異業種交流会



カテゴリ:[ ビジネスと社会/経済 ]


17件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[17] 目標2

投稿者: 金融関係 投稿日:2017年 9月 7日(木)20時23分48秒 pd284d450.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

中国の天壇、正式に開壇申請し、壇名を請う。そのために、①中国語の天道紹介テキスト、②仲介者の成全、③約15年ぶりの訪問を実現。




[16] Re: 目標

投稿者: 金融関係 投稿日:2017年 9月 3日(日)12時28分34秒 pd284d450.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用   編集済 > No.15[元記事へ]

かつて協力していただいたSさんに連絡を取る。ご高齢であったため現在もご存命かわからないが、ダメでもともと。それからSさんを導いてくれたMさんにもコンタクトをとりたい。



[15] 目標

投稿者: 金融関係 投稿日:2017年 9月 3日(日)12時25分40秒 pd284d450.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

育源天壇を安置する拠点をみつける。



[14] クリーニング

投稿者: 金融関係 投稿日:2017年 7月19日(水)19時49分45秒 pd284d450.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

ものは試しで、Mさんのクリーニングメソッドを本日朝からしたところ、いままでうまくいっていた部長と大喧嘩で、大変な目に合いました。即効性はないみたいです。Mさんには韓国で大変お世話になりましたし、最後はきちんとご挨拶もできずに別れたので心苦しいです。



[13] 100兆円遊び

投稿者: 金融関係 投稿日:2017年 7月17日(月)20時22分39秒 pd284d450.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

Mさんのメソッドに100兆円遊びというのがあります。マンダリンホテルは家から近いのですが、みすぼらしい格好で入るのも気が引けて一度も行ったことがないのですが、スケールの小さい私は1億円遊びをします。もし手元に1億円あったら(家族の分は別に)、韓国に拠点を作ります。場所はかつて協力者のいた北朝鮮国境沿いのいなかの家を格安で手に入れる。できれば畑つき。(約300万円)トイレはさすがに改装(100万円)。そのときのおじいさんとはもう10年近くあってません。私が行かなくなってから、Mさんがフォローしてくださっていたのですが、まだご存命でしょうか。仕事辞めてそこに行くかというと、それも今すぐは厳しいので、常駐してくれるやる気のある人を募る。日本人、韓国人問いません。でも現地での生活を考えれば韓国人の方がいいです。(できれば道のなんたるかを理解してくれている人であればいいけど)もちろん給料は払います。最低2人、1ヶ月15万円(年間360万円)光熱費その他活動費として月10万、年間120万円。年間480万円。それで約20年頑張る。そして中央から定期的に人を送り込んでもらえるよう得道者、開壇者を増やす! そのためには地元に溶け込む。あの頃の勢いは取り戻すことができないかもしれないけれど、育源を安置できる場所と人がほしい。



[12] 会社は誰のもの?

投稿者: 金融関係 投稿日:2017年 6月23日(金)06時37分17秒 p83d52a51.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用

資本主義経済では会社は株主のものです。株主、経営、労働者と分化しています。
株主は利益の極大化を望みます。
一方の日本の会社は、社員のものでありお客様、取引先、地域のものという考え方をしている
素晴らしい企業がいくつもあります。
たとえば
http://www.nakamura-brace.co.jp/company/history

日本型資本主義の一つの典型です。



[11] Re: (無題)

投稿者: 金融関係 投稿日:2017年 6月21日(水)06時40分21秒 p83d52a51.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用 > No.9[元記事へ]

ところで、話はそれますが森友学園とか加計学園とか何が悪いのかよくわかりません。

賄賂もらって口利きすればそれは違法だと思いますが、官邸が意向を示して官僚が忖度することが
悪いのでしょうか?

どこかの番組でやっていましたが、そもそも獣医は絶対的に不足していたのに、文科省が何十年も
認可しなかったわけでしょう?
文書が出た当時、加計学園以外に手を上げている学校はなかったとのことで、行政の長が文科省の
怠慢を正してどこが悪いのかなと思います。

悪いというなら忖度した官僚が悪い。上司の顔色伺うのは、どこの世界でもあるでしょう?

