<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: ICF-5450の修理

 投稿者:JP1BTB  投稿日:2021年 1月14日(木)15時09分18秒
  真ん中のエミフォロを省略することが出来るのであれば2SC3067が
使えるのでは?
hfeも300前後で大きさも適当かと。
 

Re: ICF-5450の修理

 投稿者:倉島  投稿日:2021年 1月11日(月)21時59分28秒
  今晩は。

確かにDIP部品だと大きくなりますよね。
今のところ代替品は見つかっていませんが、
面実装のトランジスタアレイで作るのはどうでしょうか?
拡大鏡下でやらないと難しいとは思いますが。
 

Re: ICF-5450の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2021年 1月11日(月)18時40分22秒
  倉島さん

当方の自作025です。
ただ 本物に比べ 大型なので 機種によっては使えません。
たとえばICF-110など。
 

CX075

 投稿者:田中/8  投稿日:2021年 1月11日(月)11時44分48秒
  こんにちは
題名の互換品ですが、チップワンで在庫要確認になっています。
ここ、在庫と取り寄せで価格が二つ表示されます。アンプのリレーを買いました。
 

Re: ICF-5450の修理

 投稿者:倉島  投稿日:2021年 1月10日(日)23時07分38秒
  内尾さん、今晩は。

025ですが、じんけいさんがディスクリート版を紹介していますね。
http://jinkei.sakura.ne.jp/yomoyama_cx025.html

等価回路が簡単なようです。
セカンド品があるかどうか、調査してみます。
 

Re: ICF-5450の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2021年 1月10日(日)19時13分7秒
  倉島さん

資料有難うございます。
しかしなぜ セカンドソースがあるのでしょうね。
思いもつきませんでした、もしかして025もるのでしょうか?。
 

Re: ICF-5450の修理

 投稿者:倉島  投稿日:2021年 1月 9日(土)23時01分29秒
  CX075のコンパチ品はこれです。
https://www.nteinc.com/specs/1300to1399/pdf/nte1301.pdf

HA1329は難しいですね。市場流通品はあるとは思いますが、
それなりの費用(数千円)がかかりそうです。
ジャンク基板から取り外すのも手間がかかりますし、悩ましいですね。
 

Re: ICF-5450の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2021年 1月 9日(土)21時34分4秒
  倉島さん

そうですか、知りませんでした。
次は参考にさせていただきます。
もう駄目と思っていたのですが、ありますか。
もう一つ 困っているのは
RF-2200の出力IC 日立のHA1329はいまだ入手できません。
 

Re: ICF-5450の修理

 投稿者:倉島  投稿日:2021年 1月 9日(土)18時44分46秒
  内尾さん、今晩は。

ソニーのIF-AMP用IC CX075ですが、コンパチ品があります。
残念ながら輸入しないと入手できないので、送料等の手数料の方が高くなってしまいます。
困ったときに使えるとは思いますが。

 

ケミコンについて

 投稿者:田中/8  投稿日:2021年 1月 9日(土)17時35分43秒
   こんばんは
レシーバの整備が終わりまして、ワンコインチューナーの整備に取り掛かっています。
事前にコンデンサを買ってあるので必要な容量の物を用意していました。以前に買った
オーディオ用の物も出てきたので並べてみました。
 大きさは同じですが、容量が4倍強。何が詰まっているんでしょうね。
今回のレシーバーは汎用品を使おうと思っています。ケミコンについては生きている間
大丈夫でしょう。有機個体なんちゃらも寿命が長くてちょっと迷いました。
ケミコンでも保証寿命6000時間とかの物もあるんですね。コンデンサで音が変わるか。
信号経路をフィルムにして違いを感じたことはありますが。
 

ICF-5450の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2021年 1月 9日(土)16時48分58秒
  非常に珍しいラジオを修理しました。

ただ ICまで不良で大変でした。
卒直にいってもうこりごりというレベルですね。
この機種の修理は これで終わりにします。

保守性が無茶苦茶悪いです。

状況は下記
http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/bclradio-repair/ICF-5450.html#20210106
 

スマート・デジタルテスター 追伸

 投稿者:岩渕  投稿日:2021年 1月 9日(土)15時51分57秒
  写真のテストリード棒はサンワテスターYX-360TRで使っているのもです、本体にはL型の絶縁と構造が
しっかりした物が付いています(どうもL型は使いにくいので試験にまっすぐな物を使いました)
 

スマート・デジタルテスター

 投稿者:岩渕  投稿日:2021年 1月 9日(土)15時02分53秒
  みなさん、こんにちは各地で豪雪のニュースが入ってきます、当地も昨日までは
猛吹雪でしたが本日午後からは落ち着きました。皆さんの所はいかがですか?

