<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 春のお祭り20%まで値下げ(0)
  2. 全店大激安(0)
  3. HERMES、GUCCI大激安で(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: CAD 回路図・基板設計 手配

 投稿者:石山(JA3TZZ)  投稿日:2022年 1月28日(金)18時24分41秒
  倉島様 皆さん こんばんは。
正直、小生も半信半疑でしたが、入手したのを見て凄いと実感しました。
確かに中国は金型等、日本より安いですがこれは数割~数分の一。
プリント基板試作は、ここまで価格差あると衝撃です。
日本でこの価格ですと、学校・研究機関でも活用の幅が広がります。

https://www.asahi-net.or.jp/~hp6y-isym/

 

Re: CAD 回路図・基板設計 手配

 投稿者:倉島  投稿日:2022年 1月27日(木)23時39分24秒
  石山さん、今晩は。

5ドルですか。レーザー加工機でパターンを書いてエッチングすれば安いとは思いますが、
それにしても驚きですね。
 

Re:朝ドラのラジオⅡ

 投稿者:設楽  投稿日:2022年 1月27日(木)18時18分16秒
   皆様、コメント有難うございました。以前の朝ドラでもあったことなのですね。

フィラメントランプが、分かり難かったので正面の画像をアップしました。
 

Re: CAD 回路図・基板設計 手配

 投稿者:石山(JA3TZZ)  投稿日:2022年 1月27日(木)08時31分0秒
  倉島様 お早う御座います。
基板は片面です。両面、スルーホールも可能です。
データは、CADで設計、ガーバーデータを送付しました。
CADはフリーソフトの『KiCAD』使用しました。
基板はデータ送付、チェック完了後1日で仕上がり発送です。
基板製作費は$5、輸送は張り込んでDHL使用$20、期間かかりますが船便ですと安いです
途中やりとり含めデータ送付から6日で手元に届きました。
自作品、試作品等には良さそうです。
https://www.pcbway.com/
多分、日本で試作すると1万円以上です。

https://www.asahi-net.or.jp/~hp6y-isym/

 

真空管試験機資料

 投稿者:野口メール  投稿日:2022年 1月27日(木)05時39分9秒
  受信機や測定器を触っております。初めて投稿致します。横河電機製作所の真空管試験機の

資料を探しています。取説とデータ集です。型式vtv-112型です。お持ちの方いらっしゃいましたら借用拝読致したく思います。慎重に取り扱い返却き責任を持ちます。

どうかよろしくお願い致します。
 

Re: CAD 回路図・基板設計 手配

 投稿者:倉島  投稿日:2022年 1月26日(水)23時07分40秒
  失礼しました。片面基板でしょうか?  

Re: CAD 回路図・基板設計 手配

 投稿者:倉島  投稿日:2022年 1月26日(水)23時05分6秒
  石山さん、今晩は。

ひょっとして初期費用(フィルムとか)なしで、600円で出来るのでしょうか?
信じられないです。両面基板とはいえ、どうやって利益が出るのか不思議です。
 

CAD 回路図・基板設計 手配

 投稿者:石山(JA3TZZ)  投稿日:2022年 1月26日(水)22時43分53秒
  皆さん、今晩は。
DSP使用したFMラジオ、フリーソフトの KiCAD 使用し回路図設計、プリント基板設計し、
ガーバーデータを中国Shenzhen 基板メーカーに送り本日入手しました。
価格が驚くほど安価、この価格ではサポートしている少年少女発明クラブ教材に
十分使えます。

・綺麗に出来ており問題なしです。。
・価格には驚きです。5枚で¥600程度 材質:ガラスエポキシ基板 80mm X 80mm  t=1.6
 これは日本で試作すると1万円以上はします。
 輸送費は別にかかります。今回は高価ですが「DHL」で依頼
・問い合わせ、連絡では素早いレスポンスが有り難いです。(英語です)
・現在のステップの状況がWeb上で直ぐわかります。

https://www.asahi-net.or.jp/~hp6y-isym/

 

Re:朝ドラのラジオⅡ

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月26日(水)22時27分18秒
  今晩は

先ほどの書き込みの画像です。
下記ページでした
http://www.ne.jp/asahi/uchio/tokyo/radiokobo/tube-radio/2/index.html
http://www.ne.jp/asahi/uchio/tokyo/radiokobo/tube-radio/2/index.html
 

Re: 松下AM390GR

 投稿者:倉島  投稿日:2022年 1月26日(水)20時33分7秒
  内尾さん
今晩は。どうでもよいのですが、アマゾンでも販売されているのですね。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB-National-%E6%9D%BE%E4%B8%8B%E9%9B%BB%E5%99%A8%E7%94%A3%E6%A5%AD-%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-AM-390G/dp/B082XLPSTW
 

Re:朝ドラのラジオⅡ

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月26日(水)20時29分12秒
  今晩は

昔 川越を舞台にしたNHK「つばさ」でも 同じように加工したラジオが使われていましたね。
たしかマジックアイが 同じようにバッチに変わっていたと思います。
画像が有るはずで探しているのですが 見つかりません。
 

Re:朝ドラのラジオⅡ

 投稿者:倉島  投稿日:2022年 1月26日(水)20時22分49秒
  今晩は。
普通のパイロットランプならよいですが、ネオンランプに交換されていないでしょうか?
 

