裏・大人のオーディオ



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


16件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[17] Re: MAGMA LIVE 1975

投稿者: I HAVE THE TOUCH 投稿日:2017年 9月11日(月)16時19分46秒 softbank060076235010.bbtec.net  通報   返信・引用

奥田さん、こんにちは。


> MAGMA LIVE 1975ですが、クソHMVでは入手困難でしたが、
> 別ルートで購入できました(Disk Unionではありません)。

えっ!?Σ(・ω・)御友人から、CD-Rに違法コピーですか?(爆)
(ヾノ・∀・`)ナイナイ


> ヘッドフォンで一通りざっと聴きました。
> まだざっと聴きなので、第一印象ということで書きます。

マグマ初体験、おめでとうございます。


> >「メカニック・ザイン」という曲は凄いです。
>
> なーるほど…おっしゃりたい事は何となく分かりました。
>
> う~む、このバンドはプログレ・ロックとカテゴライズされていますが、
> むしろフリージャズでは?という感じは受けました。
> 前衛的な雰囲気があるので、そういう部分でプログレ的と思われるのでしょうな。
>
> いやぁ、残念ながらこのテの音楽は私的には評価しづらいです。

あちゃ~ぁ。。。ダメでしたか。
「MAGMA LIVE 1975」がマグマの最高傑作とされてますので
このアルバムがダメでしたら、マグマは全部だめです。(ズコー)

個人的には、「ウルゴンとゴルゴ」(?)とか「MDK」とか
名盤が多いのですが、1975年のライヴ盤がNGですと・・・A^^;


> 既成概念を打破せんとする彼らの向上心には、
> 「その心意気や良し」と言ってあげたいところですが・・・
>
> さすがこれは音楽としてちょっと違うのではないか?と思ってしまいます。
> 既存の音楽様式にドップリ浸かった私のような人間の思考回路では、
> そもそもこれは音楽と言えるのか?とすら思ってしまいます。(_ _ ??)/

「ツイッソッペラ♪ツイソッペラ♪ツイッソッペラ♪ツイソッペラ」
の繰り返しが聴いていて、快感なんですけどね。A^q^;


> うーん、第一印象は残念ながらネガティヴなものになってしまいました。
> 既成概念で頭の固まった私にはちょっと斬新すぎましたね。(;^_^ A

プログレなので、既成概念をブチ壊す音楽でし。(笑)


> ま、今後詳しく聴き直してみれば、新しい発見もあるかもしれません。

2枚組全部聴くのはしんどいでしょうから「メカニックザイン」だけでも
聴き込んでみるとマグマに目覚めるかも知れないですよ。(笑)

似たような音楽(?)で、「デビルドール」とか言うバンド(?)もあるらしいのですが
私は未聴です。A^^;

ココだけの話ですが、私はプログレ界の名手「ピーター・ハミル」がダメな人なんですよ。A^^;
ハミル御大のアルバム、勧められて、名盤とされるのを幾つか聴きましたが
何処が凄いのかさっぱりでして。(汗)A^^;

さて、明日はDisk Unionプログレ館行こうかな?
ゲ!小田急線、炎上で新宿まで行けないお~。(´;ω;`)ブォッ







http://www.kinomotoworld.com/




[16] Re: What's the frequency, Kenneth?

投稿者: I HAVE THE TOUCH 投稿日:2017年 9月11日(月)15時57分21秒 softbank060076235010.bbtec.net  通報   返信・引用

奥田さん、こんにちは。


> またまたギター・ネタです。

ギターの事はあまり良く判らないのですわ。(´;ω;`)ウゥッ


> 少し前に「R.E.M.はギターがリッケンバッカーだから嫌い」というような事を書きました。

R.E.M.のエアチェックカセットテープが出てきたので聴きましたが
棒にも箸にもかからない音楽でした。(´・ω・`)


> いきなりですが、R.E.M.のギターがリッケンというのは、
> ライヴ映像やプロモビデオを見ての判断なので、
> 実際のスタジオ作品で何が使用されたか断定できるわけではありません。
> 世の中にはスティーヴ・ハウのようにスタジオとコンサートとで、
> ギターを使い分けている人もいますからねぇ。

えっ!?Σ( ・ω・ )奥田さんは、音を聴いてギターを判断できたはずでは・・・A^^;


> さらにプロモビデオの場合、音声トラックはCDすなわちスタジオ作品をそのまま流用して、
> それをそのまま映像に貼り付けたりしますので、
> ヴォーカルが口パクになるだけでなく、演奏全部が「手パク」だったりします。

