分35秒
  「告知端末機からのノイズ発生」の件では皆様からのアドバイス、ありがとうございました。
今回は、
愛用のマツダラジオですがご覧のように電源トランスとスピーカーが接近している構造ですのでブーン音が出ます。
電源スイッチを入れたとたんにヒーターが温まるまでに音は発生しますので電源トランスの電磁漏れがスピーカーのコイルに影響しているのではないかと思います。
シャシーを取り外して使うとブーン音は出ません。
対策をいろいろと考えてみました。
○スピーカーを小型の物に交換して今の位置より話して取り付ける。
○電源トランスの方向を変えて取り付ける。
○電源トランスをバンド型の物と交換して現状より離した位置に変更する。

何か良い解決方法があれば教えてほしいのですが、よろしくお願いします。
 

ナショナル R-45の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月13日(月)16時48分55秒
  整流管のプレートとシャーシの間は、通電しても高圧が観測できません。
これは可笑しいのでテスターを抵抗計にして測定しました。
そうすると導通があるのです。
そうこうするうちに電源トランスが熱くなってきました。

2連の小型トランスを取り外さないと配線の具合が判明しません。
しかしこのトランス 何に使われていたのでしょう?。
 

ナショナル R-45の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月13日(月)13時37分8秒
  昭和13年製の首記ラジオの修理依頼があり、分解して確認しているところです。
簡単に測定したところ B巻線に高圧が出ません。リード線方式のトランスなので、
部品を取のぞかないと詳細判りません。
 

SA602AというIC

 投稿者:設楽  投稿日:2018年 8月13日(月)12時54分45秒
   表題のICは、今回購入したFMコンバータに使われているダブルバランスドミキサ ICです。
ネットで検索すると、50MHzのクリスタルコンバータの製作を通して原理や
使い方を詳しく説明しているページがあります。グリッドディップメータを使った
コイル製作の解説もあり、SA602Aについて詳しく知りたい方、FMコンバータの
自作を検討されている方の参考になると思います。

  2015年11月号の雑誌ラジオライフに掲載されたFM補完コンバータは、FMフロント
エンド用 IC TA7358APを使ったものでした。RF AMPが内蔵されていますので受信感度の
点で有利かも知れません。ホームページから現在も修正版の回路図がダウンロードできます。
この回路のパーツセットの販売を望んでいたのですが・・・。

 FM放送をステレオモードで完全にノイズなしのクリアな音で聴くには、多素子アンテナなどの
それなりの受信環境が必要と思います。この環境ができていれば、今回改造した
SA602Aを使った簡易コンバータでも十分実用になると思います。

 そんなにクリアな音で聴きたけりゃ「ラジコで聴け!」と言われそうです。
 

RE:FMクリスタルコンバータ3

 投稿者:服部@茨城  投稿日:2018年 8月12日(日)05時59分55秒
  おはようございます。
海外製品にこのようなダウンコンバーターがあるのは日本向けではなく
海外で日本向けの日本車を使う場合必要なんでしょうね。
このようなコンバータが海外には存在するのは以前から知ってましたが
今ではアマゾンで簡単に購入できるんですね紹介ありがとうございます。
 

FMクリスタルコンバータ3

 投稿者:設楽  投稿日:2018年 8月11日(土)10時55分56秒
  皆様、ご意見ありがとうございます。

私も、キットの販売を大いに期待しておりました。

素人ですので利得の測定などはできませんが、実用上問題なく快適に使用できています。
受信ラジオは2008年製DTR-N5(Sanyo製)、アンテナはベランダに取り付けた2素子アンテナです。
(千葉市在住、スカイツリーがかすかに見える距離です。)
スピーカーに耳を近づけて聴くとステレオモードでわずかにノイズが聞こえます。
モノラルでノイズは聞こえません。1,2メーター離れて聴く分にはノイズは感じません。

IN-OUT間はL2、C4を介して接続されています。おそらくAM放送を通すためではないでしょうか。
既存のFM局もそのままの周波数で受信できるのはこのためと考えています。

  投稿規程にファイルサイズの制限がありましたので、画像ファイルサイズが
小さくなるように3枚の画像を横並びの1枚にまとめて投稿しましたが、
それぞれの画像が小さくなってしまい、細部が見にくくなってしまいました。
本体基板の画像を再度投稿いたします。L2のインダクターは改造作業中に根元から
折ってしまい手持ちの部品に交換しています。
 

Re: FMクリスタルコンバータ

 投稿者:田中/8  投稿日:2018年 8月11日(土)06時44分34秒
   おはようございます。
FMクリスタルコンバータ とLED蛍光灯の記事を見ました。
コンバータですが、感度はいかがでしょうか。こちらは地元に放送局が
あるので問題はないと思いますが、アマゾンの評価はいろいろのようです。
あれば、手持ちのチューナーが活用できます。回路図のINとOUTが接続されて
いますが、間違いないでしょうか。

 LED置換ですが、蛍光管型のLEDは交換をすすめないと言う情報も見たことが
あります。10年程使ったシーリングライトはコンデンサの頭が膨らみ、プラスチック
部分もせんべいのようにパキパキ割れたので修理をあきらめて全交換にしました。
 

Re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:井澤  投稿日:2018年 8月10日(金)21時36分3秒
  大家さんの許可は得ています。築30年のアパートなので結構手入れても問題ないようです。
ただ工事費考えると20W管LED蛍光管5管ととんとんですかねえ。
 

Re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:内尾  投稿日:2018年 8月10日(金)20時11分59秒
  雑音の件は良くわかりませんが、シーリングライトに変更すると、
持ち家だと問題ないが、借家だと困るのではありませんか。
20W型LEDの場合 普通はグロー管を抜くだけで交換は可能です。
安定器はバイパスするとさらに省電力になる。
 

Re:FMクリスタルコンバータ

 投稿者:井澤  投稿日:2018年 8月 9日(木)23時46分37秒
  連投失礼します。

みなさんこんばんは。

アマゾンにも日本バンドと外国バンドの変換クリスタルコンバータがありました。
おそらく中華製と思います。

uxcell FMバンドの周波数コンバーター プラスチック製 ブラック
uxcell
固定リンク: http://amzn.asia/cT5jTRu
 

Re:LED蛍光灯(電球)に交換しましょう

 投稿者:井澤  投稿日:2018年 8月 9日(木)23時42分40秒
  私のアパートの天井灯もLEDに交換したいのですが、20W5管なのですが、今2管しか点灯
していません。5管20WタイプのLED蛍光管買うより、LEDシーリングライトに交換したほうが、
安上りな気がしますが、あまり安いLEDシーリングライトはラジオに妨害与えますか?
 

/368