松下AM390Gの修理

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月26日(水)14時35分1秒
  今日は

やっと整備が終わり 返却すべく梱包中です。
想像以上に大変でした。
ただ ここまで未経験で 誤配線があるにせよ よく整備したと感心しますね。
自分ならとっくに諦めていますが・・。
 

Re:朝ドラのラジオⅡ

 投稿者:岩渕  投稿日:2022年 1月26日(水)14時27分13秒
  こんにちは

1964年、東京オリンピックが有った年ですね、我が家では、この年には2台目の白黒テレビを購入し
ました。住まい自体は公営の長屋住宅でしたが父が国鉄職員だったので、その頃まだ一般的だ無か
った分割払い(月賦)と言う物が使えたので物心ついた時には4本足の白黒テレビがありました。
その為かこの時代の木箱やプラケース式の真空管ラジオを見たことがありません、ですからこれ等の
真空管ラジオに愛着を感じる事は無く、もっぱらトランジスターラジオばかりいじっていました。
初めて真空管ラジオに触れたのは中学校の技術科教材用の3球再生ラジオで真空管もmT管の
6BA6、6AR6、5MK9でした。ですから今でも真空管と言えばmT管になります
 

Re:朝ドラのラジオⅡ

 投稿者:星野  投稿日:2022年 1月26日(水)13時52分36秒
  設楽さん、
 すでに1964年のドラマなのでラジオからテレビに移行しておりラジオは廃れています。
改造ってマジックアイがランプになっている事ですか?
修理された古いラジオを登場させて、生活の苦しさを表現したかったのでは。
 娘のるいになってからツマラナイので見るのをやめました。
 

朝ドラのラジオⅡ

 投稿者:設楽  投稿日:2022年 1月26日(水)12時26分21秒
   昨日の朝ドラに登場したラジオには、びっくりしました。
歴史的遺産とも言える真空管ラジオに対してここまで"改竄"して放送するのかと
はなはだ疑問に思います。時代考証をきちんと行って欲しいものです。

 右側の画像がドラマのキャプチャー画像です。左側の画像は過去のネットオークション
画像から拝借しました。製造メーカーと思われるTOKYO DENKI GIKENの表示があります。
 

オーディオタイマー修理

 投稿者:岩渕  投稿日:2022年 1月26日(水)11時40分42秒
  こんにちは

今日は先程まで目覚ましにも使っているオーディオタイマーの修理をしていました。今回の故障
内容は時刻表示がランダムになる故障です、ランダムになる原因は色々ありますが一番考えられ
る事は時刻表示にプラズマ管を使用しているので、その表示用高電圧回路の電圧降下です

元々40年前に無線仲間から「表示がおかしいので直せるなら持っていけ」と言われ貰った物で
その時も高電圧回路の電解コン交換で表示が治り正常に使ってきました。20年前程にも同じ様に
なり今回で3度目の交換です、この他にも10年前にリレー駆動用の低電圧回路の電解コンも交換し
ました。この時は低圧電圧のリップル分増加によりリレーが動作時にブザー音を発生しました。
今回の交換で又20年位は使い続けられると思います(この次はもう無いかもです)
 

Re: 松下AM390Gの修理

 投稿者:倉島  投稿日:2022年 1月25日(火)23時36分12秒
  今晩は。

スイッチの配線は本当に嫌らしいですね。ましてや、間違った配線状態だと厄介です。
私も今、レシーバーアンプの修理をしていますが、ファンクションスイッチの接触不良に
泣かされています。プリント基板なので、端子配線よりはましですが。
 

松下AM390Gの修理

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月25日(火)17時07分28秒
  今晩は

分解前のシャーシ内部の画像を送ってもらい、当方の画像と見比べたり、
回路図と比較したり なんとか 原因を見つけました。

この機種は松下でも高級機種で 回路も込み入っているので、
画像だけで分解し あとで復元するのは無理ですね。
イラストでソケット スイッチ 中継点などを書き留めておかないと復元不能になります。
特に困るのはコイルも特注品で記号も何もありませんので、現物を見て判断できる経験が必要です。 
 

BNCtoバナナ変換プラグ

 投稿者:岩渕  投稿日:2022年 1月25日(火)12時46分19秒
  こんにちは

内尾さん、今回も難しい修理大変ですね電球を使った電流制限治具の記事も以前拝見しました。
電球がLEDランプに変えられていくので今後は入手が難しくなりそうですね

私の方はAmazon中華ショップに注文していたテスターなどのバナナプラグ端子にBNCケーブルを
接続する変換プラグが届きました。これを使うと周波数が測定できるデジタルテスターにテス
ターリードではなくオシロプローブやBNCケーブルをつないで測定できます、これを購入して分
かったのですがテスターのプラグ間隔はどれも同じなのですね
 