プロモビデオの口パク、手パクは日常茶飯事でしょう。(^^)/

ピーガブのSledgehammerで、コマ撮りなのに歌と口が合ってるのには
正直、ぶったまげましたが。(笑)


> で、R.E.M.のヒドい音ですが、私が特にこれはヒドいと思ったのがこの曲。
> https://www.youtube.com/watch?v=jWkMhCLkVOg

こんなクソ音楽(爆)が世界中で売れてたんですか?
世も末ですのう・・・。~(・ω・~)


> 前回の投稿の後、思い出してプロモビデオを見てみたのですが…
> あれ?ギターがリッケンじゃない!(@_@)
>
> ま、上に書いたようにプロモVに写っているギターなんてアテにはなりませんが。(-_-)
>
> 分かりにくい映像ですが、ここで使用されているギターはこれのような気が…
> http://shop.fender.com/ja-JP/electric-guitars/mustang/mustang/0144042598.html#start=1

ギターの事は良く判らないのですわ。(以下、ループ)


> 映像で使用されているギターは、ピックアップがストラト系に改造されているように見えます。
> それとこれは左利き用モデルです。それを逆向きに持って弾いていますね。
> ジミヘンの猿マネです。(^m^ )

ジミヘンって左利き用を逆に持っていたのですか?
・・・で、ステージ上で燃やす・・・と。(笑)


> ところで上記のフェンダー・ムスタングですが、
> 昔、友人が実物を所有していたので、私もイジらせてもらったことがあります。
> このビデオのようなヒドい音ではありません。
> この音は明らかにイコライザーで高域を切っています。
> どんな音で音楽を作ろうとミュージシャンの自由ですが・・・
> ・・・これはあんまり趣味が良いとは思えませんでしたね。┐( ̄ヘ ̄)┌

なるほど~。A^^;

思うに、1990年代は洋楽が暗黒の時代だったというのが私の正直な感想です。

単に、1980年代の洋楽を聞いて育った世代なので、懐古趣味なのかも知れませんが。A^^;

でも、1970年代は洋楽を聴いてなかったので、70年代へのロマンは感じます。

では、2000年代はどうか、2010年代はどうか、と言うと、
2000年代も2010年代も、私にはサパーリ、ダメですね。

2020年代に期待したいところですが、たぶん、ダメな予感がします。

やっぱり、1970年代~1980年代の音楽を掘り返すのが
私には合ってるようで・・・。A^^;







http://www.kinomotoworld.com/



[15] MAGMA LIVE 1975

投稿者: 奥田 投稿日:2017年 9月11日(月)00時25分16秒 softbank221022226005.bbtec.net  通報   返信・引用

タッチさん、こんばんは。

MAGMA LIVE 1975ですが、クソHMVでは入手困難でしたが、
別ルートで購入できました(Disk Unionではありません)。
ヘッドフォンで一通りざっと聴きました。
まだざっと聴きなので、第一印象ということで書きます。

>「メカニック・ザイン」という曲は凄いです。

なーるほど…おっしゃりたい事は何となく分かりました。

う~む、このバンドはプログレ・ロックとカテゴライズされていますが、
むしろフリージャズでは?という感じは受けました。
前衛的な雰囲気があるので、そういう部分でプログレ的と思われるのでしょうな。

いやぁ、残念ながらこのテの音楽は私的には評価しづらいです。
フレーズやメロディを排し最低限のリックをリフのように延々と繰り返し、
それをバックにインプロヴィゼーションだけで一丁あがり…って感じですよね。
それと歌詞が独自言語という事ですが、とにかく人マネがイヤなんでしょうね。
しかし独自言語ことよりも上に書いたような音楽スタイルの方が、
人マネを拒絶する彼らの意思を端的に表しているように思えました。

既成概念を打破せんとする彼らの向上心には、
「その心意気や良し」と言ってあげたいところですが・・・

さすがこれは音楽としてちょっと違うのではないか?と思ってしまいます。
既存の音楽様式にドップリ浸かった私のような人間の思考回路では、
そもそもこれは音楽と言えるのか?とすら思ってしまいます。(_ _ ??)/

うーん、第一印象は残念ながらネガティヴなものになってしまいました。
既成概念で頭の固まった私にはちょっと斬新すぎましたね。(;^_^ A

ま、今後詳しく聴き直してみれば、新しい発見もあるかもしれません。



[14] What's the frequency, Kenneth?

