teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ブランドアウッとレット

 投稿者:蒼井メール  投稿日:2011年 1月16日(日)20時04分22秒
  ルイ・ウ゛ィトンやシャネルなどの最新人気フ゛ラント゛アウトレット品が!?♪
♪新感覚♪ 人気ブランド品が次々激安価格で!!
今なら懸賞もやっています^^!
購入・見学はここへ
         ↓
  http://www.mgc.sakura.ne.jp/

さらに今なら加入だけでプレゼントがGET!!
         ↓↓
         ↓↓
 https://www.11410.jp/P/?cd=PB335

https://www.11410.jp/P/?cd=PB335

 
 

ボディコンピューティングという新しい医療分野

 投稿者:パソコン心電計  投稿日:2008年 1月 6日(日)10時00分43秒
  人体情報、生体情報、人体コンピュータ化、体についての情報発信、人体コンピュータ内蔵、などの言葉が当てはまる
Body Computing という用語が登場しました。著者は、レスリー アンヌ サクソン先生(循環器内科教授、南カルフォルニア大学)
著作題名 ボディコンピューティング、今日、健康管理に直面する問題をネットワーク化された医療機器がいかに解決するか
(2007年 平成19年12月26日発表)

A, この技術の重要性; 患者の症状とその時の情報が一番重要でそれが得られる。統計的な、数多くの情報が集約できる。
各種治療と効果を正確にデータとして得られる。更に、フィードバックがすぐに起こせる。救急的場面は、起こってから
30分以内が重要で、判断が必要な医師に即座に伝えられるので、それに即座に対処できる。
既にいろいろな場面で効果が立証されてきている。

B, 可能にした要因:
  1、 植込電子機器の技術の成熟、  2、体内センサーの開発と発展  3、体内と体外との無線交信、
4、ワイヤレス電子機器と受信器との交信  5、受信器のネットワーク化  6、リアルタイム監視、診断、記憶、集計解析
  7、データの電子カルテ化  8、個別に開発され、改善されてきた技術がある。 等による。

C, CRM (心臓リズム管理)
  これは、ICD (植込除細動器)、CRT (心臓再f同期療法)、がラジオ周波数電波でネットワーク化されてきた。
ガイダント社(現ボストンサイエンティフィック社)の LATITUDEシステムでは、2006年から開始して、すでに、65,000名
に達し、RAPID-HF研究として、1,000名以上の医師、100箇所以上の専門施設が参加している。
メドトロにクス社による CARELINK (旧式なCRMシステム)は、156,000名の患者を対象としている。

D, 注目される関連品
セントジュード社が開発中のHeartPOD システムは、植込式左房室血圧、心電図、深部体温、等のネットワーク監視システム
である。
メドトロニック社は、CHRONICLE 装置を用いて、COMPASSーHFの治験を実施している。
 右心室に血圧センサーを置き、心電図と同時に管理している。
カーディオメム社は、エンドシュア ワイヤレスAAA血圧システムを用いて、大動脈修復の際の予後の監視として
 留置し、ネットワーク監視をめざしている。治験として、CHAMPION-HFで実施中。
トランソマメディカル社が、体内留置型血圧計の長年の経験を生かし、参画が行われている。
 ナイキ社が、靴の下敷きにセンサーを置き、バイタル情報を iPOD経由で管理しようとしているのが注目される。
グルコースによるシステムが世界で数多く立ち上がっている。

本記事に関するご意見をお寄せ下さい。

http://square.umin.ac.jp/jacscopy/2008gakkai/

 

12誘導心電図をDICOMに変換するソフトウエア

 投稿者:パソコン心電計  投稿日:2007年11月 5日(月)06時54分4秒
  http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/12leadsecgdicom/
■医療画像製品
今ご利用の医療機器(例えば心電計など)の出力をDICOM
に自動変換医療画像情報の共有化をお手伝いします
《DICOM》フォーマットへの変換・運用作業が
ストレスなく完結

製品の特徴
操作画面は直感的でわかりやすいインターフェイス採用
≪DICOM≫タッグ情報の簡単入力
スムーズで簡単、連続的な操作が可能
簡易ビューワーの機能搭載
画像のサムネイル表示・拡大・削除が画面操作で可能
複数の≪DICOM≫データをサーバに同時送信
レポートなどのPDF ファイルを≪DICOM≫化し、サーバに
送信が可能モダリティの種類や環境に応じたきめ細かい
カスタマイズ対応

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/labtech1/

 

