teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/629 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:クレオパトラの夢  投稿日:2019年 8月11日(日)20時44分59秒
  通報
  法華経第11「見宝塔品」の冒頭にはこんな譬喩が出て
きます。「そのとき、釈尊の前に地中から宝塔が現れ
た。その大きさたるや地球の三分の一。それはありと
あらゆる宝石で飾られ、四面からは世界中に栴檀(せん
だん)の香が放たれていた。」

原文ではその荘厳、絢爛豪華(けんらんごうか)さをこれ
でもかとばかりの幾重の文言で綴っている。この宝塔
こそが釈尊が表したかったことで、それが何なのかが、
その後の仏教者の最大のテーマになり、数多(あまた)の
曼荼羅が産まれることになります。

この、宝塔の尊厳さを表すものとして、仏塔を中心と
した仏教寺院(伽藍)も建てられていきます。

では、その中心となる宝塔とは何か。それは、あなた
自身、わたし自身であるという結論に至るのです。
「この世で、一個の人間こそ、尊くきらびやかなもの
は他にはないのだ」という「仏教の心」が、あの寺院
建築に表されています。

一方で神道は、伊勢神宮が一番質素です。

そんな伊勢神宮にこそ、「神道の心」があると私は思
っています。それが、形となると例えば、料理で高級
な食材やあらゆる香辛料を使ってできる中国や西洋の
宮廷料理ではなく、とことん素材の味にこだわる日本
料理のようなもの。

それは、自然に感謝し、自分の周りに感謝し、そして
自分が生かされていると考える心。神道に体系化され
た理論などはありませんが、そう感じ取りなさい、と
いうことでしょうか。
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/629 《前のページ | 次のページ》
/629