投稿者: 奥田 投稿日:2017年 9月 3日(日)00時28分4秒 softbank221022226005.bbtec.net  通報   返信・引用

タッチさん、こんばんは。

またまたギター・ネタです。
食傷気味と言われそうですが、よろしければお付き合いのほど。m(-_-)m

少し前に「R.E.M.はギターがリッケンバッカーだから嫌い」というような事を書きました。
今回はその補足です。

いきなりですが、R.E.M.のギターがリッケンというのは、
ライヴ映像やプロモビデオを見ての判断なので、
実際のスタジオ作品で何が使用されたか断定できるわけではありません。
世の中にはスティーヴ・ハウのようにスタジオとコンサートとで、
ギターを使い分けている人もいますからねぇ。

さらにプロモビデオの場合、音声トラックはCDすなわちスタジオ作品をそのまま流用して、
それをそのまま映像に貼り付けたりしますので、
ヴォーカルが口パクになるだけでなく、演奏全部が「手パク」だったりします。

で、R.E.M.のヒドい音ですが、私が特にこれはヒドいと思ったのがこの曲。
https://www.youtube.com/watch?v=jWkMhCLkVOg

前回の投稿の後、思い出してプロモビデオを見てみたのですが…
あれ?ギターがリッケンじゃない!(@_@)

ま、上に書いたようにプロモVに写っているギターなんてアテにはなりませんが。(-_-)

分かりにくい映像ですが、ここで使用されているギターはこれのような気が…
http://shop.fender.com/ja-JP/electric-guitars/mustang/mustang/0144042598.html#start=1

映像で使用されているギターは、ピックアップがストラト系に改造されているように見えます。
それとこれは左利き用モデルです。それを逆向きに持って弾いていますね。
ジミヘンの猿マネです。(^m^ )

ソロ・パートでは別のギターでリードを弾いていますが、
非常に見にくい角度でしか写っていないので、モデルの特定は不可能でした。

ところで上記のフェンダー・ムスタングですが、
昔、友人が実物を所有していたので、私もイジらせてもらったことがあります。
このビデオのようなヒドい音ではありません。
この音は明らかにイコライザーで高域を切っています。
どんな音で音楽を作ろうとミュージシャンの自由ですが・・・
・・・これはあんまり趣味が良いとは思えませんでしたね。┐( ̄ヘ ̄)┌



[13] Re: Drums談義

投稿者: I HAVE THE TOUCH 投稿日:2017年 8月30日(水)14時34分11秒 softbank060076235010.bbtec.net  通報   返信・引用

奥田さん、こんにちは。


> そういえばGensisの曲で「In Too Deep」ってありましたね。

大ヒットアルバム「Invisible Touch」に収録されている曲ですね。
アルバムタイトル曲「Invisible Touch」は、
「獅子座 8点 ビジブル タッチ」
と、聞こえます。A^^;


> Dream TheaterのJ.ラブリエのソロアルバムに同名の曲がありましてね。
> 記事を読んだ時、「えっ、タッチさんがラブリエ?」と思ってしまいました。^^;

いや~ぁ、残念ながら、ドリームシアターのソロ作品までは知りません。A^^;


> フランスのプログレバンドの「MAGMA」の件ですが、
(略)
> 例によって「入手困難~キャンセル要請」のメールが来ました。(;-_-メ;)
> 教えていただいたamazonの方は、ユーザ登録したくないので辞退させて下さい。

あちゃ~ぁ。Disk Unionプログレ館だと在庫なんかザクザクあると思うのですが。A^^;

と言うか、Disk Unionプログレ館に行くと目の毒です。
いろんなプログレのCD/LPがあって、一日で破産します。(爆)
要らないと思っていたCD/LPまで買ってしまいまして。A^^;


> >私としては、1997年に「レイ・ウイルソン」を迎えてリリースされたGENESISの
> >「Calling All Station」と言うアルバムが残念でなりません。
>
> その話も以前に聞きました。私的には、そうですねぇ・・・
> P.コリンズのポップジェネシスといい勝負かなぁ、くらいの評価です。
> アルバムの最後の2曲は中々いい出来だったと思いますけど。

と言う事で、「Calling~」の最後の2曲を聴いてみたのですが・・・
レイ・ウイルソン君のヴォーカルが、私には合いません。_| ̄|○


> ドラムスも「非正規雇用」で3人くらいだったと思いますが、
> 中々良かったんじゃないでしょうか?
> 「P.コリンズに負けてたまるか」みたいな気迫を感じましたよ。(`ー´〃)

Genesisのファンの中には、レイ・ウイルソンでもう一枚くらい出してみても
良かったんじゃないか、と言う寛容な意見もありますけれどね。
私は最初(創世記)と最後(Calling~)はGenesisではないと思ってる人なので。A^^;

