都市鳥情報掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


278件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。


[194] Re: イソヒヨドリ

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年 2月 5日(日)01時58分11秒   通報   返信・引用 > No.192[元記事へ]

misa様

イソヒヨドリの、ねぐらの観察レポート、ありがとうございます。
都市部でのイソヒヨドリのねぐらの記録は、たいへん貴重な記録で
いままで観察記録がありませんでした。

マンションの小窓庇下に来ているとのことですが、ぜひ長期に渡って
記録をとって都市鳥研究会の都市鳥ニュースに記録を投稿してください。
(dqh05312☆nifty.com〔越川〕☆を@にかえてください)

きっとマンションのかなり高い階でねぐらをとっているのではないでしょうか。
大陸では内陸の絶壁を生活の場にしているらしいので、高層マンションは
かれらにとって絶壁の代替物として見ているようです。

たいへん貴重な観察記録ありがとうございます。




[193] Re: URBAN BIRDS Vol.33発行

投稿者: 松丸一郎 投稿日:2017年 2月 4日(土)22時39分4秒   通報   返信・引用 > No.191[元記事へ]

今号では、Vol.30(2013年12月)に続いて東京都内のウミネコについて投稿させていただきました。
都市鳥研究会ではカラスやムクドリについて取り上げられてきましたが、当該地域のウミネコも、生息域が人の生活圏と重なっていることから騒音や糞害などが問題になっており、人と野鳥の関係を考えながら解決の道を模索していくべき事例の一つではないかと思います。



[192] イソヒヨドリ

投稿者: misa 投稿日:2017年 2月 4日(土)16時59分17秒   通報   返信・引用

柏市北柏在住です。今年に入り自宅マンションのトイレの小窓庇下に、毎晩17時半を過ぎますとイソヒヨドリが体を休めに来ております。
体は青く、胸は茶色でとても美しいですね。小窓の網戸に寄り掛かるようにして眠っています。雨が降ると来ません。
音にも慣れたのか(なにせお手洗いですからね...)最初はすぐに逃げていたのが多少の音では逃げなくなりました。



[191] URBAN BIRDS Vol.33発行

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年 2月 4日(土)02時20分22秒   通報   返信・引用

URBAN BIRDS Vol.33、通巻74号を発行しました。
以下が目次です。
たいへん充実した内容です。

             目 次
巻頭言…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・和田 岳    1

● 第7回者『心におけるカラスの集団塒の個体数調査(2015年)
   唐沢孝一,越川重治,金子凱彦,川内 博
   石井秀夫,柴田佳秀,田中正彦,沼里和幸                          2~ 17

● 品川区におけるツバメの繁殖調査報告………………………………唐沢孝一18~ 25

●広域的空間スケールにおけるスズメの個体数水準の変化
  ―明治から現代にいたる米穀の流通脱漏の変化に原因を求める一  有田一郎26~ 41

● 東京におけるウミネコの屋上繁殖の現状……………………松丸一郎,樋口広芳42~ 59

短 報
● スズメによるムクドリ繁殖巣の雛への異種間給餌………………   越川重治60~ 63

会 記
● 本会主催の集会報告・2016年の発行・発信物。お知らせ……………………  64~ 67

● 2015年度。2016年度会計報告…………………………………金子凱彦,川内 博68~ 70



[190] 民家の庭先にチョウゲンボウが飛び込む

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年 1月25日(水)01時30分25秒   通報   返信・引用

1月21日、船橋市咲が丘の住宅地の民家の庭先の約2メートルの刈り込まれた
庭木に群れていたスズメ約20羽に向けて、上空よりチョウゲンボウが急降下し
その庭木に飛び込み、スズメを襲った。
間一髪気づいたスズメが隣の庭木に逃げ込み、チョウゲンボウの狩りは失敗した。
庭の前面が広い駐車場であり、開けた環境だったので襲いやすかったのだと
思うが、住宅地の民家の庭先にチョウゲンボウが飛び込んだのにはびっくりした。
駐車場にいた私との距離は約6メートルほどであった。
厳冬期でチョウゲンボウも餌不足なのか、なりふり構わぬ大胆さに驚いた。



