投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


4月のアトリエご案内

 投稿者:シアター2+1メール  投稿日:2017年 4月21日(金)19時32分51秒
  来週4月29日土曜日 あの舞台が戻ってきます!!
「風に吹かれて」
新!例の三人組LIVE
13:00~/17:00~の2ステージ
百聞は一見にしかず・・・ぜひご来場ください。

料金・2500円(1ドリンク付き)
お問合せ・shiromashin@gmail.com

https://twitter.com/sanningumilive

 

一緒にひとときを過ごしましょう

 投稿者:シアター2+1メール  投稿日:2017年 3月29日(水)15時29分41秒
  ようやく春めいてまいりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今度の日曜日、劇団恒例のお花見があります。
2+1の仲間と一緒に桜をめでませんか?
自由参加ですので、ふらっとお立ち寄りください。

開催日 4月2日(日)
場所 西荻窪・善福寺公園「下の池」のほとり(ボート乗り場が無い方の池)
時間 午後1時くらいから、ほどよいところまで

12時に劇団アトリエにいらして頂ければご案内します。
現地へ直接行く場合はバスが便利です。
西荻窪駅北口2番のりば乗車、[八幡橋]下車。
どのバスも乗車可。本数たくさんあります。
バスを降りたら進行方向左の方に少し歩くと公園があります。

準備の都合上、参加できそうと事前にわかる方は連絡いただけると助かります。
飲み物、料理を用意します。持込も大歓迎。
桜花のもと酒を酌み、語らおうではありませんか。
どうぞ暖かい服装でおいでください。

*雨模様のときはアトリエで残念会の予定です。

シアター2+1お花見実行委員会
 

1/29「十二夜」上演します

 投稿者:シアター2+1メール  投稿日:2017年 1月 6日(金)16時50分25秒
編集済
  シアター2+1の十八番「ロマンティックコメディー十二夜」
学校の鑑賞行事での上演が多いため、なかなか観ていただく機会がないのですが
今月末、千葉県市川市で公演があります
シェイクスピア喜劇の最高傑作ハート ぜひこの機会にご観劇ください!

時 :1月29日(日)18:30開演(18:00開場)
会場:市川市文化会館 小ホール
    JR総武線・本八幡/南口より徒歩10分
    都営新宿線・本八幡/A3出口より徒歩10分
    京成線・八幡/徒歩15分
主催:NPO法人 市川子ども文化ステーション
料金:全席自由 大人2500円 高校生以下1500円
   *当日券は300円増し

チケット取り扱いにつきましては下記URLを参照してください

http://www.tekona.net/event/detail.php?id=7231

 

劇団の新年会は毎年「成人の日」です

 投稿者:シアター2+1メール  投稿日:2017年 1月 1日(日)23時17分8秒
編集済
  新しい年を迎えました。おめでとうございます。
さて来たる
1月9日(祝)午後5時より
恒例の新年会を開催します。

場所は西荻窪アトリエ。手料理、お飲み物を用意してお待ちしています。
みなさま友人を誘ってどうぞご参加ください。
もちろんお一人さまでも大歓迎です。

今年も良い芝居をつくるべく奮闘いたします!

http://www.theater2plus1.com/

 

「キラキラ光レガラス玉」ご観劇御礼申し上げます

 投稿者:シアター2+1・なるせプロジェクト  投稿日:2016年12月19日(月)18時40分58秒
編集済
  一人芝居「キラキラ光レガラス玉」の公演は、天候にも恵まれ、無事に打ち上げることが出来ました。
師走の気忙しい中、ご観劇頂きました方々には、心より御礼申し上げます。
この作品は、今後、出前公演的にあちこちに出掛け、上演活動を展開していきたいと思っています。
この作品に対するご要望又はご意見等をお寄せいただければ幸いです。
2016年12月19日   シアター2+1・なるせこお

〒167-0042 東京都杉並区西荻北1-4-19-B1 シアター2+1
       TEL:03-3397-4008 FAX:03-5382-217 E-mail:npo@theater2plus1.com
 

ラスト1ステージ!

 投稿者:シアター2+1メール  投稿日:2016年12月17日(土)17時06分30秒
  役者やって50年。なるせこお の 一人芝居
キラキラ光レ ガラス玉

本日19:30の回が千秋楽です。
今から出れば間に合います。
どうぞどうぞおいでくださいませ!

http://www.theater2plus1.com/20161216_kirakira_hikare.html

 

忘年会はありません

 投稿者:シアター2+1メール  投稿日:2016年12月17日(土)17時02分16秒
編集済
  劇団としての忘年会は伝統的にございません

劇団の新年会は毎年「成人の日」[ココ重要]に開催しております。

来年2017年の「成人の日」は1月9日(祝)
西荻窪アトリエで夕方5時からシアター2+1新年会を開催します。
みなさま新しいスケジュール帳に書き込んでくださいね。
お待ちしています! 会費千円。持込大歓迎ですよ。

http://www.theater2plus1.com/

 

(無題)

 投稿者:高橋 英司  投稿日:2016年12月17日(土)10時42分31秒
  劇団の忘年会は、行われるのでしょうか?  