そういえば、Genesisの1stアルバムのUKプレスのモノラル盤はプレミアがついていて
Disk Unionの買い取り価格が15万円だそうです。
Disk Unionは買い取り値の倍くらいで中古で売りますから、15万で買い取って
30万円くらいで売るんでしょうね。
そんなレアな盤誰も持ってないよ~、と思われそうですが、PeterGabrielメーリングリストの
メンバーさんで持っている人が居ました。(笑)
しかし、1995年の阪神淡路大震災で、そのLPは御釈迦になってしまったそうです。(涙)


> あと、昔の作品と比較すれば時代が新しいだけに録音・音質は最高でしたね。

あれ?そうですか?私のオーディオではナローレンジに聴こえます。_| ̄|○
一応、SACD盤で試聴してみたのですが。A^^;


> >今頃になって凄いドラマーを思い出しました。
> >まづ、一人目は「川口 千里」(かわぐち せんり)です。
>
> いくつか動画チェックしました。スゴ腕ドラマーなんですね。

川口千里をBrand Xに入れて、ジャズ・プログレを叩かせるとか。(笑)
Brand X御存知ですよね?
って、Genesis関係の話題には熱くなる、変質狂の私ですが。(爆)


> まぁ世の中、スゴ腕の人はたくさんいるわけで・・・
> 前回私がヤリ玉に挙げたビルブラもC.パーマーもスゴ腕の名声を得ていますし。

そうかっ!!ビルブラもカールパーマーも女性なら、ピュアさんが聴くかも?(・∀・)ニヤニヤ

(ヾノ・∀・`)ナイナイ


> ・・・そういえば昔、近田春夫氏が、
> 「音大・芸大へ行けば、エマーソン(レベルの演奏家)がゴロゴロいる」と言ったとか。
>
> そりゃ確かにそうでしょう。
> しかしその中からショパンコンクールに入賞する人は一握りなわけで・・・
>
> 日本もイギリスも事情は同じはず。
> エマーソンが名声と高収入を得たという事は、
> イギリスの音大・芸大にも大勢いたはずのスゴ腕プレーヤーの中に、
> 2匹目のドジョウを狙った人が絶対いたと思う。
> しかし2匹目は出てこなかった。そこがエマーソンの天才なる所以なのです。
> ・・・話が鍵盤の方へソレてしまいました。

不思議なもので、演奏が上手いだけでは売れないんですよね~。
演奏以外の「何か」が無いと「セールス」には結びつかないから音楽は面白いです。
その「何か」が何なのかは、誰にも分らない、という。


> ドラマーの場合は私の評価基準はテク以外の部分もありまして、
> 端的に説明できませんので、またいづれ・・・_(._.)_

ドラマーの名前とかも、評価の基準になっていたりして。A^^;
「スチュワート・コープランド」なんてカッコイイ名前ですよね。


> >先生~!「デヴィッド・ローズ」のギターは何ですか?
>
> オフィシャルサイトを見ましたら、当然ですがいーっぱい持ってらっしゃいました。
> しかし私的には デヴィッド・ローズ=レスポ-ルのイメージがあります。

いーっぱい持ってましたか。(笑)
ギターのことは良くわからないので、またいずれ。(笑)A^^;


> >> 最後はまたしても板ズレしてしまいました。\(_ _)/
> >「股ズレ」は大丈夫ですか?A^^;
>
> 私は大丈夫なんですが、私の勤務先の施設警備員のAさんが・・・
(中略失礼)
> この話にはさらにオチがあるんです。
> Aさんはナント、消防署OBなのです。
> つまり緊急外来のプロだったわけで・・・
> ・・・どうなってんでしょうか!?あのケツズレジジィは!

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

消防署のOBという特権(?)を利用して、救急車をタクシー代わりですか?A^^;







http://www.kinomotoworld.com/



[12] Re: Drums談義

投稿者: 奥田 投稿日:2017年 8月30日(水)01時45分47秒 softbank221022226005.bbtec.net  通報   返信・引用

タッチさん、こんばんは。

>「In Too Deep」に聴き込むのはやはりGENESISファミリーですね。

そういえばGensisの曲で「In Too Deep」ってありましたね。
Dream TheaterのJ.ラブリエのソロアルバムに同名の曲がありましてね。
記事を読んだ時、「えっ、タッチさんがラブリエ?」と思ってしまいました。^^;

フランスのプログレバンドの「MAGMA」の件ですが、
以前にもプッシュされてましたよね。
そこまで推されたら聴いてみるしかあるまい・・・
と思って「MAGMA LIVE 1975」をHMVでポチッたのですが、
例によって「入手困難~キャンセル要請」のメールが来ました。(;-_-メ;)
教えていただいたamazonの方は、ユーザ登録したくないので辞退させて下さい。