そもそも元事務次官の某氏は、今頃首相を刺すくらいなら、何で現役時代、官邸に抗議しなかったの?



[10] Re: (無題)

投稿者: 金融関係 投稿日:2017年 6月20日(火)21時52分1秒 p83d52a51.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用 > No.9[元記事へ]

それはやはり、なぜ安倍首相退陣などと口走ってしまったからには、退陣の理由を明確にしたいと
思ったまでです。
結局清和会の政権が続く限り、アメリカべったりは変わらないし、安倍首相一人退陣した
ところで大勢に影響ないでしょう。

いくらTPP反対、安倍首相退陣などと叫んでも、その先が見えてこない。何を目指しているのか
明確なビジョンが示されていない。
アメリカの同盟国の日本に、そもそもTPPを拒絶する選択肢などあったのでしょうか?
目先の問題をいくら先送りしたところで、真に日本が自立の道を進まない限り、本当の解決には
ならない。

周りを核保有国に囲まれた日本が、アメリカの傘を抜け出し、自立の道を進むなんて、現状では
不可能に近いでしょう。であれば、現実的に不利益を被らないよう、したたかに交渉するか、
方法がないのでは? 中国と組むのか、アメリカと組むのかと問われれば、同じ民主政体の
アメリカと組むしかないでしょう。





[9] (無題)

投稿者: 小川 投稿日:2017年 6月19日(月)20時23分35秒 pw126205133067.3.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用

会長は安倍総理退陣へとうごいたのですか?
さすが会長!
グローバリゼーションの問題点は、それをコントロールする力が存在しないことに帰結すると考えます
世界政府みたいな存在があればそこの問題は解決されるわけですか、再分配もできず、ルール作りの機関も限定的であり、グローバリゼーションは大きな資本が勝てる可能性か高い、弱肉強食、まさにアナーキーに近い状態であると
私自身何とか国よりも、世界政府の実現を念頭におきたい
しかし人間の心が変わらない限り、その実現は本当に至難なこと
システムができても、人間の心が変わらなければ平等など成立せず、それか社会主義国の失敗でもあるわけで
簡単にはそんなところで



[8] Re: 経済のあり方

投稿者: 金融関係 投稿日:2017年 6月19日(月)08時57分11秒 p83d52a51.tokynt01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用 > No.7[元記事へ]

マルクスも共生経済も勉強したことはありませんが、それを考えるためのアンチテーゼとして
グローバライゼーションを検証する必要があると思います。

種子法の廃止が何を意味するか。すでに野菜の種のほとんどはハイブリッド種です。
これは遺伝子組み換えではなく、雑種の交配による優性遺伝を利用したものですが、これを
大手の種苗会社が特許をとって製品化しています。つまり農家は毎年、種屋から種を買わないと
いけない。自家採取できない種です。
http://www.nouminren.ne.jp/newspaper.php?fname=dat/201703/2017030601.htm

日本の種子法は食料安全保障のため、コメ、麦、大豆について、地方自治体にその開発と管理を
義務付けるという法律です。各地でおいしいお米のブランドがあるのはこの法律のおかげです。
この法律のために大手種子会社はコメには参入できません。(三井化学のライスミツヒカリと
いうのがあるがコストは普通の種籾の7,8倍)

ハイブリッド種ならまだしも、遺伝子組み換えのコメも開発可能になります。今までは、遺伝子
組み換え穀物は輸入は可能でも栽培は不可能でした。栽培するとどうなるか。
花粉に国境はありません。外来植物であふれている現状をみれば、どうなるか想像に固くありません。
もちろん外資規制もありませんから、大豆、トウモロコシのようにコメがデュポンやモンサントに支配
される日も遠くないかもしれません。農業立国とは真逆ですね。

共生経済の前提は、エネルギー、食料、そして安全の3つがそろって実現可能だと思います。
その食料が規制緩和の名のもとにグローバル企業に支配される。
国のかたちが変わってしまうほどの大事件なのに、野党はなぜ沈黙しているのか。メディアは
なぜ報じないのか。

安倍政権は強欲資本主義の環境整備に勤しんでいます。


レンタル掲示板
17件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.