今週の金曜日と土曜日です。

 投稿者:シアター2+1メール  投稿日:2016年12月12日(月)22時56分26秒
編集済
  役者やって50年。なるせこお の 一人芝居
キラキラ光レ ガラス玉

いよいよ16日に幕明けです!
上演は金曜と土曜
の二日間。日曜は公演ありません。
お間違えございませんよう。皆様のご来場こころよりお待ち申し上げます。

 

一人芝居「キラキラ光レガラス玉」公演

 投稿者:シアター2+1・なるせプロジェクト  投稿日:2016年11月20日(日)00時56分56秒
編集済
  <<ご 案 内>>
シアター2+1・なるせプロジェクト 公演
一人芝居「キラキラ光レガラス玉」
時:2016年12月16日(金)19:30/17日(土)15:00 & 19:30 (開場は開演の30分前です)
所:シアター2+1アトリエ・西荻窪(JR中央線西荻窪駅徒歩10分)
チケット  一般:2000円/学生以下1000円
原作:和田徹「お富さん」 翻案&協力:伊藤イサム 加筆:なるせこお
演出協力:本島孝美    照明:矢口雅敏     音響操作:庄司勉

この作品には色々な要素が絡み合い、独創的な演劇的魅力に満ち溢れています。2009年に初演を果たし、私の思い入れがとても深い舞台です。
それ故に、一人芝居ということもあり、出前公演的なイメージでもって、気軽に活発に上演活動を展開したいと思っていました。しかしながら、現実はなかなか厳しく、これまでの実績は雀の涙に等しいと言わざるを得ません。
そこで、近い将来での出前公演の活発化を企図して、これを機に、作品のブラッシュアップを図っているところです。
師走のお忙しい中とは思いますが、一時の気分転換を兼ねてご観劇頂ければ幸いに思います。
2016年 晩秋   シアター2+1・なるせこお
住所:東京都杉並区西荻北1-4-19-B1 TEL:03-3397-4008 FAX:03-5382-217

Eメールでのご予約⇒お客様のお名前,ご連絡先,ご観劇日時,チケットの種類と各枚数を入力の上,npo@theater2plus1.com (シアター2+1のメルアド)宛てに送信して下さい。
■ご予約チケットのお渡し及び代金精算は、ご観劇当日の劇場受付でのみの対応とさせて頂きます。
■ご予約受付け順に、椅子席を50名様まで、ご用意します。それ以後は桟敷席になります。
■満席の場合、ご予約のないお客様には入場をお待ち頂く場合があります。
■開場は開演の30分前です。

PR・解説
・・・世にも破天荒で、珍妙なる女装劇!!!
女装劇による一人芝居。幸うすい身の上にめげず、ピュアで懸命に生きる女性『お富さん』-その生き様に魅せられた『男優・なるせこお』が『お富さんゴッコ』にのめり込み、その生き様をシュミレーションする設定でお芝居は展開します。出だしのおっさん然とした印象は、お芝居が進行するに連れて不思議なイリュージョンを生み出します。いわゆる女装劇だけにとどまらずに、変化発展する劇世界をお楽しみ下さい。

ストーリー
時は昭和30年代の初頭、巷では春日八郎が唄う歌謡曲「お富さん」が大流行。所は大阪の下町。主人公の若き女性は生まれながらにして知的ハンディキャップを抱え、天涯孤独の身の上である。始めたいきさつなども定かではないが、屑屋をなりわいにして健気に生きている。今日も今日とて、「古着~、ボロ~、ウエス~、アリマセンカ~」と呼び声を張り上げ、家財道具一切を積んだ乳母車を押しながら街を練り歩いている。そして、とあるガード下で露店を開く。すると、親切なお母さん達が古着やら毛布やらを提供してくれる。中には、目刺しやおにぎりを差し入れてくれる人もいる。彼女はそれらのお礼にと、唯一の歌える歌謡曲「お富さん」を熱唱する。そんな風にして、彼女自身が『お富さん』と呼ばれるようになり、そのピュアな生き方ゆえに人々のささやかな善意に支えられて命を繋ぎ、生きながらえているのだった。

 ☆写真上を左クリックして、拡大写真をご覧下さい

http://

 

/36