teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/629 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

おはら節は遊女の悲恋歌

 投稿者:クレオパトラの夢  投稿日:2019年11月11日(月)10時58分7秒
  通報
  【鹿児島のおはら祭を何故渋谷でやるの ?】

という疑問を解明します。その前に、本家本元の鹿
児島の「おはら祭」について。

〇その起源は
「昭和24年「鹿児島市政60周年」を記念して始ま
った。開催は秋11月2・3日。鹿児島のいづろ通り
(天文館の電車道)が会場。」ということのようで
す。

昭和24年と言えば、戦後の混乱期。若者は学校を
出ても職がない。京セラの会長稲盛氏の同級生の
話によると、玉竜高校卒業時(昭和26年)に上荒田
のタバコ専売公社の採用5人に対して応募者2000
人が殺到したという。

そんな困窮時代をも強(したた)かに生きようとし
て始まったのが鹿児島「おはら祭」だったのでし
ょう。

鹿児島民謡「おはら節」に振り付けがされて、昨
年の観客動員数は20万人以上だったそうです。私
が市内に下宿していた昭和45年頃は、興味がなか
ったせいかもしれませんが、「おはら祭」なんて
聞いたこともなく、それほど盛んだったとは思えま
せん。

それが今や、渋谷に飛び火して本家を凌ぐ盛況ぶ
り。(つづく)
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/629 《前のページ | 次のページ》
/629