[189] Re: 奥多摩湖でイソヒヨドリを確認

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年 1月20日(金)02時13分2秒   通報   返信・引用

朝比奈 様

奥多摩湖でも見られましたか。貴重な記録ですね。

2012年5月3日に柴田さんが報告されているように
ダムサイト周辺で見られているイソヒヨドリは、
意外に多いのに驚かされます。
2012年には、奥多摩湖の記録はありませんでした。

柴田さんがまとめてくれたイソヒヨドリが記録された
ダムサイトは、以下にまとめられています。

全国の内陸ダムサイトを良く観察すれば、もっと目撃例が
増えてくるでしょう。

https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1WIZt7C-fR4d87n1M0orHlhI3620&msa=0&ll=35.500404081426346%2C135.67020875000003&z=5

?



[188] 奥多摩湖でイソヒヨドリを確認

投稿者: 朝比奈邦路 投稿日:2017年 1月19日(木)21時02分48秒   通報   返信・引用

本日(1月19日)夕方、仕事で訪れていた奥多摩湖(東京都奥多摩町)で、イソヒヨドリ♂を1羽観察しました。奥多摩湖は標高約530mあり、最短の海岸線から約58km、多摩川河口から直線距離で約74km離れています。大寒を翌日に控えた残雪の残るダムサイトで、カヤクグリのちょっと寂しい声を聞きながら、イソヒヨドリを観察したことに少々驚いています。


 



[187] コサギ

投稿者: 柴田佳秀 投稿日:2017年 1月17日(火)20時44分25秒   通報   返信・引用

家の近くを流れる手賀沼に注ぐ大堀川では20年くらいコサギの個体数はそう変化がないように思います。コサギの個体数変動はどうも食物の魚の増減であると感じています。現在の当河川では国内移入種のツチフキが増加傾向にあり、コサギのよい食物資源になっています。魚からのアプローチも重要ですね。



[186] Re: 再び多摩川中流域の越冬コサギについて

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年 1月16日(月)01時30分32秒   通報   返信・引用 > No.185[元記事へ]

朝比奈 様

多摩川中流域の越冬コサギの数の報告、ありがとうございます。
個体数が回復してきたようで、ほっとしています。

千葉県でも昨年ごろからコサギがいままで見られなかったところでも
少数ながら見られてきて、回復傾向にあるのかなと感じておりました。

ほかの地域ではどうでしょうか。



[185] 再び多摩川中流域の越冬コサギについて

投稿者: 朝比奈邦路 投稿日:2017年 1月15日(日)19時31分26秒   通報   返信・引用

昨年11月17日の観察で、調布市で100羽を超えるコサギの群れを目撃し、当掲示板で報告させていただきましたが、その後、12月22日に立川市の日野橋付近で約70羽、今年1月13日、日野橋-立日橋間で約40羽のコサギの就塒前集合(ほぼ純群)を観察しました。これらのコサギは、両日共に日入後、かなり暗くなってから、北西方向(国営昭和記念公園方向)に渡去しており、11月観察の調布市の群れ(二ケ領用水堰で就塒)とは別群と考えられます。
 今季は多摩川中流域の越冬コサギの数は、極端に減少しはじめる前の2008-9年の越冬期の数位まで回復しているように思います。皆様の観察地域では如何でしょうか。



[184] ヒヨドリの食性

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年 1月14日(土)02時11分20秒   通報   返信・引用

年があけてそろそろ餌が少なくなってきたせいか、ヒヨドリが地上に
降りはじめました。千葉市の公園では、シロツメクサの葉を食べていました。
また、アジサイの果実をヒヨドリが食べていました。アジサイの果実を
食べるのは初めてみました。



[183] センダンの果実を食べるムクドリ、ヒヨドリ

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年 1月 7日(土)02時23分28秒   通報   返信・引用

 今年は果実が少ないのか早くもセンダンの果実が木からなくなり、
落ちてしまった果実をムクドリ、ヒヨドリが1月6日、千葉県野田市
で食べていました。ムクドリと一緒にヒヨドリも地上に降りて採餌
していました。
両者ともセンダンの果実の大きさが限界で大きな口を開けてやっと
飲み込んでいましたが、大きすぎて飲み込めない失敗が多く見られ
ました。