今日は、前に少し紹介しましたが興味があって注文したスマート・デジタルテスターが届きました。
大きさは普通のデジタルテスターより小型で薄いです(比較にPM3を並べました)

一番の特徴は交直電圧、抵抗、ブザーチェックが測定物により自動で選択されると言う事です
また、もう一つの特徴はテストリード棒を使わなくてもコンセント等に電圧が来ているかどうか
表示する機能もあります

また室温表示や懐中電灯機能などもあり、私としては良く抵抗レンジで電圧を測定して破損させ
てしまうので安心して測定ができそうです

 

Re:パイオニアSX-434整備終了しました。

 投稿者:田中/8  投稿日:2021年 1月 8日(金)19時57分41秒
   こんばんは
岩渕さん、エアーチェック懐かしいですね。就職して初めて買ったのがソニーのラジオ
次がバラコンでそろえたステレオですが、何故かレコードプレーヤーは買わずにFM専用
チューナーを買いました。AMステレオが終了してしまったので、もっぱらワイドFMを
聞いています。2局あるのですが、残念ながら調整をすると上の1局が受信外になります。
パイオニアのレシーバーのサービスマニュアルを見ていて、調整をジャンパー線でやると
いう、不思議な物でした。チューナーのセパレーション調整、アンプ部のアイドリング、
0ボルト調整もジャンパー線です。これには驚きました。半固定ボリュームに置き換えたら
もっと調整を追い込めます。40年以上前の物ですから、その辺は程ほどに。
まぁ、どれをとっても源泉はラジオを聴く、ですから。
 

Re:パイオニアSX-434整備終了しました。

 投稿者:岩渕  投稿日:2021年 1月 8日(金)19時02分59秒
  田中さん、こんばんは

レシーバーの整備完了お疲れ様でした。懐かしい感じのレシーバーですね、両サイドのウッドパネル?
も良い感じです、折角整備されたので大事にエアーチェックされてください(今はエアーチェックって
言わないのかな?)

私の方は先日頂いたACミリボルトメーターの再々調整をしていました。取説に調整方法が載っている
のですが、この方法(400Hz50mV測定)ですと基準となるデジタルテスターも低電圧のため誤差が生じる
ので1レンジあげた150mVで調整した方が調整精度が上がるとWebページに出ていたので再度調整してみ
ました。結果はやはりデジタルテスターの値に誤差があり調整VRの元の位置になりました。(元々ずれ
ていなかったようです)

それと近頃、所要があってAmazon販売ページでデジタルテスターを見ていたら中華DMMで面白い物を見
つけました。それはDMMに時計タイマー機能とオーディオ機能が付いた物です、昔日本でもラジカセの
様に2つの機能を1つにした製品が数多く誕生しましたが測定器とオーディオが合体した物は無かったと
思います、さすが中華製品と感動しました(パァと見た感じDMMではなくラジオの様にも見えます、本体
カラーは中華測定器そのものです)
 

パイオニアSX-434整備終了しました。

 投稿者:田中/8  投稿日:2021年 1月 8日(金)18時00分15秒
  こんばんは
題名の通り先ほどレシーバーの整備完了しました。秋月の部品を待っていたのですが
手持ちで何とかなったので、これで終了です。
 ケミコン、ダイオードをSRDに、その他回路の疑問な所を手直ししています。
残念ながら右のノイズがちょっと大きいのが気になりますが47年物ですので
この辺りで終わり。電源のケミコンの片側がちょっと?な状態でした。
ワイヤーがラッピングだったので取り換えた場所は、はんだ付けになりました。
ジャンパー線が細いのが気になりますがこれで良しとします。高校生の時は
とても買えない物でした。まぁ、その頃は無線にはまっていましたし。
 