メタボリック指標と心電図負荷試験

 投稿者:メディカルテクニカ  投稿日:2007年10月28日(日)21時24分46秒
  Metabolic Equivalent Rate and ECG Stress Test
米国ACC/AHA2001に公表された心疾患患者に対する負荷試験及び
心臓リハビリに対する運動基準に掲載された表が判り易い。
なお、引き続いて、2002年に本内容に関するガイドラインが公表された。
METsと各種試験のプロトコールの対比表
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/mets/
上記表の用語は、KPM は、キロポンド/メータ、MPH は、マイル/時間、%GR は、パーセントグレード

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/mets/

 

新しいワイヤレス12誘導心電計

 投稿者:パソコン心電計  投稿日:2007年 9月11日(火)06時56分1秒
  全く新しい12誘導心電計により、安静時心電図、負荷心電図、歩行時心電図、マスタステップ階段昇降時心電図、カテ中心電図、連続記憶心電図、チルト心電図、エアロビック心電図、外来時心電図、病棟心電図、等を連続総合的な経過による一貫した計測心電図が可能で、文献ご発表が可能です。
このワイヤレスは、今までの無線と異なり、ブルーツースを用いた全く新しい方法です。
心電計機能は、不整脈解析及び病名、負荷では、ST解析を表示します。
マスターステップ手順ソフトウエアは日本式です。
更に、RR間隔をテキストファイル、波形をバイナリファイルで出力しますので、自律神経解析ができます。
また、メタボリック指標を表示します。

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/masterblue/

 

エアロビック運動

 投稿者:パソコン心電計  投稿日:2007年 8月18日(土)05時26分26秒
  散歩と自転車ツーリングは、心臓の大きさと駆出能力を改善する。

繰り返す運動リハビリで、太ももや殿部をすっきりさせ、たるんだ心臓を再成形する

と言われている。最新の研究によれば、エアロビック運動が、以下のような作用を

育成すると報告している。

つまり、慢性心不全患者の拡張性心が、全身に血液を駆出するすっきりした、

より効率の高い臓器に変身させられたと述べている。

2007年6月19日付けに出版された、米国循環器学会誌の記事は、結論付けて

発表した。心不全患者の812人でデータを収集し、分析している。

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/aerobicacc/

 

日本心臓血管内視鏡学会

 投稿者:メディカルテクニカメール  投稿日:2006年 9月 9日(土)10時38分47秒
  貴ホームページを拝見させて頂き、勉強とさせて頂きました。
益々の御清栄を祈念申し上げます。
貴BBSのご紙面をお借りして題記のホームページをご案内申し上げさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

http://square.umin.ac.jp/jacscopy//

 

HELP! リハビリが打切られます。

 投稿者:halovest  投稿日:2006年 6月 6日(火)14時54分46秒
  ほとんどの人はそれぞれの病気をしょって生きています。
4月からの医療改正で、リハビリ日数がおおむね90日~180日に制限されました。私は昨年1月頚椎を骨折しました。約1年半にわたってリハビリを続け、最近だいぶ効果が出始めました。180日やそこらでリハビリを打切るというのは、余りに杓子定規です。http://www.craseed.net/で、日数制限撤廃の署名活動をやっています。私も署名しました。現在リハビリで苦労されている方や、今は健康な方も若い方はスポーツや交通事故で、中・高年になれば脳卒中や転倒して骨折したりしてリハビリが必要になる方も多いと思います。とても180日では足りません。皆さんも是非署名にご協力ください。

http://www.craseed.net/

 

明けましておめでとうございます

 投稿者:nakazato  投稿日:2006年 1月 1日(日)11時53分47秒
  本年は必ずやホームページを更新します。  

追加事項です。

 投稿者:峯村信嘉  投稿日:2003年 4月25日(金)10時49分6秒
  大事な情報が落ちていて申し訳ありませんでした。
患者は72歳男性。頭痛はほぼ一日中持続している状態で日中に比してやや夜間に強いと
の訴えがあります。入院までの経過中もしくは入院後午後ー夕方にかけて37度台後半ま
での体温上昇を認めています。もともと腎機能は正常でした。入院前一ヶ月の血液検査
では血清Crは0.9でした。胸部単純写真上は両側肋骨横隔膜角は胸膜肥厚によると
思われる鈍化を認め下肺野で血管影不整で網状影を認めます。
腎生検は施行予定でありますがまだおこなっておりません。
尿中赤血球を1視野に50個前後認めます。
結核は24-25歳時に肺結核の既往がありますが気胸療法行われたとのことです。
6-7年前に喀血の既往があり気管支拡張症指摘されていますが結核も鑑別に含まれたも
のの治療はされなかったようです。暴露歴は明らかでありません。
 

レンタル掲示板
/8