[182] あけましておめでとうございます

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年 1月 1日(日)03時33分40秒   通報   返信・引用

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
都市鳥情報をお待ちしております。
富津岬の富士山とカワウの大群です。



[181] Re: 東京上野公園上空にヒメアマツバメ

投稿者: 越川重治 投稿日:2016年12月22日(木)02時52分9秒   通報   返信・引用

松丸 様
上野公園でヒメアマツバメの目撃情報、ありがとうございます。
神田駿河台以外にもコロニーがありそうですね。



[180] 東京上野公園上空にヒメアマツバメ

投稿者: 松丸一郎 投稿日:2016年12月21日(水)02時51分11秒   通報   返信・引用

12月13日、東京都台東区の上野公園でヒメアマツバメが飛翔しているのを目撃しました。
日本野鳥の会東京 研究部 2009年のブログで都心のコロニーが話題にあがっており、
http://tokyo-birdstudy.blogspot.jp/2009/05/blog-post_20.html
また昨年(2015年)12月19日の第7回カラス調査の折りにも豊島ケ岡墓地周辺で目撃したのを思い出しました。



[179] カワウの標識個体②

投稿者: 越川重治 投稿日:2016年12月18日(日)02時57分32秒   通報   返信・引用

2016年12月9日にカワウの標識個体を千葉県市川市の大柏川第一調節池緑地で見つけました。

都市鳥研究会会員の福田道雄氏によるとこの成鳥(Z99)(右手前の個体)は、2006/05/15に行徳で放鳥した
個体で、3861日目(約10.6年)で、最高齢クラスだそうです。

カラーリングが壊れかけており、いつまで追跡できるのか心配ですね。

左の標識個体は、前回報告した(8A7)です。



[178] Re: ユリカモメの標識個体

投稿者: 越川重治 投稿日:2016年12月 6日(火)01時34分35秒   通報   返信・引用 > No.177[元記事へ]

松丸 様

ユリカモメの標識個体の情報、ありがとうございます。
関西で見つかった個体が関東にも来ているのですね。

F5の個体は、毎年不忍池に来ているのですね。
参考になりました。

日本で見られているユリカモメは、8月にヤクートにおいて成鳥で放鳥され
た1例を除いて、他は全てカムチャツカで6・7月に雛または幼鳥で放鳥された
ものだそうです。(鳥類アトラスより)

これらの標識個体もヤクートやカムチャツカ付近で繁殖しているのでしょう。



[177] Re: ユリカモメの標識個体

投稿者: 松丸一郎 投稿日:2016年12月 5日(月)22時56分28秒   通報   返信・引用 > No.175[元記事へ]

越川様、東京都台東区の不忍池では、2012年3月20日に近くの隅田川で標識(青地に白文字 F5)されたユリカモメが毎年飛来していることが確認できます。
同地では、2009年2月に400km以上離れた兵庫県西宮市で標識された黄色地に黒文字 NLのカラーリングを装着した個体が2013年1月26日に飛来してきたこともありました。



[176] Re: 東京都心にアトリの群れ

投稿者: 越川重治 投稿日:2016年12月 5日(月)01時25分44秒   通報   返信・引用 > No.172[元記事へ]

12/4に千葉県船橋市の市街地のお寺のケヤキにアトリ31羽が、
とまっていました。
ケヤキの種子を食べていました。
千葉県の都市公園では、いろいろなところでアトリが見られています。
やはり当たり年ですね。



[175] ユリカモメの標識個体

投稿者: 越川重治 投稿日:2016年12月 4日(日)02時30分34秒   通報   返信・引用

11月18日に千葉県我孫子市手賀沼公園でユリカモメの標識個体を
見つけました。

右足に環境省リング            8A34604
左足に青のカラーリング     FJ

ユリカモメの標識グループの方々に伺うと
2012年3月24日に行徳野鳥観察舎で成鳥になった状態で捕獲された個体。

2013年は、行徳野鳥観察舎周辺、江戸川放水路で観察
2014年は、12月3日手賀沼公園、13日(観察舎初認・終認)
2015年11月8日(観察舎初認・終認)
ということがわかりました。