ACミリボルトメーター調整

 投稿者:岩渕  投稿日:2021年 1月 7日(木)08時01分44秒
  みなさん、おはようございます此方は今日からしばらく吹雪の日が続きます

さて、昨日はACミリボルトメーターを調整していました。調整環境は
400Hzまで対応できるデジタルテスターとDDS発振器を使いました。
正しい調整法が知らないので、これらの器具を使い説明書に基づいて
調整しました。

まず低圧側50mVの調整は400Hzと1MHzを発振させて調整するみたいで
400Hzはデジタルテスターで電圧測定できますが1MHzは不能ですので
DDS発振器の出力が同じと信じて調整しました。同様に前段分圧期の調整
も400Hzと40kHz_1.5Vで行うのですが40kHz側もDDS発振器の出力変化
しないことを信じて調整しました。どちらも調整前は1.5目盛り位のズレ
で(400Hz時)大きな誤差ではありませんでした。

あと電源安定化電圧25V調整は調整前29.4Vでしたので25VにUPしました。
内部の状態は測定器ですので完全シールドで埃がありませんでした。
 

Re:R-288の修理 その2

 投稿者:岩渕  投稿日:2021年 1月 6日(水)19時07分12秒
  内尾さん、こんばんは


R-288の短波局発切り替えのご教授ありがとうございます、1個のコイルで約4MHzから15MHzまで
中間タップとトリマーの組み合わせで4バンドカバーしているのでしょうね、私が作ったキットは
局発OSCとして黒と緑のIFTと思われる物が付いてきました。黒は455KHz用と思いますが緑は見当が
つきません回路図を見ると中間タップの他に2次側コイルを使ったり片側端子のみ使ったり今までに
経験が無い使い方をしています、ですから受信周波数調整も低い周波数と中間周波数のみ調整可能
で他はコイルのタップ位置で決まってしまいます、そのため調整できる周波数以外何処を受信して
いるか不明です、中には発振していないバンドがあると思われ、そのバンドは極端に周波数変換
ノイズがありません、この様なキットでしたので製品としてのマルチバンドラジオはどのように
なっているかお聞きしたくて質問させてもらいました。ちなみに此のキット短波のアンテナ同調
回路はありません、無同調の1石高周波増幅段があるだけです

きょう私の方は頂いたACミリボルトメーターの指示調整をDDS発振器と400Hzまで対応できるデジ
タルテスターで行っています、ACミリボルトメーターはアナログなのでデジタルテスター並みの
精度は必要ないのですが一緒に頂いた取説に調整の項目が載っていたので簡易的に行っています
詳しい事は後日投稿します
 

ちょっと難儀しました。

 投稿者:田中/8  投稿日:2021年 1月 6日(水)18時11分15秒
   こんばんは
何時も使っていた電動半田吸い取り器、突然詰まって全然吸わない状態になっていました。
前回使えていたので、軽い気持ちでノズルを清掃すれば復活と思っていましたが
詰まったごみの強情な事。前からではと思い後ろからつついてもまるで貫通しません
でしたが、先ほどようやく取れたようで貫通しました。フィルタを見ても特に詰まった物は
確認できませんでした。これで、部品が届いたので交換作業がはかどります。
ノズルを買ったとき、細い奴は詰るよ、と行きつけの部品屋の親父が言っていたのを
思い出しました。半田以外に何を吸ったのか?です。
 

R-288の修理 その2

 投稿者:内尾  投稿日:2021年 1月 6日(水)16時58分9秒
編集済
  岩淵さん

このラジオのSWの発振コイルは4バンドとも 画像8番のコイルを共用しています。
スイッチで 各バンドのパディングとトリマを切り替える仕組みです。
RFコイルも9番のものを共通に使用しています。
バンドごとに個別のコンデンサーを切り替えて同調させています。

バンドの帯域が狭いので このような方法にしたのでしょう。
RF-1010もよく似た構造ですね。

画像が読みにくいですが ほぼ同じR-299の該当部分のの回路図です。
 

ACミリボルトメーター

 投稿者:岩渕  投稿日:2021年 1月 6日(水)12時10分36秒
  みなさん、こんにちは連投ですみません

先程ACミリボルトメーターが届きました。私が電子工作掲示板にて「いつかはACミリボルト
メーター」を使ってみたいと投稿したら常連の方に使っていない物が有るので送りますと
送っていただきました。