>私としては、1997年に「レイ・ウイルソン」を迎えてリリースされたGENESISの
>「Calling All Station」と言うアルバムが残念でなりません。

その話も以前に聞きました。私的には、そうですねぇ・・・
P.コリンズのポップジェネシスといい勝負かなぁ、くらいの評価です。
アルバムの最後の2曲は中々いい出来だったと思いますけど。
ドラムスも「非正規雇用」で3人くらいだったと思いますが、
中々良かったんじゃないでしょうか?
「P.コリンズに負けてたまるか」みたいな気迫を感じましたよ。(`ー´〃)
あと、昔の作品と比較すれば時代が新しいだけに録音・音質は最高でしたね。

>今頃になって凄いドラマーを思い出しました。
>まづ、一人目は「川口 千里」(かわぐち せんり)です。

いくつか動画チェックしました。スゴ腕ドラマーなんですね。

まぁ世の中、スゴ腕の人はたくさんいるわけで・・・
前回私がヤリ玉に挙げたビルブラもC.パーマーもスゴ腕の名声を得ていますし。

・・・そういえば昔、近田春夫氏が、
「音大・芸大へ行けば、エマーソン(レベルの演奏家)がゴロゴロいる」と言ったとか。

そりゃ確かにそうでしょう。
しかしその中からショパンコンクールに入賞する人は一握りなわけで・・・

日本もイギリスも事情は同じはず。
エマーソンが名声と高収入を得たという事は、
イギリスの音大・芸大にも大勢いたはずのスゴ腕プレーヤーの中に、
2匹目のドジョウを狙った人が絶対いたと思う。
しかし2匹目は出てこなかった。そこがエマーソンの天才なる所以なのです。
・・・話が鍵盤の方へソレてしまいました。

ドラマーの場合は私の評価基準はテク以外の部分もありまして、
端的に説明できませんので、またいづれ・・・_(._.)_

>先生~!「デヴィッド・ローズ」のギターは何ですか?

オフィシャルサイトを見ましたら、当然ですがいーっぱい持ってらっしゃいました。
しかし私的には デヴィッド・ローズ=レスポ-ルのイメージがあります。

>> 最後はまたしても板ズレしてしまいました。\(_ _)/
>「股ズレ」は大丈夫ですか?A^^;

私は大丈夫なんですが、私の勤務先の施設警備員のAさんが・・・
・・・ある日の深夜、職場での私とAさんとの会話。

A「いやぁ、なんか股が痛いっつーか、調子悪いんだ」
私「股関節ですか」
A「うん、これから中央病院に行って診てもらおうと思うんだ」
私「ええっ!こんな時間に?…今行っても緊急外来しかやってませんよ」
A「うん、だから緊急外来で診てもらう」
私「…どうかなぁ、緊急外来は急病や事故の対応のためにやってるわけだから…」
私「行っても門前払いになるんじゃないすかねぇ?」
私「第一、整形外科の先生はいないでしょ?」
A「そうかぁ。…電話して聞いてみるか」・・・と言って電話するAさん。

A「あーもしもし、今、これから行って診てもらいたいんですけど」
A「なんか股が調子悪くて…股ズレっつーか、ケツズレっつーか・・・」
私「(アホか、何言ってんだ、このジジィは…)」 (∩_∩;)

電話が終わった後、
私「どうでした?」
A「ダメだった。明日、一般外来に来てくれってさ」
私「そうでしょう、そう言われると思いましたよ」
私「(当ったり前だろが)・・・」┐( ̄ヘ ̄)┌

この話にはさらにオチがあるんです。
Aさんはナント、消防署OBなのです。
つまり緊急外来のプロだったわけで・・・
・・・どうなってんでしょうか!?あのケツズレジジィは!



[11] Re: Drums談義

投稿者: I HAVE THE TOUCH 投稿日:2017年 8月19日(土)20時18分47秒 softbank060076235010.bbtec.net  通報   返信・引用

奥田さん、こんばんは。


> > しかしタッチさんのドラマー人選は予想された顔ぶれですね。
> > 私と違って何でも聴かれるタッチさんですので、
> > サプライズ人選もあるかと思いましたが、想定外の名前は出ませんでした。

今頃になって凄いドラマーを思い出しました。
それも、2人。

まづ、一人目は「川口 千里」(かわぐち せんり)です。

幼いころからドラムには馴染んでいるとの事で千手観音のようなドラムさばきをします。
ソロ・アルバムも3作品ほど出していまして、
ほかにもイロイロなミュージシャンのバックで叩いていたりします。