行徳野鳥観察舎周辺、江戸川放水路、手賀沼公園を行き来している
ことがわかりました。

情報をいただいた佐藤達夫様、 澤祐介様、和田岳様
ありがとうございました。

足輪のついた鳥類を見つけたら山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)
http://www.yamashina.or.jp/hp/ashiwa/ashiwa_index.html#ashiwa
まで連絡してください。



[174] Re: 東京都心にアトリの群れ

投稿者: 越川重治 投稿日:2016年12月 1日(木)01時19分56秒   通報   返信・引用 > No.172[元記事へ]

松丸 様

アトリの情報、ありがとうございます。
今年は、アトリとマヒワの渡りが多くみられているので、当たり年かも知れません。

都市公園でも要注意ですね。

> 2016年11月29日、東京都心の公園で、「あっ、鳥の群れ!」と思ったら、200羽を超えるアトリの群れでした。



[173] Re: カワウの標識個体

投稿者: 越川重治 投稿日:2016年12月 1日(木)01時15分31秒   通報   返信・引用

松丸 様

若き日の8A7の写真ありがとうございます。
野生で約10.4年も生き続けているのはすごいですね。

標識調査によらなければ、このようなこともわからないので標識調査は大切ですね。


> 越川様、カラーリング 8A7 のカワウ標識個体について、若々しい姿をしていた2007年4月15日の撮影画像を参考までに貼っておきます。



[172] 東京都心にアトリの群れ

投稿者: 松丸一郎 投稿日:2016年11月30日(水)23時47分28秒   通報   返信・引用

2016年11月29日、東京都心の公園で、「あっ、鳥の群れ!」と思ったら、200羽を超えるアトリの群れでした。



[171] Re: カワウの標識個体

投稿者: 松丸一郎 投稿日:2016年11月30日(水)23時37分20秒   通報   返信・引用 > No.169[元記事へ]

越川様、カラーリング 8A7 のカワウ標識個体について、若々しい姿をしていた2007年4月15日の撮影画像を参考までに貼っておきます。

http://matsumaroom.na.coocan.jp/child/bird/bird-ring_kawau01.html



[170] Re: 多摩川中流域の越冬期コサギの動向

投稿者: 柴田佳秀 投稿日:2016年11月29日(火)16時09分45秒   通報   返信・引用 > No.164[元記事へ]

各種サギの増減の原因は捕獲する魚類の種の増減と相関があるように思っています。コサギとカワウが狙っている魚種を知りたいですね。


>  近年、関東平野を中心に越冬期のコサギの減少が話題になっていて、私の観察でも多摩川水系中上流域、相模川水系上流域では、コサギの数が減少していると感じていました。今期も越冬期のサギ科の鳥では、ダイサギ、アオサギの2種が優占種で、コサギの個体数は、依然として少ないと感じていましたが、昨日(11月17日)、多摩川中流の二ケ領用水堰(調布市-川崎市多摩区)で100羽以上のコサギの群れを観察しました。このコサギの群れは、カワウの潜水猟に同行して、カワウに追われた魚を瀬際で狙っていました。(写真①②)仕事の関係で昼休みと夕方以降の観察となりましたが、夕方は用水堰の建造物でそのまま、カワウと一緒に就塒しており(写真③)、ほぼこのエリアのコサギは、ほぼ終日、カワウと行動を共にしていると推察されます。他のエリアでのコサギの個体数や行動の動向は如何でしょうか。



[169] カワウの標識個体

投稿者: 越川重治 投稿日:2016年11月22日(火)02時07分45秒   通報   返信・引用

2016年10月16日にカワウの標識個体を千葉県市川市の大柏川第一調節池緑地で2羽見つけました。
カワウは標識個体を混ぜて7羽いました。

成鳥8A7は、放鳥日が2006.5.15、放鳥場所は千葉県市川市行徳鳥獣保護区 写真 上、中
幼鳥EG7は、放鳥日が2016.5.6、放鳥場所は同じく千葉県市川市行徳鳥獣保護区  写真 下
ということがわかりました。

成鳥8A7は、約10.4年も生き続けている個体で最高齢クラスだそうです。
両個体とも都市鳥研究会会員の福田道雄氏が標識したものです。
福田さん、山階鳥研の加藤さん、情報あがとうございました。