松下AM390Gの修理

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月24日(月)18時52分4秒
  通電は正常に出来るようになったのですが、音声が出ません。
低周波部分はテスターでの測定時 クリック音が出るので 大丈夫そう。
IF信号(455KHz)を入れても音声が出ません。
調べてゆくと 画像のバンド切替スイッチ部分の配線が非常に怪しい。
どうもこの部分も分解したので 配線はやり直したらしい。
スイッチの内部構造が見え難いので どうするか悩んでいます。
 

松下AM390Gの修理

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月24日(月)17時24分34秒
  今日はやっと通電できるところまで こぎつけました。
原因はアースラインの配線ミスでした。
なお このような怪しいと思われるレスの通電はいきなり通電してはいけません。
図に示すような装置を作って ご利用ください。
真空管が壊れるのを防止します。
具体的には
http://radiokobo.sakura.ne.jp/R/w/memo/1/testjigu100.jpg
 

松下AM390Gの修理

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月23日(日)19時02分43秒
  先ず ケミコン良否を確認しようとしました。
ケミコンテスターで通電すると 電圧の出方が怪しいです。
①ケミコンからスピーカーに配線する線が ケミコンの部分で半田付けされていません。
②30A5のプレート配線が 間違っています。
③イヤホーンジャックの マイナス側がB+側に接続されています。
④30A5と12AV6の結合コンデンサーにリークがあります。
その他 30A5周辺で配線間違いやコンデンサーのリークが沢山あります。
 

松下AM390Gの修理

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月23日(日)17時08分39秒
  自分で修理したが うまく動作しないと言うことで依頼を受けました。
この機種は20年位前に修理したことがあります。
http://radiokobo.sakura.ne.jp/G/repair/AM-390G.html
どうも水没したとかで全部バラバラにして 清掃し 組み立てたそうです。
あまりに綺麗に清掃してあり 昔の痕跡が無いので 元に戻すのが大変です。
20年前の修理記録は当時カメラの精細度も低く 記憶装置も高額で、
昔の画像を見ても良くわかりません。

 

大分・宮崎の地震

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月22日(土)21時11分50秒
  今朝 大分で震度5強の地震があり吃驚しました。
当方は東京在住ですが 親族 友人 知人が大勢居るので心配でした。
ただ不思議なことに 実家のある中津市は震度3らしい。
友人に電話したら 大きな揺れは無かったらしい。

 

Re; 神戸工業の6M-1000

 投稿者:倉島  投稿日:2022年 1月22日(土)16時50分47秒
  2017年に富士通テンからデンソーテンになったようです。
(済みません、正式社名は「・」なしでした。)
神戸工業⇒富士通⇒富士通テン⇒デンソーテン

一般的な家電メーカとは違うので、無線メーカの技術ではないかと思います。
 

Re; 神戸工業の6M-1000

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月22日(土)13時31分3秒
  倉島さん
最近はデンソー・テンになったのですか、以前富士通の子会社になっていましたが。
大学の同級生(合計14人)が富士通に入社し 最後は富士通TENの重役をやっていたと思います。
会社の変遷は厳しいですね。

画像はシャーシの構造です。
 

Re; 神戸工業の6M-1000

 投稿者:倉島  投稿日:2022年 1月22日(土)12時05分55秒
  内尾さん、おはようございます。
このラジオはデンソー・テンのHPによると、1954年頃となっていますので、
発売は昭和29年でしょうか。当時として、プラスネジとは感心しますね。

https://www.denso-ten.com/jp/gihou/jp_pdf/tok02/2-2.pdf
 

神戸工業の6M-1000

 投稿者:内尾  投稿日:2022年 1月22日(土)11時17分8秒
  倉島さん

このラジオ ネジが+ネジ それも鉄ネジを使っているのです。
昭和31年頃の日本製ラジオとしては画期的と思います。
子供の頃は鉄ネジを馬鹿にしていたのですが 使ってみると便利ですね。
神戸工業はトランジスターを早くから作っていたし、mT管も早かったです。
さすが もともと飛行機メーカーの後身だけのことはありますね。
経営者が先見性があったのでしょう。

今回 改めて神戸工業の凄さを感じました。
当時のナショナルや東芝のラジオに比べると格段に素晴らしい。
 

Re: 出力トランスの自作Re:

 投稿者:倉島  投稿日:2022年 1月20日(木)23時47分25秒
  今晩は。

私も似たようなトランスの部品一式を持っていますが、よほどのことがないと
巻くことはないです。端子を付けるのに工夫がいります。

また、神戸工業の6M-1000ですが、独特のデザインで存在感がありますね。
 

/512