ウィキペディアで「川口 千里」で検索かけるとか、YouTubeで検索かけてみてください。


そして、二人目は「森高 千里」(もりたか ちさと)です。(爆)
べつに「千里」つながりと言うわけではないのですが。A^^;

森高のドラムはハッキリ言って下手です。
ただ、シンプルなドラムの叩き方なので、アマチュアがコピーして練習するなら
森高千里のドラムは格好の教材だと思います。

私も部屋にドラムセットを置いて、ストレス発散にドラムを叩きたいのですが、
森高くらいの叩き方なら、3日くらい練習すれば叩けるかな・・・と。A^^;


と、ゆー、わけで「千里」を二人挙げてみました。(笑)
川口千里は凄腕なので、コピーは無理です。なにしろ世界で通用するドラマーですので。
森高千里はへたくそなので、真似れば出来るかな?と。A^^;










http://www.kinomotoworld.com/



[10] Re: Drums談義

投稿者: I HAVE THE TOUCH 投稿日:2017年 8月10日(木)15時05分24秒 softbank060076235010.bbtec.net  通報   返信・引用

奥田さん、こんにちは。


> しかしタッチさんのドラマー人選は予想された顔ぶれですね。
> 私と違って何でも聴かれるタッチさんですので、
> サプライズ人選もあるかと思いましたが、想定外の名前は出ませんでした。

いや~「何でも聴く」と言いましても「広ーく、薄ーく」ですから。A^^;

「In Too Deep」に聴き込むのはやはりGENESISファミリーですね。


あ、そうそう、ドラムス云々からは少し話題脱線ですが、

以前少し「Come Talk To You」しました、フランスのプログレバンドの

「MAGMA」ですが、「MAGMA LIVE 1975」というアルバムの最後の曲

「メカニック・ザイン」という曲は凄いです。

7拍子の重戦車がジグザグ走行するような演奏です。

実は、マグマはフランスのバンドでありながら歌詞は自分たちで勝手に考えて作った

「コバイア語」と言う言語を用いています。なのでフランス人が聴いても歌詞の意味は

不明だと思います。

「メカニック・ザイン」というタイトルも、あくまでも英語読みですので、

コバイア語では何と読むのか判りません。(爆)

お気が向きましたら↓をポチっと。(笑)

https://www.amazon.co.jp/dp/B00AB9N908/


> >「ACID PRO 7」は3000種類以上の音源のループが用意されてまして
> >ループをPCの画面上に並べていくだけで曲ができるという優れもののソフトです。
>
> そんな時代になっているんですねぇ。もう時代の流れについて行けません。

いあいあ、初代ACID PROは1998年頃に出てきたそうですよ。

http://www.sourcenext.com/product/vegas/acidpro/


> >ROCK風「交響曲第九番」みたいな感じですか?(笑)
>
> シンフォニーには手は出しませんでした。

あちゃ~ぁ、残念。(><;)


> >是非、その音源をYouTubeか何かにUPして聴かせてください。A^^;
>
> 音源はほとんど消失しました。

あちゃ~ぁ、それもまた残念。(><;)


> 残っていたとしても人様にお聴かせできるレベルではありません。
> 「あちゃ~、聴かれちゃいましたか。(恥)」 Me too.というところです。

是非、ACID PRO 7を使って「Turn It On Again」とはいかないでしょうか?A^^;


> >リズムの勉強だと、ぴーがぶの曲とかは物凄くリズムに凝っているので、
> >勉強の素材になるかと思うのですが~
>
> 完全に上級者編ですね。我々のような初心者のお手本にはならないです。

あ、でも「I Don't Remember」くらいなら。A^^;

ピーガブが初めてリズムから作曲した曲が「I Don't Remember」らしいですし。


> >> そして新たな視点でロックのドラムスを聴いて再評価したのがイエスのアラン・ホワイト。
>
> 新たな視点でドラムスを聴いて、逆に評価を落としたのがEL&Pのカール・パーマーでした。
> EL&P信者の私でしたが、それまでも感じていたドラムスへの不満が、
> 理論的な確信へと変わってしまいました。┐( ̄ー ̄)┌
> てか、彼のスタイルはジャズが基礎なので、ロックとは馴染まない感じがしました。

カール・パーマー、ダメですか。(><)


> しかしThreeというユニットで'88年に出したアルバムが、素晴らしいロック・ドラムスで、
> 「なんだ、やればできるじゃないか」と思ったものでした。
> 当時、キース・エマーソンも「今回のカールのプレイは今まで最高だ」と言ってました。

やればできる子、でしたか。A^^;

Threeの「スリー・トゥ・ザ・パワー」でしたら私も持ってますよ。(^^)


