都市鳥情報掲示板



カテゴリ:[ 趣味 ]


新着順:7/266


[266] 都市公園で繁殖するコブハクチョウ問題

投稿者: 越川重治 投稿日:2017年 8月 9日(水)14時49分18秒   通報   返信・引用

市川市の南大野のこざと公園で昨年からコブハクチョウが繁殖し始めました。小さい雛のうちは、その可愛さから連日カメラマンが押し寄せるほど人気となりました。昨年は雛が4羽生まれ3羽は餌付けの餌を詰まらせたのが原因らしく死亡しました。残り1羽の巣立ち雛は今年の2月ごろから子別れのため、雄親から執拗に攻撃され衰弱しこざと公園から追い出され、近くの川で衰弱死しました。今年は、4羽雛が生まれ3羽が育ちました(写真)。現在すでに親と同じくらいの大きさまで3羽の雛が成長しました(写真)。冬になり年が明けると再び子別れの儀式で雄親が雛達を執拗に追い出しにかかることでしょう。コブハクチョウは、繁殖期に入るとたいへん神経質になり危険です。北海道のウトナイ湖では近づいた人を翼で叩いて骨折させた例やイギリスやアメリカでは、亡くなった例もあるほどなので危険です。ただ小さな雛鳥が可愛いからと言って餌付けをしたりして繁殖個体が分散して増えると大きな問題となってきます。こざと公園のコブハクチョウを見るたびに複雑な思いになります。


新着順:7/266


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.