送っていただいた物を拝見した処、サイドにステッカー跡があるので何処かの会社で使われて
いた物の様です、外観は古い物みたいで使用感はありますが大きなキズ、損傷も無く日焼け
感もありません、早速手持ちの電子テスターと測定値を比べてみましたが何方もアナログ
なので大きな誤差は無いように見えます、なにより電子テスターでは最小ACレンジが300mV
ですので15mV辺りを測定すると僅かしか針が振れませんがACミリボルトメーターですと余裕
です、これでオーディオ機器の測定もある程度測れるようになりました。アナログメーター
の精度に付いてはデジタル測定器にかなわないのでしょうが私にとっては微弱信号が測定で
きるだけ有難いです
 

Re2:LED電球の寿命

 投稿者:岩渕  投稿日:2021年 1月 6日(水)11時49分22秒
  内尾さん、こんにちは

LED電球は長寿命、低消費電力と言っていますが本当のところどうなのでしょうね
我が家のセンサーLED電球は1年目位で点灯しなくなりました。原因は今まで掲示板
に投稿した内容です、幸い保証期間中でしたので販売ショップに連絡したら代替購
入コードを頂いて、購入した物を洗面所とトイレで使用しています、こちらも洗面
所の物が点灯しなくなりましたが代替品の代替はさすがに心苦しいので修理して
使っています

LED電球はこの他にボール型の物と60Wタイプの物を使っていますが此方は1年以上
経った現在でも故障なく点灯しています(これらはダイニングと浴室、玄関壁灯に
使っています)

さて、話題が違っているのですが内尾さんに質問があります、先日R-288ラジオを
修理されましたが此のラジオの短波帯発振周波数切り替えはどのようになっている
のでしょうか?以前作った中華マルチバンドラジオキットは2個のIFT状コイルのタッ
プを怪しい回路構成で切り替えてバンド切り替えをしています、ですがR-288の内部
写真を拝見すると短波用OSCコイルは1個の様で、これでどのようにして4バンド約4MHz
から15MHzまで切り替えているのか想像が付きません、よろしければご教授をお願い
します
 

Re:LED電球の寿命

 投稿者:田中/8  投稿日:2021年 1月 6日(水)11時29分12秒
   おはようございます。
再度LED電球ですが、確かに初期の物は重く寿命も短かったようです。かなり熱を
出すせいでしょうか。我が家は寿命等が来たものから交換していますが、蛍光灯だと
管を交換すれば戻りますがLEDは全交換になりますね。ただ、最近は器具も安くなってきて
色々な照明の機能が付いていて、先日親の部屋の蛍光灯を交換しました。何畳用という
物を少し大きめの物にしましたが、明るさが結構調節出来て便利ですね。

 先日注文した部品の到着待ちですが、今回はケミコンと高速ダイオードをまとめて
買いました。夏場ならバイクで買いに行くところですが冬道ですので。古いものを
修理していると思うように部品がそろわないのが頭痛の種です。リレーも互換品
10年くらい前から少なくなりました。

 今回、ケミコンはKMGをメインに買いましたが、FGとかFZと言う音響用に出されている物を
少量買ってみました。結果は取り換え後ですが、部品が大きいので古い機器の交換時足の
ピッチがあって助かりますが、高価です。SMG,KMGを使っていましたが音響用の物って
どう違うのでしょうね、興味ある所です。
 

Re:LED電球の寿命

 投稿者:内尾  投稿日:2021年 1月 6日(水)10時15分17秒
  お早うございます。

経験は少ないのですが、昔40Wのオーム電機のランプを購入したことがあります。
出始めのころで 安かったので購入したのですが やはり駄目でした。
暗くなる前に 切れてしまいましたね。
ほとんど使っていないので 数百時間以下でしょう。
安物は駄目ですね。
 