> そして現在、私の不満を一身に集めているのが・・・
> Dream Theaterの現ドラマー、マイク・マンジーニです。
> M.ポートノイ脱退後にオーディションで採用されたわけですが、
> 前任者のレベルが高すぎたとはいえ、あまりの落差に残念感がハンパないです。
> なんでこんなセンスのない者が選ばれたんだろ?…不思議でなりません。
> 彼はバークリー音楽院で長年教職にあったとか、現在でも教室を開いているらしいです。
> 他人に教えるよりアンタがポートノイに弟子入りしろよっての。(☆_@;)☆\(`-´メ)

奥田さん、ドリムシには厳しいですね~。

まあ、それだけファンなんでしょうけど。A^^;


私としては、1997年に「レイ・ウイルソン」を迎えてリリースされたGENESISの

「Calling All Station」と言うアルバムが残念でなりません。

ドラムも叩けないくせに、何故レイ・ウイルソンを加入させたのか。

肝心のヴォーカルだって、特に惹きつける歌い回しでは無いですからね。










http://www.kinomotoworld.com/



[9] Re: Drums談義

投稿者: 奥田 投稿日:2017年 8月10日(木)11時53分20秒 softbank221022226005.bbtec.net  通報   返信・引用 > No.8[元記事へ]

タッチさん、おはようございます。

>好きなドラマーは、フィル・コリンズ、マヌ・カチェ、ジェリー・マロッタ、
>チェスター・トンプソン、等でしょうか。。。

前回はお友達内閣と批判されたので、今回は大胆な組閣人事に舵を切った安倍首相。
しかしタッチさんのドラマー人選は予想された顔ぶれですね。
私と違って何でも聴かれるタッチさんですので、
サプライズ人選もあるかと思いましたが、想定外の名前は出ませんでした。

>「ACID PRO 7」は3000種類以上の音源のループが用意されてまして
>ループをPCの画面上に並べていくだけで曲ができるという優れもののソフトです。

そんな時代になっているんですねぇ。もう時代の流れについて行けません。

>ROCK風「交響曲第九番」みたいな感じですか?(笑)

シンフォニーには手は出しませんでした。

>是非、その音源をYouTubeか何かにUPして聴かせてください。A^^;

音源はほとんど消失しました。
残っていたとしても人様にお聴かせできるレベルではありません。
「あちゃ~、聴かれちゃいましたか。(恥)」 Me too.というところです。

>リズムの勉強だと、ぴーがぶの曲とかは物凄くリズムに凝っているので、
>勉強の素材になるかと思うのですが~

完全に上級者編ですね。我々のような初心者のお手本にはならないです。

>> そして新たな視点でロックのドラムスを聴いて再評価したのがイエスのアラン・ホワイト。

新たな視点でドラムスを聴いて、逆に評価を落としたのがEL&Pのカール・パーマーでした。
EL&P信者の私でしたが、それまでも感じていたドラムスへの不満が、
理論的な確信へと変わってしまいました。┐( ̄ー ̄)┌
てか、彼のスタイルはジャズが基礎なので、ロックとは馴染まない感じがしました。

しかしThreeというユニットで'88年に出したアルバムが、素晴らしいロック・ドラムスで、
「なんだ、やればできるじゃないか」と思ったものでした。
当時、キース・エマーソンも「今回のカールのプレイは今まで最高だ」と言ってました。

そして現在、私の不満を一身に集めているのが・・・
Dream Theaterの現ドラマー、マイク・マンジーニです。
M.ポートノイ脱退後にオーディションで採用されたわけですが、
前任者のレベルが高すぎたとはいえ、あまりの落差に残念感がハンパないです。
なんでこんなセンスのない者が選ばれたんだろ?…不思議でなりません。
彼はバークリー音楽院で長年教職にあったとか、現在でも教室を開いているらしいです。
他人に教えるよりアンタがポートノイに弟子入りしろよっての。(☆_@;)☆\(`-´メ)



[8] Re: Drums談義

投稿者: I HAVE THE TOUCH 投稿日:2017年 8月 3日(木)02時44分6秒 softbank060076235010.bbtec.net  通報   返信・引用

奥田さん、こんばんは。


> さて、私の裏ネタ、初回はビル・ブラッフォードの話になりそうです。

了解です。 (`・ω・´)ゞ


> あ、いや、そもそもなぜ私が木之元さんのサイトに出没しようかと思ったかというと、
> 木之元さんがサイトで公開されていた自作曲を聴かせてもらいましてね。
> 私も若かりし頃、DTMにハマった経験があるので、
> そっちの話題で盛り上がったりできるかなと思ったわけです。( ^^)/\(^^ )

あちゃ~、聴かれちゃいましたか。(恥)

変な曲ばっかりですよね。(自爆)A^^;


> >しかしドラムスのチョイスにビル・ブラッフォードが外されるとは。A^^;
>
> 驚かれるということはタッチさん的にはビルブラがベスト・ドラマーなのでしょうか?