カワウやユリカモメなどの標識個体を見つけたら投稿してください。



[168] Re: 多摩川中流域の越冬期コサギの動向

投稿者: 朝比奈邦路 投稿日:2016年11月19日(土)22時23分30秒   通報   返信・引用 > No.167[元記事へ]

白井様

 早速のコメントありがとうございます。白井様のアオサギネットでの精力的な調査・研究はかなり前から存じ上げておりました。調布市深大寺元町のコロニーが消失してしまったことは、初めて知りました。去年、今年と全く行けなかったので、気になっていたのですが、ここの土地所有者の方は理解のある方だっただけに残念です。
 10月以降の多摩川水系の最近のコサギの動向ですが、本流は(ただ下流・河口部は未確認)、今回お知らせした二ケ領用水堰以外は、ほとんど見かけません。(支流の浅川、秋川では少数を見ますが。)あと、夜行性で目立たない存在ですが、ゴイサギも1990年代に比べると現在は、多摩川水系、相模川水系共に、かなり数が減っている様に感じています。
 一方、ダイサギは本流・支流ともに数多く見かけ、今シーズンは日野用水堰上流中州(昭島市)と高月浄水場(八王子市)に塒を形成しているようです。どちらも、日中の写真ですが参考までに添付いたします。



[167] Re: 多摩川中流域の越冬期コサギの動向

投稿者: 白井 剛 投稿日:2016年11月19日(土)19時28分20秒   通報   返信・引用 > No.166[元記事へ]

朝比奈様、皆様、こんにちは。多摩川のサギ類のことということでお邪魔します。

私は、もう少し上流の日野市の多摩動物公園にあるアオサギコロニーと周辺をメインに東京神奈川の都市部で観察しています。
確かにコサギが少なく、他の場所でも同じ感じですね。またダイサギが多いように思います。
立川付近では最近はダイサギの群れが見られたり、繁殖期にアオサギのコロニーでダイサギの繁殖も見られています。

コサギの繁殖は、私が見ている範囲では少なく、多摩動物公園のコロニーではわずかですが繁殖に参加しているようです。
他には、水元公園のコロニーに多少コサギが入ってるかもしれません。
横十間川親水公園の小さい島では夕方にコサギの小さい群れが立ち寄ったりも見かけました。

ちなみに調布市深大寺元町のコロニーはコサギの繁殖も見られていましたが、2014年に消滅してしまいました。

時々、川崎市多摩区側を歩いていますが、ねぐらはよくわかりませんでした。

また何か見つけたことがありましたら教えてください。

http://home.c00.itscom.net/ardea/



[166] Re: 多摩川中流域の越冬期コサギの動向

投稿者: 朝比奈邦路 投稿日:2016年11月19日(土)09時56分55秒   通報   返信・引用 > No.164[元記事へ]

 コサギが群れていた多摩川の用水堰について、補足説明させていただきます。二ケ領用水堰は、「上河原堰」とう名称も使われています。上流側にあった中州に1994年頃まで、小規模なサギのコロニーがありました。(その後、台風の増水や河川改修工事で中州は消失し、コロニーは北方約3kmの調布市深大寺元町の国分寺崖線上の緑地に移動しています。)
 また、カワウは塒を多摩川上空に架かっていた、高圧送電線でとっていましたが、今夏に送電線が撤去されたため、用水堰の建造物に就塒するようになった様です。昨シーズンまでは、コサギ、ダイサギは夕方になると、右岸の川崎市側に飛去していて正確な塒は不明でした。



[165] Re: 多摩川中流域の越冬期コサギの動向

投稿者: 越川重治 投稿日:2016年11月19日(土)02時05分25秒   通報   返信・引用 > No.164[元記事へ]

朝比奈 様

多摩川中流の二ケ領用水堰で100羽以上のコサギの群れの観察、驚きました。
減少が著しいコサギがこれほどの数で見られるのは、今ではたいへん珍しい
のではないでしょうか。

また、コサギの群れが、カワウに追われた魚を瀬際で狙って採餌するというのも
面白い行動ですね。


レンタル掲示板
278件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.