Re:LED電球の寿命

 投稿者:岩渕  投稿日:2021年 1月 5日(火)20時50分45秒
  田中さん、こんばんは

そちらは毎日真冬日ですか、こちらは今雨が降っています、積雪に雨が降ると雪が湿って重くなり
歩くのが大変です

LED電球は寿命が長いと言われますが中には短いのもありますよね、我が家で使っている12W(100W
相当)LEDセンサー電球は先日5回目のLEDチップ取り付け(もう交換はしません)をしました。初めは
電球色なのですが取りつけるLEDチップが白色なので交換するたび発光色が電球色から白色じみて
きます、吹き抜けには2個のセンサーLED電球と常時点灯の60玉LED電球2個(W数不明、予測で電球2,30W
相当と思われる)を取り付けています

センサー電球を2個付けているのは玄関から入っていた時点灯用と階段降り口側で点灯する用の
2個です、他にどちらも消灯しても真っ暗にならない様、2個の常夜灯として60玉2個になります
そのため写真下の右端に写っている60WタイプLED電球は通常点灯させません(センサーLED電球
故障時点灯用です)他にトイレと洗面所にも同タイプのセンサーLED電球を使っています
 

LED電球の寿命

 投稿者:田中/8  投稿日:2021年 1月 5日(火)18時58分46秒
   こんばんは、毎日真冬日です。

ふっと、食卓の電球が暗いと言われて、あらためて見てみると何となく暗いので
中古のLED電球と取り換えてみました。ちょっと明るい。

 旧は100Wタイプの電球色、取り換えた中古のLED電球は60Wタイプ
7割程度の明るさになったら寿命らしいけどちょっと早いような気がします。
旧は三菱の物で、ヒートシンクが結構熱くなるタイプです。初期にはかなり熱くなる
台湾製の電球は半年ほどで突然点かなくなりました。

 部品を多めに注文しました。市内に買いに行こうと思いましたが、年末年始
結構コロナ罹患が増えているようで通販にしました。アンプとチューナーの整備後
ラジオに手を付けようかと思っています。
 

R-288の修理

 投稿者:内尾  投稿日:2021年 1月 5日(火)18時44分45秒
  久しぶりに首記ラジオの修理をしました。
小さいのですが 調整箇所が多くて
それに出力計つき外部スピーカーが必要なので 非常に面倒です。

詳細は
http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/bclradio-repair/R-288.html#20210105
 

最近のソフトは空箱だけ!

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2021年 1月 5日(火)11時40分47秒
  「Acronis True Image 2021」を購入しました。
何と箱の中にメディアが有りません!
これでは、NET環境がないとインストール出来ません。
時代の流れですかね?

http://amp8.com/

 

Re:テスター棒について

 投稿者:岩渕  投稿日:2021年 1月 5日(火)08時05分55秒
  おはようございます

テスター棒ですか、私は昔からホムセンで売っているエルパ製のテスター棒を使っています
理由は、まずテスターの差し込み部分が付属のL型ですと差し込みにくいのと中華製の場合
根元が直ぐに断線してしまうからです、エルパ製も使い方で断線しますが差し込み側、テスト
棒側どちらもねじ込み式なのでピンを外して半田付け修理ができます(補足 テスター使用後は
箱に収納して保管するのでテスト棒は、その都度抜き取ります)

それと部品測定には自作のhfe測定用ミノムシクリップコードを使っています、リードが短い
ので測定の邪魔にならないのとコンデンサー測定時などリード長の影響が少ないです(本当は
これでも少々長いと思っています)あと電圧測定時にアース側に噛みつかせたりテスター2台
直列接続に使ったりします、ポイントは動きの良い小さなワニ口クリップを使う事です(100均
の物は、かみ合わせが悪かったり時がたつと開きが固くなったりします)
 

テスター棒について

 投稿者:ja1mdnメール  投稿日:2021年 1月 4日(月)08時15分32秒
  写真上=普通に点検するとき使用。
写真中=部品に固定して測定時使用、今まで使用した国産品1000円位。
    L型で引っかける方式。
写真下=部品に固定して測定時使用、最近見つけたドイツ製?2000円位。
    2組のL型で包み込む方式。

一番下の写真は、当方使用デジタルテスター。
左=最近のPC710...OFFが片方しか無、表示が小さい。
中=PC510........一番使い良い。
右=PC5000.......表示が小さい。
この電池は角形006P電池ですが秋月のニッケル水素電池8.4Vを使用。

http://amp8.com/

 

/467