「ベスト」と一人挙げるのは難しいので、何人も挙げますが
好きなドラマーは、フィル・コリンズ、マヌ・カチェ、ジェリー・マロッタ、
チェスター・トンプソン、等でしょうか。。。

あれ? ↑ビル・ブラッフォードの名前が無い。A^^;


> もう一点お訊ききしたいのは、自作曲のリズムはあれも自作ですか?
> それともワークステーション内蔵の「既製品」ですか?

ええと、1曲目と2曲目は自作ですね。
3曲目以降は、「ACID PRO 7」という作曲ソフトのリズム・ループを使っています。

「ACID PRO 7」は3000種類以上の音源のループが用意されてまして
ループをPCの画面上に並べていくだけで曲ができるという優れもののソフトです。

その代わり、ループを並べる「センス」が大きく問われるので
カッコいい曲を作れる人は、それなりに良いものが出来るんでしょうけど
私はセンスがないので、変な曲ばかりになってしまいます。(涙)A^^;


> 私も昔、クラシック作品にリズムをアレンジして楽しんでいたんですよ。

ROCK風「交響曲第九番」みたいな感じですか?(笑)

是非、その音源をYouTubeか何かにUPして聴かせてください。A^^;


> あ、私はクラシック作品を演奏するほどの鍵盤テクはないので、
> 演奏は手弾きではなくて「打ち込み」ですよ。ご安心下さい。(#^_^#)

私も鍵盤はだめですね。
世間では40代~50代から始めるピアノ講座みたいのが流行ってるらしいですが
鍵盤はストレスが溜まってダメです。
「じゃあ、MIDI音源だけ買えば良いジャマイカ」
と言われると、その通りなのですが。A^^;


> リズムをアレンジといっても最初はドラムスの知識がなかったので、
> これが良い機会と思い、リズムについて基礎から少し勉強してみました。
> すると普段何気なく聴いていたドラムスも、違った視点から分析できるようになりました。
> 特にロックで重要視される「ノリのよさ」とか「グルーヴ感」・・・
> こういったものは単に手数を増やしたりテンポを上げただけでは得られない事が分かりました。
>
> それまでも普段、友人と「あの曲のドラムス、良いよねー」などと話していたわけですが、
> 少し勉強してみただけでそんな自分の認識がいかに甘かったか痛感しました。(*_*)ゝ

そうなのですか。
リズムの勉強だと、ぴーがぶの曲とかは物凄くリズムに凝っているので
勉強の素材になるかと思うのですが、ぴーがぶの場合、変に凝りすぎているので
逆にトーシロの私には難しすぎる、という感じもします。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


> そして新たな視点でロックのドラムスを聴いて再評価したのがイエスのアラン・ホワイト。
> この人はホントに「ノリ」を演出するのが抜群にウマい。( ^ー゜)b
> 実にツボを押さえているというか、それだけ楽曲を深く理解しているということですね。

なるほどー、そうなのですね。
私もリズムの勉強しようかな?A^^;


> ビルブラはどちらかというとテク求道者的なところがあって、
> それはそれで真剣なんでしょうけど、私はそこまでディープなドラムス・マニアではないので、
> シンプルに曲のノリの良さ最優先でやってほしいなーというのが本音ですね。
> あと、音質的にもビルブラはスネアもタムも硬いですよね。
> かなりキツくチューニングしているのではないでしょうか?
> 私はユルめにドスンと重い音を出してくれた方が好みですね。
>
> そんなわけで「黄金メンバー」ビルブラ氏を外させていただきました。
> ご容赦のほどを・・・m(。-_-。)m

まあ、どちらかと言うとビルブラは、ジェネシス系のドラマーではなく
一言でいえば、クリムゾンですよね。
クリムゾンの看板があったから、表舞台に出てきて、いつの間にか
有名になってしまった・・・みたいな。(笑)

私は特に、ビルブラが「特に好きでもないが、嫌うほどでもない」と、ゆー、感じ
ですので、まあ、上手いドラマーだなーとは思いますが、たいして気にもならない
という感じです。A^^;

ビルブラのCD買おうかと思っていたのは本当ですけどね。(笑)










http://www.kinomotoworld.com/


レンタル掲示板
16件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.